エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 31日

0831:夏の終わり、秋の始まり

セブンイレブン行ったら、アキラ先生大好き、カルピコレモン発見!
b0003143_21271548.jpg
なんたって、プレア・ヴィヘアに行った時、タイ国境に近い町で偶然見つけた先生は、いつの間にか大人買いしてたくらいだ。
シェムリの問屋でケースで見つけた時はめっちゃ喜んでたわ。
同じく、セブンのチキン南蛮手巻き、ウマイです。
b0003143_21291452.jpg
今日は3時くらいまで暇だったけど、それから忙しくなる。
頭の上にあるプリンターが、ガッチョガッチョン動いて、やけに揺れるナァと思ったら、鈍い音と共に渦を描くような激しい揺れに驚く。
悲鳴が聞こえる。
地震だ。
テレビに見入る。
震度3くらいかと思ったら、3だった。
震源は東京湾。
ネズミーランドの地下か?
横須賀の方が揺れたみたいなのでおかんに電話したらちょうどばぁちゃんの所だった。
ばぁちゃんは大丈夫だったようだ。
明日は手術。
もしかして明日手術中に地震が起きたら、と考えたらぞっとする。
24時間切ったか。
今からテンション下がる。
会社じゃ「もう最後かもしれないもんなぁ」なんて言われるので、
「本当にヤバイ病気だったら、酷いこと言ったナァ、って後悔しますからね!」と言い返しておいた。

家で晩飯食ってから葉山へ。
もうすぐ日にちが変わる。
月が変わる。
8月が終わり、夏も終わる。
その瞬間を撮影したかった。
アテはないけど、葉山の海岸に洒落た海の家があったはずだ。
そこを目指してバイクを駆る。
海へと続く細い路地は、数年前に整備されてしまった。
道端に数台のバイクが停まっていた。
真っ暗な路地にバイクを停め、歩いて浜へ出ると、ピラミッドのような屋根の洒落た海の家が。
若者でにぎわっている。
海岸では花火をする者も。
夏の終わりはちょっと切ないけど、なんだか痛痒くて、1年でいちばん季節の変わり目を肌で味わえる気がする。
とてもその場に交わる雰囲気ではなかったので、ちょっとだけ景色を撮影し、横須賀方面へ抜けた。
横須賀から山を越え、三浦海岸の駅前でケンちゃんからの電話に気付く。
電話するが出ない。
横須賀に向かいながら、何度か電話したが出ないから帰宅した。

b0003143_12415315.jpg

AM0:00 一色海岸
[PR]

by ong-bak | 2006-08-31 10:27 | 写真日記
2006年 08月 30日

0830:バイクで帰宅

昔、ドクタースランプで、家の便所で用を足した則巻博士が、トイレットペーパーがなくなって困るという、「ぼくのトイレットペーパー」なる話があったが(うろ覚え)、まさにそれである。
b0003143_2133482.jpg
紙がない・・・
幸い誰もいなかったので便所から出て、地殻の戸棚に入ってたので持って来た。

仕事終わり、バイク屋に電話をしてみる。
今から取りに行きたいけど営業時間が過ぎそうだった。
「こちらがご迷惑おかけしたので、結構ですよ。お待ちしています」
との答え。
迷惑掛けられないので、とにかく一番早いルートで鴨居へ行った。
タクシーでいいと言われてたけど、ちょいどバスが来たのでバスでバイク屋へ。
今度こそ完璧だと言う。
いざ、横須賀に向け出発。
b0003143_21103431.jpg
なんだか日曜日に比べてパワーがない気がするが、50キロまですぐに出る。
半袖だと少し肌寒い。
今日は最初のスタンドでガス満タンに。
ジュースを買って、収納スペースに入れるとピッタシ収まるし、信号待ちの時に飲めるじゃん。
こないだと同じ道を行く。
b0003143_21114550.jpg
環状二号から磯子方面へ。
先日止まった場所も通り過ぎる。
金沢方面へ向かって、そのまま横須賀へ。
45キロ、1時間だった。
シェムリからバンテアイ・スレイよりちょい先、クバル・スピアンの手前くらいか。

夜中、また走りに。
バイクは家の裏に停めたんだが、停めているスペースはアパートの住人の前で、でもうちの土地だし、こないだ盗まれるまで壊れたデュオだって置いてたんだから同じ場所に置いておいた。
ちょうどバイクを取りに行ったら、窓全開だったけどカーテン閉めてた。
エアコン着ければいいのに…
三浦まで行こうかと思ったけど、時間的に遠いし、浦賀を回って観音崎へ。
b0003143_2124036.jpg
日付は変わって8月31日。
今夜は夜更かしできる最後の日だからか、観音崎で恒例の肝試しをする若者や、やはりバイクで乗り付けてるグループなどがいた。
波打ち際は波が高く、飲まれそうになった。
走水の高台から夜景を見て、帰宅。
[PR]

by ong-bak | 2006-08-30 23:33 | 写真日記
2006年 08月 29日

0829:手術いやずら

6時前に目が覚める。
ソファーでまた寝てたらしい。
シャワーを浴びて、着替えて病院へ。
b0003143_20334796.jpg
中に人はいるものの、玄関閉まっている。
急患口があったはずだと、前を行く人に着いて行くと地下から中に入れた。
随分変わったようで、新患は科に関係なく一箇所で受付、再診も科に関係なく一箇所で受付になっていた。
8時までDSやって待つ。
受付済ませ、時間があるので朝マック。
神社の近くに、「小泉さんお疲れサマー」という文句と、神社で行う青空プロレスの告知ポスターが貼ってあった。
b0003143_2034029.jpg
そういえば、こないだ崇が言っていたのはこれか。
しかし、
「Q 観客は安全ですか?」
「A 自己責任でお願いします」
ってどんな企画だ?
だいたい会場って、そんな広さないじゃん。
b0003143_20351946.jpg
でもちょっと面白そう…
8時半の診察開始にあわせて戻った。
しばらくして窓口で呼ばれ、問診表に記入。
また待ってると中へ通される。
中の待合室で待機。
すぐ隣の診察室からは女性の声。
先生は女性のようだ。
勝手に、眼鏡の髪の毛を頭の上でお団子にして、意味もなく脚を組み帰る眼鏡女医を想像した。
いやいや、実はおばさんだったりして、なんて考える。
そもそも、この診察室で呼ばれるかなんてわからないんだから。
おじさんが勝手に診察室に入って行き、「まだ呼んでないですよー」と言われていた。
「内科の時間…」
超自己中心だな。
改めてそのおじさんが呼ばれ診察され、待っていると俺が呼ばれた。
眼鏡でもなく、おばさんでもなく、まだ若い感じのよい先生。
とりあえず症状を見てもらうと、これまた首をかしげる。
偶然そこを通りかかったおじさん先生に、「先生、ちょっと見てください。わかりますか?」と振る。
こっちに来て症状を見たおじさん先生、
「うーーーん、見たことないなぁ。これは非常に稀だ」
とやっぱり首をかしげる。
全身を見てもらい、家族構成から親父の死因まで細かく聞かれ、カンボジアによく行くと言ったら、行った時期を全部言わされた。
全部覚えてる俺もどうかしてるけど。
「アジア好きなのねー」
ラオス、ベトナム、タイ、ミャンマーまではいつ出入りしてたか覚えてないので行ったことだけを伝えた。
「HIVの可能性は?」
エイズの可能性で身に覚えがあるのは、2002年に錆びた釘踏んで、その後に念のために打った注射の針が新品か確認できなかったんだよねぇ。
でもその後、献血行って、特に何も言われなかったし、「エイズ大丈夫?」と聞いたら「ヘーキ、ヘーキ」(←超いい加減)と言われたんだわ。
まぁエイズだったらもっと症状悪化してるだろうし。
それでも専門医が3人見て「わからない」と言われると、気分もものすごく低くなる。
「手術しましょう。切り取って検査します」
痛くも痒くもないの手術決定…
手術と言っても局部麻酔して背中から一箇所切り取るらしい。
注射の針も嫌いなので、もう今から気分はうつ。
しっかり同意書を渡された。
b0003143_9294113.jpg
今度は採血センターみたいなところで順番待ちして採血。
しばらく来ない間にこんなシステムになったと驚く。
10人くらい待ってたけど、流れ作業でスイスイ番が来る。
前に採血されてたおばさんに「ごめんなさい、痛かったでしょう」と言っている看護婦だか知らんけど、血を取るおばさんがいて、アンタだけは嫌と思ったら、なんとか他のおじさんだった。
こっちが苦手なのを察してくれて、さくさくっと終了。
会計をしておしまい。

なんとか会社には間に合ったので、金曜日休ませてくださいとお願いする。
昨日、冷蔵庫に入らなかったので冷凍庫に入れておいたお茶は、完全に凍ってた。
b0003143_20362712.jpg
カメラはデスクがお店を見て、あったらということで名刺を置いてきてくれたらしい。
ホテルにも電話をかけたが、ない。
ロッカーにもなかった。
もしかしたら、昨日パソコンの前か?と思い始める。
結局朝出て、酒入っちゃって昨日の朝から部屋には入ってない。
でも、会社へ来る途中で見た気がするんだよナァ…ってかバイクの走行距離をチェックするために会社で見たわ。
どこに消えたか、謎。

夜、気温が大分下がった。
鈴虫の声が響いていた。
[PR]

by ong-bak | 2006-08-29 23:11 | 写真日記
2006年 08月 28日

0828:送別会

緑道沿いに、咲きそうでなかなか咲かなかったひまわりがやっと咲いた。
b0003143_20453875.jpg
秋の異動を前に、勤務後銀座のホテルで編集部全体で送別会。
こんなの初体験で、スゲーと思った。
春の送別会と、大忘年会もあるらしい。
イカ、エビなどの海鮮うめー。
酒もうめー。
産休中の方が赤ちゃん連れてきてやってきたのでだっこさせてもらう。
慣れた手つきが意外だったのか、「すごーい」と女性陣に言われた。
少々ぐずったが、そのまま揺らしてると寝てしまって、またまた驚いてた。
「子供好きなの!?」と聞かれ、「ええ、好きですよ。一応保育士免許持ってますから」と答える。
「ええー本当!?」と言われたが「いえ、嘘です。弟がこうゆう仕事しててもっとプロですけどね」
記念写真を撮ってそのまま流れで2次会へ。
二次会の席はどっかのビルの地下。
もう記憶うろ覚え。
お開きになって「終電大丈夫なの?」と言われ、時間を見るとギリギリ。
カバンの脇に下げてるカメラポーチからが全開でカメラがない。
店に落としたか??
でも今日は20Dをずっと持ってたから使ってないんだよな。
大津までは帰れないけど、久里浜行きには間に合った。
で、気がついたら久里浜。
ケンちゃんが迎えに来てくれる事になったけど、JRの駅前までどうやって行ったか覚えてない。
ついでに、乗り越し清算した覚えもない。
多分、品川だと思うんだけど、自動改札の扉が閉まって、うぉりぃやぁーと突破したような気もするけど覚えてない。
ケンちゃんに駐車場まで送ってもらい、そこから覚えてない。
[PR]

by ong-bak | 2006-08-28 07:52 | 写真日記
2006年 08月 27日

0827:バイク納車、しかし…

朝から池袋行って、sanaeさんとモスでランチ。
その足で横浜まで出て、横浜から鴨居へ。
酒井先生が鴨居の駅近くに住んでいるというので、電話したらわざわざ駅前まで来てくれたのでお茶をする。

バイク屋に電話して迎えに来てもらって、お店へ。
バンバー着けて貰うだけで終了。
エンジンもセルで一発始動。
アクセルひねると50CCとはパワーが違う。
ぐんぐん走る。
前の原付みたいにひーひーエンジンがうなって50キロではなく、かるーく50キロまで出る。
ガソリンメーターは1/2を指していたのでまだ走れると、そのまま走る。
大通りにぶつかるところを左折し、ちょっと進んでから環状2号へ。
いくら100CCとはいえ、原付と同じサイズで高速のような道を走るのはちょっと怖い。
それでも順調に走って、国道1号を通過。
ながーい橋を下っていると、エンジンに異音が。
あきらかにパワーダウンして、エンジンは止まり惰性で走る。
坂の終わりで停車して、バイクを押して歩道へ。
ガス計はまだ1/4を指している。
エンジンは掛からない。
お店に電話してみると、ガソリンはどうだと聞かれ、タンクを開けるとちゃぷんちゃぷんと少ない量が波打っていた。
一応ガソリンを求めスタンドを探すがない。
カンボジアみたいに路上でペットボトルで売ってないもんな。
b0003143_20422748.jpg
目の前にあったTUTAYAの警備員さんに尋ねたら、1号を曲がったところにあるという。
このままバイクを押していくのも目立つし、恥ずかしいから歩いて1号の方へ。
すぐかと思ったらかなり距離があり、やっぱり車体ごとくればよかったと少々後悔。
ガソリンスタンドを見つけ、ガスを売ってもらう。
手が汚れないように、何十にも缶を掃除してくれた。
歩いてきた場所を伝えたら、やおおあり遠いのか驚いていた。
バイクへ戻ってガスを入れる。
セルはキュルキュルと空回り。
ここでまた電話をしてみる。
キックでどうですか?と言われ、キックしたら掛かったよ!
やったーと思って電話を切ったらエンジンはそのままフェードアウト。
三度電話をしたらすぐに来てくれるという。
TUTAYAに停めて本を立ち読みして時間を過ごす。
そろそろ来そうだと思い、外で待ってると、陰で弁当を食ってた警備員のおじいさんが「あった?」と聞いてきた。
何のことだかわからんかったけど、ガソリンスタンドのことだと気付いた。
「今、お店待ってるんですよ」
と言ったらちょうど到着。
色々見てもらったけどダメで結局再点検に。
俺は東戸塚まで送ってもらった。
東戸塚ってすんげぇ都会ね。
驚いた。
そのまま横須賀線で衣笠へ。
ばぁちゃんお見舞いに。
親戚のおばさんがきてくれててた。
おかんとそのまま車でバーミヤンで飯を食う。
酒屋で北海道限定の噂のサッポロと、初めて見たアサヒの北海道限定があった。
悩んでサッポロ購入。
b0003143_20371282.jpg
車で寝たいけど、車内で酒も飲みたい。
でもそうするとやっぱり危ないってことで、駐車場で寝ればいいじゃん!と駐車場で車のシートを横にし、就寝。
[PR]

by ong-bak | 2006-08-27 23:54 | 写真日記
2006年 08月 26日

0826:皮膚科

だいたい、病院の癖に診察開始9時半って遅いと思うんだよね。
俺もだらだらしてから行ったら、30人くらい待ってる。
待合室に座れなくて建ってる人、外で待つ人いっぱい。
皮膚科ってだいたいそんなに需要あんのかよ。
待ち時間はFFやって過ごしたが、子供がうるさい。
2時間待って呼ばれて診察。
症状を伝え、背中や腕、腹を見せるが無言。
皮膚科医のくせに「わからないから紹介状書くから大病院行って」
なんで医師の癖にわからんのよ。
「皮膚科じゃないんですか?」
そう聞いたら
「皮膚科でいいけど、何だかわからない」
それってすっげ無責任じゃね?
1575円も取られた。

その足で上野に向かってカンボジア勉強会。
12時には行くつもりだったのに、到着したのは1時半。
今日は地雷の話。
二次会は恒例の聚楽台。
もうすぐ壊されるらしい。
この場末な雰囲気がいいのになぁ。
今日も飲みすぎ。
品川から先覚えてないけどちゃんと帰宅できる帰省本能。
[PR]

by ong-bak | 2006-08-26 07:49 | 写真日記
2006年 08月 25日

0825:修理完了

キヤノンへ修理品のレンズを取りに。
1万ちょい。
こないだは部品代はタダだったのに。
同じところ壊れすぎ。
早速発表されたばかりのキスデジXを触る。
グリップ小さすぎ。
パタンパタンと言うシャッター音。
メインモニターに表示される絞り値やシャッタースピードは、違和感があった。

ぢゅんから病院行けと電話。
さっき同じような症状で来た患者が、点滴打たれてるのを見て心配になって電話をくれた。
調べたら堀の内の駅前に皮膚科があるみたいなので、明日そこへ行くことに。
[PR]

by ong-bak | 2006-08-25 23:19 | 写真日記
2006年 08月 24日

0824:健康保険

健康保険証を発行してもらいに行政センターへ。
銀行の人が家に着てるらしいので戻って書類記入。
足りない書類があったので、保険証をもらいがてら行政センターへ。
お金も払ってないのに、来年9月まで使える保険証を即発行。

DSのFF3購入。
FFはやり始めたのでスーファミ以来だからFF3は未経験。
FF3が最高だと言う人も多いので買ってみた。

話題のハンカチ王子を生で見た。
でも、みんな坊主だったからどうれだか解からんかった。
別のもっと愛想の良くて笑顔が素敵な選手がいた。
話題のハンカチ王子は、 疲れてるのか、笑顔ひとつ見せず無愛想。
というか、みんな同じ顔でどれがそうだかわからんかった。
多分、他の人もそうだったと思う。
[PR]

by ong-bak | 2006-08-24 23:53 | 写真日記
2006年 08月 24日

「キヤノンの新型はバケモノか!?」

EOS KISS デジタル X発表。
1010万画素、見た目はKISSデジNとさほど変わらないが、中身は30Dを凌駕する部分も。
だって30Dでバッファ30コマなのに、Xは27コマだぜ。
しかもついにキヤノンも埃除去機能搭載!
D80スッゲーと思ってたけど、Xの発表によりミリタリーバランスが崩れる恐れが…
[PR]

by ong-bak | 2006-08-24 22:08 | カメラ!カメラ!!カメラ!!!
2006年 08月 23日

0823:オレンジゲット

家のローン関連で印鑑証明やら色々必要らしい。
市役所で混んでたら困るので駅前の行政センタ-で取る。
ついでにナンバーのことについて聞いたら、やおおありハンコいるらしい。
行政センターで書類作ってもらったらちょうどいい時間。
横須賀中央へ。
駅前の100均で、ボールペン付きのハンコ売ってたので購入。
市役所へ行って、ナンバー取得。
書類書いてハンコ押したら、すぐにピンクのナンバーをくれた。
しかも料金無料。

夜、病院で働いてる友人を迎えに行き、そのままどうぶつの森の通信対戦。
こないだ先生の村でもらった果物は売っちまったけど、なんと埋められるらしい。
そうすると木になるんだって!
知らなかった。
椰子の実とオレンジをもらって埋めた。

夜鳴く蝉の声が大分静かになった。
祭りが終わると夏も終わる。
[PR]

by ong-bak | 2006-08-23 23:44 | 写真日記