エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧


2004年 11月 21日

1121:さらば、ドラえもん

今日もバイト。
オープンからで鍵を開けなきゃなんない。
午後1時まで一人。
4時まで働いて帰る。
6時からカンボジア仲間で飲みの予定が、昨日中止に。
横須賀駅で駅前のヴェルニーの資料館へ。
大型の蒸気ハンマーが展示されている。
b0003143_114497.jpg
1865年にオランダで作られ、1997年まで横須賀基地内で使用されていたそうだ。
横須賀のドッグは現存しさらに稼働している貴重なモノらしい。
ちょっと横須賀に生まれて誇りに思った。

夜ネットでニュースを見ていると、「大山のぶ代ドラえもん交代」の記事が。
来春、主要5人の声優を若手のに交代するそうだ。
正直、ドラえもんやのび太の声は、今の声であってこそなのに、代わってしまうのは残念であり、違和感もものすごくあると思う。
ルパンだって山田ルパンと栗田ルパンだって似てはいるけど微妙に違う。
のび太のパパの声優さんや、ちびまるこのじーさんの声も変わった時は違和感あった。
最近はほとんどTVでドラえもん見なくなったけど、俺は手塚よりも藤子ファンなので、生まれついたときからドラえもんは大山のぶ代で、のび太は小原乃梨子だったんだよなぁ。
でも、皆さん60代前後なので誰かが亡くなって一人ずつ代わるよりかはいいのかもしれないけど・・・
「あばれはっちゃく」や、「水戸黄門」のように○代目ってのはなぁ。
スネ夫は「銀河鉄道999」で車掌だったり、ジャイアンは「タイムボカンシリーズ」で毎回悪玉トリオのごっついほうやってたり。
大きくなってから知ったのは、のび太とドロンジョ様(なぜか今でも俺はドロンジョ様と呼んでしまう。やっぱり初代マージョ様よりドンロジョ様でしょう)が同じ声で、ドラえもんではジャイアンにいじめられてるのに、タイムボカンだと立場が逆転してたり。
まぁ、要するに、70年代~80年代前半アニメはおもしろいってことですな。ド根性ガエルとか、ベルばらとか、ルパンとか、俺がガキの頃は毎朝、毎晩、東京12チャンネル(現テレ東)で再放送やってたもん。
テレ東ではないけど、日曜日の楽しみはは、「ファミッ子大集合」見て、「おはようサンデーマラソン」、「ロボット8ちゃん」とか「バッテンロボ丸」とか「ペットントン」やってたなぁ。日曜朝9時代ってのが、フジテレビの「プチ特撮」枠だった。
俺、ガキの頃は7時半に寝かされて(それも小4くらいまで)、毎週金曜日だけ8時まで起きててOKで、ドラえもんの後に「宇宙刑事ギャバン」見てたわ。でもそんなに熱中してなかったな。
最終回が衝撃的で、ギャバンがやられそうになったところに、次週から新番組の主役が助けに来た気がする。
なもんで、俺、「8時だよ全員集合」とか見てなかったもん。
「風雲!たけし城」は見てたけど。

なんか話がだんだんそれたので、この辺で。

・・・つーか、タイムボカンシリーズ最高だよねー
b0003143_2227551.jpg10シリーズぐらいあるのに、敵役の顔ほぼ同じだし、声は一緒。
自爆はするわ、視聴者からの葉書は読むわ、電話かけるわ。
チャリンコこいでお仕置きされるし。
「来週からは僕ちゃんたちの番組が始まります☆」とか言うし。
しかもドロンジョ様の産みの親、ファイナルファンタジーのデザインしてる天野だよ。
マジ凄すぎ。センスが。
[PR]

by ong-bak | 2004-11-21 20:44 | 写真日記
2004年 11月 20日

1120:ありきたりの一日

b0003143_1104011.jpgいつも通りバイト。
よく考えたら、俺、学校かバイトかしかしてないじゃん、ほとんど。
新逗子駅前の神社の木が、色づいていた。
今年は例年よりまだ寒くない気がする。

今日はプリンター内に結晶ができているようで、プリントに押し傷が付く。
中島さんと大倉さんがばらして掃除し、少しはマシになった。
夕方4時くらいの仕上げプリントが集中する。
5時まではすんげェ忙しい。
それをすぎると大分暇になった。

今日は7時上がり。
このままハウルの動く城でも見に行くか考える。
でも、世界ふしぎ発見がマヤ文明なので帰る。
飯食いながらめちゃイケ。
ビデオが全滅なので、VAIOをWIN98で起動してふしぎ発見をHD録画する。
やはり石造建築は素晴らしい。
しかし、酒を飲んだら寝てしまい、気付いたら10時過ぎ。

アキラ先生はカンボジアからバイクでタイに抜けたらしい。
タイではカンボジアのアセアンナンバーが珍しいようで質問攻めでうんざりの模様。
[PR]

by ong-bak | 2004-11-20 23:00 | 写真日記
2004年 11月 19日

1119:もののけ姫鑑賞会

午後2時に起床。
4時の生協バイトまでだらだらする。
プレステやったり。

4時からバイト。
結構暇なバイト。
割と同級生がここで働いてるのを知らズ、毎回「何やってんの?」と聞かれる。

バイトが終わって、もののけ姫の話になる。
明日からハウルの動く城だからPRを兼ねているのだろう。
外で話していると、他学科だか知らない女の子が
「もののけ姫、8時からですよ」と教えてくれた。
8時からだって!?見れないじゃん!!
家に帰って見るのはムリ。
学校で見よう。
そう言えば、以前千と千尋も見ようと思って9時にテレビ点けたら8時からで中途半端だった。
まぁ、ハウルは間違いなくヒットするとしても、今、周囲で話題になっているのが「雲の向こう、約束の場所」だ。
つい最近まで、こんな監督知らなかった。
と、言うのも、これはほぼ個人作品らしい。(一応数人で制作しているらしいがそれでもすごい)
今、ヤフーのトップページで特集が組まれているくらいだ。
パソコンで個人制作でアニメーションはここまで作れる時代になったそうだ。
うちの大学はアニメ学科なんて物を作ったのだから、卒業制作でこれクラスのモノが出てこないとおかしいと思う。

廊下で「就職したい組」が集団で履歴書を書いている。
b0003143_1059253.jpg
ユウダイ君から、今朝、実委室をスーツ姿の男が開けようとしていたと聞く。
俺が寝てると思ったので(寝てたけど)、鍵は持っていないと言って追い返してくれたそうだ。
一応学校側に報告。後に不審者ではなく法人の人間だと判明。

みのわ酒店で酒を買ってきて、もののけ姫鑑賞会。
白石さんがピザを頼んで、皆でピザを食べながら鑑賞。
b0003143_10563851.jpg
帰りの電車でトイレが近くなる。飲み過ぎた。
そう言えば、こないだ終電でトイレが近くなったらどうするって話を3年生がしていて、俺は「俺、そんなんないなぁ」と言ったばかりだ。
ごめん、俺も今経験した。
まぁ、終電までは少し余裕があって途中下車。
再び山の手で品川へ。
ちょうど久里浜行きが来て乗り込む。
横浜で座れたものの、気付いたらどこかわからん。
外をのぞき込むと、ぼんやりと「北久里浜」と書いてある。
やっべぇ乗り過ごした。
飛び降りる。
上りホームは電気が消えてるので終わったのだろう。
柵を乗り越えて外へ出ようかと思ったが思いの外、人がいる。
定期を持っているのに清算するこの屈辱感。
歩いて家まで。うちの中学の学区範囲内なのでまぁ、歩いて帰れる範囲だ。
これがもう一駅行ってたらチトしんどかった。
25分歩いて無事帰宅。
[PR]

by ong-bak | 2004-11-19 19:06 | 写真日記
2004年 11月 18日

1118:停滞気味

昼に起床。
まずは食事をして、新宿へ。
3時のゼミに間に合うように戻る。
大石先生が忙しいようで、ゼミ始まったのは4時。
卒業アルバムに使用するゼミの風景写真を取りながら進行。
ゼミ後、GBAでパックマンにハマるマルイ先生。
b0003143_2125249.jpg
かつて、全てもモンスターの特性を覚え、かなりうまかったらしい。
懐かしながらやってみるが、「(ゲームセンターの)スティックじゃないからやりにくい」とのこと。

さっき新宿行ったのに、ヨドバシでストレージボックス買うのを忘れ、雨の中ふるやんとヨドバシへ。
帰りにリンガーハットで長崎ちゃんぽんを食べて別れる。
研究室に戻ると酒井君は今日も奮闘中。
支度を完了させると、入れ違いで酒井君帰宅。
実委室へ行くと湯豆腐で飯を食っていたので分けてもらう。
b0003143_273057.jpg
やっと行動開始。
1コマを焼きが上げる。
次のコマが決まらない。
焼こうとしても、なかなかフィルム面に付いた水滴が取れない。
畑先生の話だと、すでにゼラチンに染み込んでいるので取り除くことは不可能と言われていた。
数度試みるがやはり取れない。
以前の撮影したネガを見る。
やはり35ミリのネガはほとんど使えない。
1枚焼いたところで、今手持ちの写真を机の上に並べる。
今の写真に何が足りないのか考える。
昔のネガを見ても、まともなネガはほとんどないように感じ始めた。
[PR]

by ong-bak | 2004-11-18 22:12 | 写真日記
2004年 11月 17日

1117:暗室三昧

昨夜のまま暗室作業。
b0003143_663496.jpg3時くらいからペースに乗る。
しかし、7時くらいで限界。
とにかく眠い。
現像液の中に印画紙を入れ、浴槽にもたれるように90秒待っている間もうつらうつら寝てしまう。
8時に撤収を開始。
松屋の豚めしをほおばりながら1杯。
外は冬空。
しんとした空気があたりを包む。
職員がぽつぽつと出勤し始める。
こちらはそろそろ寝かせて頂こう。
敷布団を二重に敷いて横になる。
1分も掛からず夢の中へ。

目覚ましで起きたような気もするが、「すみません」という女の声で目が覚める。
どうやら学祭の領収書についてのようだ。
ちょうどユウダイくんか誰かが来たので任せてうつらうつらする。

1時起床。
研究室へ行くと、さすがに卒制直前なので皆暗室に入りに来ている。
とりあえず引き伸ばし機だけ確保して、2時からサンワードホールで卒制等の説明ガイダンス。
配られたプリントを見て日程を確認すると、けっこう予定が詰まっている。
12月に卒制提出。
そのままそれが富士フォトギャラリーでの選抜展示の審査にかけられる。
選抜者数は約30。学生は約100人。20人が審査辞退しても80人。
正直、写真学生をやっているのだからなんとしてでも30人の中に残りたい、いや残らねばならない。
選ばれれば2月に銀座の富士フォトサロンで展示、その後卒業展をやって、3月24日に卒業式。
早い。あっという間だ。
これからも、今までの大学生活4年間も。

ガイダンスが終わって研究室へ戻る。
4人も暗室に入る。
キャパ的には問題ないのだが、実際に作業をすると少々狭い。
焼きたいコマのネガの水滴が、何度水洗しても落ちない。
使いたいコマが使えず、悔しいしテンションも下がる。
先日学祭にも来てくれた、カンボジアで会った齋さんの妹が、タルボットの展示を見がてら寄ってくれた。
なかなか集中できない。
そんなこんなで9時50分。
報道ステーションを見ようとするが「弟」を放送していて定時にやらないようだったので諦める。
実委へ行くと、飯を炊いて、今井君が買ってきた刺身などで飯を食べるところだった。
皆で刺身を食べる。
b0003143_6223100.jpg
そのままだらだらと0時を回る。
研究室に戻ってプリント再開。
やはりこの時間の方が気持ちが乗る。
数枚焼きが上げて乾かそうとすると、今日は人数が多かっただけあって乾かしきれないので5時まで焼いて終了。
b0003143_683377.jpg

[PR]

by ong-bak | 2004-11-17 20:20 | 写真日記
2004年 11月 17日

補完完了のお知らせ

11/6、11/7の学祭関連の日記の補完が完了しました。
[PR]

by ong-bak | 2004-11-17 08:31 | SHUNより『お知らせ』
2004年 11月 16日

1116:卒制進行せズ

朝、9時過ぎに起きる、というかおかんに起こされる。
一応みかさんが9時に起きると言っていたので、和室へ起こしに行くと、目は覚めてた。

天気がいいので居間に敷いた布団の上で二度寝。
直射日光が当たって汗かきまくりながらも、大口開いて寝ていたようだ。
おかんが朝飯を用意してくれたので、食う。
ご飯に納豆、味噌汁と目玉焼き。
久々のまともな朝飯だった。
飯食って三度寝。
うつらうつらしながら風呂に入る。

b0003143_015047.jpg昼も過ぎ、みかさんバイクで杉並へ。
黒いコートにヘルメット姿で、まるでドイツ兵のようだった。
俺もネットをチェックし、数日分の着替えを用意して大学へ。
駅へ向かう途中、小中高の同級生の村松にばったり会った。
途中、道がわからないらしくみかさんから数度電話。
電車の俺が横浜付近で追い抜いていた。
ヨドバシ寄って印画紙を買ってから大学へ。
研究室へ行くと、卒制の追い込みでかなり人が多い。
暗室も既に3人入っていた。

だらだらと焼き始めたら絶妙なタイミングでふるやんから電話。
「飯、いかねぇ?」
ふるやんの飯の誘いのタイミングは、本当に狙っているかのように悪すぎる。
こっちが食った時は食った後に、食う前は既に食べ終わっていることが多い。
今日は、これから本焼きするって時に飯の誘い。
ふるやんは学食がお好きのようで、ほとんど学食。
俺は、逆に学食にはあまり行かない。
去年まで、田中さんという腰の曲がったおじさんが学食を切り盛りしていた。
なんだか学校の近くで定食屋をやっていて、学校が「ヘッドハンティング」したらしい。
去年までは、100円あれば納豆でご飯が食べれるくらい安かった。
あまりにも人がよすぎて、朝、ご飯だけ食べに行くと、味噌汁をサービスしてくれたりして、赤字がかさんでしまったらしく、金を出していた大学によって今年から業者に代わってしまった。
田中さんのカツ丼は皆が本当に大好きだったくらいだ。
そして、今年度になって新しくなった学食には、4年、院生、研究生が申し合わせていないのにいつの間にかボイコット状態。
ほとんどの人間が学食に近づきもしなくなってしまった。
俺も学食よりカップラーメンを食べ、あえて学食に近づかないようにしていた。
理由はまずい、高い、田中さんがいない、カツ丼が食えないだった。料金が1.5倍にも上がって、愛想もなくて味も悪ければ、みんな行かない。
しまいには、学食側が「意見を聞きたい」とまで状態が悪化し、意見交換会のようなことまで行われたが、一般学生の参加はほとんど皆無だったようだ。
それでも後期になって、カツ丼(田中カツ丼とは全く別物)が復活したり、短期間で変わるメニューを導入し、ちっとはマシになったようだ。

今日はその変わるメニューの塩ラーメンを食べた。
味は悪くないけど400円は高い。
b0003143_23501574.jpg

また暗室作業。
よさそうな写真を伸ばそうとすると、水滴が着いていたりして思う様に進行しない。
プルーフ作った意味があまりない。
並べて選ばず、結局いつもどおりよさげな写真を選ぶ。
70本の中から200枚近くセレクトしたが、その中でまともに使えそうなコマは数コマしかなさそう。
坊主の写真がやたら多い。
坊主の写真で作品でも組もうかと思った。
b0003143_001327.jpg

[PR]

by ong-bak | 2004-11-16 18:17 | 写真日記
2004年 11月 15日

1115:みかさん来訪

久々に8時過ぎに家を出る。
二駅戻って終点の浦賀へ。
8時を過ぎると整列乗車しないで乗れるので、8時7分の列車で浦賀へ行き、そのまま座ったまま品川へ向かう。
俺のベストポジションは、進行方向で左腕が置ける場所。
電車に乗ったら目の前にサラリーマンが座っていた向かいの「俺ポジション」が空いていたのでそこに座る。
狭くなったのが嫌なのか、席を移るサラリーマン。
なんか俺が悪いみたいだな、オイ。
あとはもう眠るだけ。
目が覚めるたびに空いていた車内は混む。横浜あたりでMAX。
でも俺は気持ちよく爆睡。

以前、専門学校行っていた時の夜勤の日、どうしても11時に学校行かなきゃなんないけど起きる自信が無い時は、始発の山手線にに乗って6周とかしたもんだ。
酔っ払いと、お水と、朝帰りの車内が、目を覚ますたびに、小学生の通学、高校生の通学、通勤サラリーマン、ベビーカーと一緒の主婦と景色が変わっていた。

品川で乗り換え、新宿経由で中野坂上へ。
まだ雨はやまない。
駅前でツヨポンに会う。就職は小学館のスタジオらしい。一流企業じゃん。
研究室に行くと酒井君が来ていた。
昼前から暗室操業開始。
25本ほど残ったネガの試し焼き。
けっこうだるい。
それでも今日は集中力保っている方だ。
スタジオ裏のゴミ捨て場にゴミを捨てに行くと、一升瓶の山が並んでいる。
b0003143_23232352.jpg
どうなってんだ、この学校。大学生って楽しいな。
みんなあちこちで酒飲んでるし。
まぁ、この一升瓶は先日の学祭で、焼酎バーなんて出店があったから、そこのかと思われる。
スタジオ棟前で、二郎を発見。夕焼けが綺麗だったから写真を撮っていたらしい。
b0003143_23263675.jpg
夜、3年生がナベをするというので、暗室から出る。
そうしたら「10時からやるのでこれる人は集合」とメールが・・・
今日は10時に帰るんですけど。
一気にテンション下がって、実委の冷蔵庫に入っていたビールを飲み始める。
あおってあおって、350ミリのビール3本、500ミリのチューハイ1本を飲み干す。

10時過ぎたので学校を後にして新宿へ。
丸の内線の地下道の一角だけに警備員が配置されている。
近づくと来月発売のプレイステーションポータブルの広告。
壁に数台のPSP本体が展示され、ゲームのでも画面が映されている。
販売前の本体の盗難防止のために配置されているようだった。

アルタ前で同級生のみかさんを待つ。
今、家にみかさんの原付を預かっていて、今のみかさんの家が駅から遠いので、原付を回収したいと言われていた。
今日はうちに泊まって、明日、横須賀から井荻まで帰る予定だ。
みかさんは、弟が横浜の大学に通っていて、横須賀に住んでいたので、2年前に数度暗室を使いに俺の家に来たことがあった。
おかんとも数度会って、先日も学祭で顔を合わせていた。
みかさんを待っていると、同級生の吉田君が目の前を横切る。
「吉田君、吉田君!!」声を掛けると気づいた吉田君がやってきた。
待っている理由を話すと、「じゃぁ、俺も待つよ」と一緒に」みかさんを待つ。
電話が鳴って、出ると「どこにいる?」とみかさん。
「アルタ前にいる」と言うと、みかさんもアルタ前だと言う。
ぐるっと見回すと、左5メートル横に電話しているみかさん後姿発見。
珍しく少し酔っているようだ。
英語で喋っている。
吉田君も待っていてくれた理由を話すと、「1ッパイだけ飲みに行こう」ということになり、吉田君が知っているお店へ。
b0003143_23203378.jpg
そこで1杯だけ飲むのだが、終電まで10分切っている。
みかさんをあおって飲み干させ、引っ張るように新宿駅へ。
なんとか終電には間に合った。
品川で乗り換えて、京急で横須賀へ向かう。
混雑はしていないが席は全部埋まっている。
横浜を過ぎて1席空いたのでみかさんを座らせ、文庫で隣が空いたので座る。
堀の内で乗り換え、大津へ。
近くのコンビニで食料を買って、家へ。
結構な量だが二人で完食。
もう一度コンビニ行ったついでにすぐ近くの海へ。
フリースだけで家を出たので結構寒い。
防波堤から海を眺める。横浜や木更津まで見渡せる。
前は夜にふらふらっとよく来たけど、最近はまったくだ。
防波堤に当たる波間に、薄暗く光る夜光虫が見えた。
家に戻って朝4時くらいまで喋って寝る。
[PR]

by ong-bak | 2004-11-15 21:26 | 写真日記
2004年 11月 15日

水浴びカッカディ

b0003143_1258265.jpg
タケオのマスコット(?)カッカディのお馬鹿写真。
洗濯場の前に水を張ってプールを作って飛び込むカッカディ。
楽しそう。
[PR]

by ong-bak | 2004-11-15 13:00 | カンボジア写真
2004年 11月 14日

1114:防大開校祭

今日は地元の防衛大学の開校祭に行く。
毎年この時期に開催され、全国から我が子の顔を見ようと、横須賀に防大の父兄が集まる日だ。
防大とは、防衛庁管轄の幹部自衛官養成施設である。まぁ、昔の「士官学校」だ。
特別国家公務員という肩書きが与えられ、(衣)食住はもちろん無料。さらに月11万くらいの給料が支給される。
オツムのレベルは東大クラス(本当か?)、体力は体育大学クラスが必要なところだ。
卒業し、数年後には尉官になって部下を持つという、エリートキャリア組の皆さんだ。
レンジャー出身(陸自のエリート部隊。橋の爆破や潜入工作をするらしい。超エリートは木更津の第一空挺団)の友人が言うには、「奴らは現場じゃ戦いもしないでテントの中で座ってるだけで使い物にならん」とのこと。
そんな人々がこの国を守っているんですよ。

さて、この防大。
普段町中では1年生は制服着用で、背筋を伸ばし歩いているが、開校祭では全員がはっちゃける。
うちの大学だって、相当キチガイは多いが、防大は全学生がキチガイだ。(決して悪い意味ではなく)
以前、「(軍隊調のアナウンスで)学校長登壇!一同起立!中央に注目!」と放送が流れて、学校長が学生にエスコートされて体育館に登場したのだが、入場テーマが「ゴジラ」である。
デデデ、デデデ、デデデデデデ♪
ゴジラのテーマにあわせ、校長がずしーん、ずしーんやって来るのだ。
学生は全身タイツで走り回り、女装した男が校内案内をする。
そして皆ナンパ。やってくる若い女性は、玉の輿を狙ってかどうかは知らんが美人が多い。
女の子だけの入場者を見ると、絶対防大生がナンパしている。

規模が違う。予算が違う。
ジェット戦闘機は飛んでくるわ、上空からパラシュート降下するわ・・・
中でも目玉展示のひとつが戦闘訓練の実演。
学生が戦闘服に身を包み、局地戦を展開する。
(株)陸上自衛隊協力の下、レンジャー部隊を載せたヘリが大学のグランドに低空で侵入し、ロープ1本でレンジャー部隊が降下する。
b0003143_2192910.jpg
これは偵察任務という設定で、レンジャーはすぐに撤収。
次に偵察部隊の斥候がオートバイで進入。
ジャンプ台などで派手に飛んだり、わざと転んで立ち上がりの早さをアピールしたり、手放しでオートバイを運転して銃を構え、走るオートバイをうまく操作しながら射撃を披露する。
その後に装甲車が運動場内を自走し、機関砲の空砲を連打。
そして、爆音と共に対戦車ヘリがやって来て、上空を制圧、制空権を握る。
b0003143_21182086.jpg
64式を担いだ学生登場。雑草を身にまとっている。
1964年採用だからすでに40年も前の銃だ。
陸自の友人の話だと「当たらない」そうで、エアーガンになっても「当たらない」そうだ。
いくら学生でもせめて89式にした方がいいんじゃないすか?防衛庁さん。
って、89式も一丁30万円もするそうだ。どうせなら自衛隊もM16にすりゃいいのに。
b0003143_21234842.jpg
飛び出した学生は、張り巡らされた有刺鉄線のや、土嚢の陰に身を隠して、敵陣に進む。
そんな学生たちに煙幕を投げ込む教官たち。銃声と破裂する模擬煙幕弾。
b0003143_21311087.jpg
「着剣!」の号令一斉に、銃の先端に白兵戦用の銃剣を装着し、敵陣に突入し、敵陣を占拠したという設定で戦闘訓練終了。

これが去年の訓練展示。今年は昨日だから見てないけど、毎年内容は同じ。
土曜日は、日本最強の応援団が、北朝鮮びっくりのキレのいい演舞とコンとを見せてくれる。
うちの大学も、体育評議会だかナンダカ知らんが、厚木で「ボエー、ボエー」とジャイアンのリサイタルみたいな声を出してヘナチョコなことをやっていたが、アンタら一度防大見に来た方がいいぞ。

さて、本日の目玉は、棒倒しである。
ただの棒倒しではない。
海軍士官学校から伝統を誇るという棒倒しだ。(ホンマかいな)
防大は、全学年が1~4の大隊に所属する。大隊は中隊の集まりで、中隊は小隊の集まりだ。
棒倒しは、大隊ごとに別れ、勝利を競う。
昼過ぎからあちこちで集団が気合いを入れている。
b0003143_2215659.jpg
日本テレビが密着取材していた。
この棒倒し、攻撃と防御に別れるのだが、150人の集団殴り合いだ。
毎年担架が待機し、骨折者も出るくらい過激な棒倒しだ。
予選を見る。1大隊対3大隊。
両者がにらみ合う。1大隊は去年の準優勝らしい。
気迫が全然違う。
カウントダウンが始まり、「ゼロ」の号令で両者の攻撃陣が敵陣へ突っ込む。
守備陣は、攻撃者より棒を守る。
棒の上には守りが一人登っていて、登ってくる敵を文字通り蹴落とす。
b0003143_2264760.jpg
圧倒的な機動力と力で45秒で1大隊の勝利。
「学生はその場で気をつけ!」と響く女子学生のアナウンスも耳に入らず、勝ちに酔いしれる1大隊。
破れた3大隊はがっくりと肩を落として整列する。
そのまま両者退場。
次は2大隊と4大隊の予選だが、今が空いていそうなので飯を食いに焼きそばの屋台へ。
けっこううまい。
そのまま4大隊へ行くがなーんもない。
誰もいない。
一応イベントの時間だけ確認して、構内を回る。
構内はかなり広く、職員も自転車や電動キックボードみたいなのを使って移動していたのを見たことがある。

防大は、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア、韓国、ルーマニアなどの士官学校と提携し、多くの留学生を受け付けている。
開校祭には、各国お国の軍の正装をしたりもする。各国の展示コーナーも用意されている。
一番規模が大きいのは古くから留学生を受け入れているタイ国軍。
b0003143_2252135.jpg
タイ風焼きそばの屋台をやったり、ムエタイ実演をしたりしている。

4大隊の出し物の時間になったので、会場へ行くと、どうやら4大隊が棒倒しに優勝したそうで、大いに盛り上がっていた。
指導教官がステージの上で
「何で俺が学生じゃないんだ(怒)」
「今日は俺も勝負服を着てきたぞ!(と上着を脱ぐ)」
と叫んでいた。
そしてお目当ての「もじもじ」登場。
コレ、多分7年くらい前に演劇祭で演劇の最後に踊っていたGBD(ゴールデン防大ダンサーズ、ゴールデン馬鹿ダンサーズの説もあり)の流れを組んでいると思う。
毎年、全身タイツの集団が昔のアニメソングや「踊る大捜査線」、「タイタニックのテーマ」できわどいダンスを披露している。
今年は短パンに白いシャツ、サスペンダーに紅白帽で登場。
優勝した4大隊の前で皆大爆笑。
b0003143_2293314.jpg
奇妙奇天烈奇々怪々な踊りを今年も披露した。
繰り返すが、彼らが国を守ってくれるのである。

あと1時間も待てばラグビー場で花火も上がるのだが、寒いから帰る。
馬堀までしかバスがなく、馬堀から歩いた。
家に帰ると、しばらくして小原の丘に季節はずれな花火が咲いた。
b0003143_2313868.jpg

[PR]

by ong-bak | 2004-11-14 22:10 | 写真日記