人気ブログランキング |

エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ

2005年 12月 11日 ( 2 )


2005年 12月 11日

W5

久々にカメラのコーナーです。

今回は「サイバーショットW5」です。

SONYのデジカメといえば、他社に一歩遅れを取って、「売れない」「ダサい」カメラしかなかった。
そんな中、颯爽と登場したのがP1である。
当時、四角くてデカイ、とても「コンパクト」ではないコンパクトデジカメの中で、本当にコンパクトなデジカメとして登場したのがこのP1だった。
P1はそこそこ売れたようで、P1以降、しばらくこの同じスタイルの型が市場に投入された。

しかし、高画素化するデジカメ市場の中、メモリースティックは最大容量が128Mだったため、後から登場したSDカードに市場は傾いた。
SONYはメモリースティックの上位バージョンである、プロを投入するが、今までのメモリースティックのリーダーではプロが読めない上、他のメディアに比べると、救いようのない高さだった。

特に、SDのシェア率が上がるに従い、SONYのデジカメの存在は俺の中から薄らいでいた。
事実、ここ1年で欲しいと思ったのは、外見は違っても中身が同じ、ペンタックスのオプティオか、カシオのエクシリムだった。
一時期は外装もほとんど同じ(カメラスペックはほぼ同等)だったが、液晶を大きくしたことでエクシリムの魅力が高くなった。
しかし、これらのカメラのCCDは、なぜか等倍にすると、フィルムに見られるような粒子状のノイズが発生するのが気になっていた。

その頃、Wシリーズの元祖、W1が発売される。
これにいち早く目をつけたのがしんくんだった。
触らせてもらうと、電源を入れると、気持ちよく出てくるレンズ、大きな液晶、カメラらしい操作感、単三電池使用の割りに早いレスオンス、何よりも、見た目が「カメラ」らしい機種だった。
しんくんの使用により、我が東京工芸大学の写真学科内では、サイバーショットのW人気が爆発的に急上昇する。
卒業前で数人が所有していたが、現在は同期、上の代、後輩合わせて5人以上、中には2台目という人もいるので、10台近くが出回っているのではないだろうか?

現在、コンパクトデジカメのスリム化が進む中、Wは正直分厚く重い。
しんくん曰く「お洒落ではない」カメラである。
事実、人気も売り上げもあまりよくないようだ。
先月当たりからメモリースティックの価格が暴落しているらしい。
かつては1Gのメモリースティックの値段は、他のメディアよりも頭2つ出ていた。
しかし、今は1Gで8000円以下である。
CF、SDとの値段差は縮まった。
もはやメディアでカメラを選ぶ時代は終わったのかもしれない。

by ong-bak | 2005-12-11 22:05 | カメラ!カメラ!!カメラ!!!
2005年 12月 11日

1211:ビバ、アオザイ

平成町の海の公園へ。
夏場は日曜日なら、物凄い人なのに、寒いからか釣りをする人と、スケボーやら曲芸自転車(名称知らん)やる人くらいしかいない。
b0003143_20291137.jpg
一組が木を燃やしながら寒空の下バーベキューか何かしてた。
b0003143_20293184.jpg
トンビにフォーッ!
b0003143_20294633.jpg
猿島フォーッ!
b0003143_2030224.jpg
木更津フォーッ!
b0003143_20301499.jpg
米軍フォーッ!
hideミュージアム消滅。
b0003143_20322589.jpg
閉館して2ヶ月建つけど、そこにあったのがわからないくらいの完璧な更地。
行った事ないけど。
セコイと言えば、hideミュージアムがあったころの交通案内。
最寄り駅が横須賀中央になってた。
安浦(現県立大学)の方が近いのに。
どうせ商店街を歩かせて何かモノを買わせようという魂胆だったのだろう。

グラビアアイドル2人にハンディカムを持たせて、プライベートベトナム旅行の番組をやっていた。
グラビアアイドルなんで、そりゃぁおっぱい大きいおねーちゃんが、「プライベート水着公開」とか、うまーく首からした映らないようにして生着替えさせて、「うわぁ、おっぱい大きいー」なんて見えないところで視聴者の期待を得ていたようだが、水着とか着替えとか全然興味なし。
女性タレント+ベトナム旅行=アオザイしかないでしょう!
この手の番組当然の流れとして、アオザイ作ってそのアオザイで街中闊歩するのを期待してたら、電話が鳴って話しているうちに終了。
どうやらアオザイは仕立てただけで、着る様子はない。
電話も終わって画面を見てると、旅行のVが終わってスタジオに戻ったら、アオザイに衣装チェンジ、キタッーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
水着シーンなんかよりも100倍こっちの方がサービスカットです。
ああ、アオザイ最高、ビバアオザイ!

そうそう、昨日のミニスカポリスの答えは「本庁」です。
昔、ADやってた頃、警視庁から帰って来た人が言ってました。
「街中にミニスカポリスいねーわけだよ。カワイイ娘、みんな本庁ん中だよ!(怒)」
ちなみに政府専用機は、空自のカワイコちゃん集めてスッチー代わりだそうです。
乗ってみてぇ!空自のおねーちゃんに接待されてぇ!

ずーっと見てなかった、西田尚美主演の恋するベトナムを見る。
お目当てはもちろん西田尚美のアオザイ。
現地に住み着いちゃったバックパッカーなる登場人物が出てくるが、そのようなバックパッカーは、三度傘なんて持ち歩きません。
でも1話の途中で沈没。
気づいたら朝。

by ong-bak | 2005-12-11 19:25 | 写真日記