<   2006年 06月 ( 46 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 30日

0630:初教習

八丁畷で下車する。
b0003143_8304074.jpg
上りと下りホームを繋ぐ跨線橋の上は、そのまま南部線の駅になっていた。
京急の改札だけで南武線の改札にもなってるなんて珍しい。
b0003143_8304994.jpg
初教習。
教官は若いお兄さん。
先日室内から覗いてた時のおじさんではない。
最初の教習だけあって、色々と注意を聞く。
400のバイクとご対面。
デカイ…
見た瞬間、これは乗ったら俺死ぬなと実感。
高校時代にバイクで2人、卒業後にも知ってるだけで1人死んでいる。
免許とってマニュアル車なんて乗り回したら全体事故る。
それが脳裏に浮かんだ。
まずは車体を持ち上げなければいけない。
持ち上げられないと強制的に125に行かされる場合もあるらしい。
一緒に教習を受けているおにーさんはがっしりとしてて難なく持ち上げられた。
ちょっと緊張。
しゃがみこんで車体に片手を入れて、立ち上がるのと同時に持ち上げる。
どうしようもないくらい重いかと想像してたけど、思ってたほど重くはなかった。
バイクを押して教習所内のコースへ。
色々と注意事項を聞き、いきなり実走。
マジっすか。
跨るとこれまた軽く感じた。
まずはニュートラルから1速にいれる練習。
クラッチを握ってアクセルを回し、そろりそろりとクラッチを戻すと、バイクはゆっくりと進んだ。
次に直線でギアを2速にまでする練習。
すぐ脇のフェンス越しに、おじいちゃんが孫を連れて見ている。
緊張するじゃないか!
さっきと同じ要領でニュートラルからギアを1速に入れ、2速に入れる。
なんとかできた。
そしてもう、いきなりコース内走行。
一時停止は無視してよいとのことで、ゆっくりとコースの半分を回る。
この辺からそろそろ限界。
ドリームと違って、今何速なのか判らないのがやっぱりキツイ。
走ることに精一杯で、今何速のギアなのかがわからなくなる。
今度は直線で3速まで出して、コースを大回りで1周しましょう、と教官。
先に一緒に教習受けてる人が出発し、後から着いて行く。
出発しようとするとエンスト。
何でだ?
エンジン入れて、そろりそろりとクラッチを戻すが、スコン!とエンスト。
後ろには待ってる4輪の教習車がいるし、あせる。
回ってきた教官にアドバイスを受け、やっと発進。
コースを大回りで回る。
直線コースで、3速まで入れるように指示され、3速まで入れた。
ギアチェンジの感覚は、カンボジアでロータリーのバイク乗ってるからか、すんなりと変えられる。
でも、相変わらず何速なのかわからないのと、ニュートラルから1速、2速までのチェンジで頭がいっぱいになる。
ぐるっと回ってハンガーに教習車を入れて、本日の教習終了。
緊張した。

川崎で乗り換え。
子供が電車に向かって手を振る。
運転士と車掌は手を振り替えしていた。
ホームの向こうのビルの上で洗濯物を干している人がいる。
室内から白と茶色の犬が出てきて尻尾を振っていた。

今日は暇かと思っていたら、色々と忙しい。
それでも定時に終わりそうだったのだが…6時前に仕事が入る。
チェックを受けてると、指示通り黒バックの紙で撮影した雑誌のブツ撮りが、
「あれ、何で白黒?」と言われた。
モノクロページで背景が黒だから完全な「モノクロ」に見えてしまった。
「ごめん変えましょう…背景は…そうだなその眼鏡の色のような青に」
さて、どうしようか…
モニターとにらめっこ。
本の形で切り抜いてレイヤーにして、青で塗り潰したのを背景に入れてみる。
「うーん、影が入らないから申し訳ないけど、再撮して」
時間は6時を過ぎてた。
再撮のためにどうしたらいかをまず考える。
青い背景の紙を探すが、ない。
こうなったらスタジオしかないか?
偶然にもスタジオが空いていたのでスタジオに駆け込む。
倉庫から青系統のバック紙を探し、スタジオの床に広げる。
配電盤のスイッチ入れて、ジェネレーターにコンセントとケーブル繋いで発光したファティフを下まで下げた。
その下に本を置き、カメラにケーブル繋いで実際に撮影。
対象物の雑誌は、ストロボの光が強すぎて白くなってしまう。
感度を下げて、絞りを絞って再撮影。
今度はいい感じで色が出た。
10枚ほど撮影し、スタジオも撤収して戻る。
月曜日にスタジオの使い方教えてもらってよかったわ。
それを出力し、チェックしてもらう。
「いいじゃないですか」
ああ、よかったー。
片付けたりしてPC電源落としたりして7時過ぎ。
帰っていいと許可をもらったので退社。

銀座へ。
行く予定の店に電話したらいっぱいで電話では予約できないと言われ、まずは早足で店に向かう。
途中沖縄料理屋発見。
和光は少し綺麗になったか?
b0003143_8455870.jpg
店に着くと、確かに満席。
聞くと40分待ちで店頭にいなければダメだと言われる。
とりあえず待ち合わせしてた数寄屋橋へ。
そこがいっぱいだったので、他の店へ。
先ほどの沖縄料理は外から見たら空いてそうだったので行って見る。
エレベーターの脇に、某力士のちゃんこ屋の看板があった。
b0003143_846780.jpg
沖縄料理もいっぱいで、新橋方面に歩くと、魚うまそうな色気のない居酒屋があった。
居酒屋って感じではなかったんだけど、居酒屋でもいいとのことなので、居酒屋へ。
イカのナントカ焼きを頼んだら、ニヤーと笑われた。
何で?
けっこういい時間まで飲んで帰宅。

久里浜行きだったので堀ノ内から歩かなきゃなんない。
おしっこしたくて駅のトイレへ行くと、どっかのおっさんが狭い便所の中で立ちションしている。
大の個室が一箇所開いてるんだからそっちですりゃぁいいのに。
おっさんの放った液体は、個室の壁からそのまま狭いトイレの真ん中にある排水溝に広まりながら流れていた。
小のほうが空いたのでそこで用を足しながら、「こんなとこでやってんじゃねーよ」と言ったら、「うるせー」と言われた。
よっぽど背中から蹴倒して自分の液体に顔でもつけてやろうかと思ったら、隣で並んで用を足してた別のおじさんもキレて「うるせーじゃねーよ!」と怒鳴ってた。
家まで歩いて帰ってそのままソファーで爆睡。
[PR]

by ong-bak | 2006-06-30 10:57 | 写真日記
2006年 06月 29日

0629:三浦の農道で迷う

PSPいじってたら、クメール語発見。
b0003143_1743.jpg
朝飯なんもなくてコンビニで購入。
そのまま封切って、ポケットに入れるわけにもいかないので、むんずと掴んで駅までの間に食べる。
b0003143_193348.jpg
歩きながらはやっぱりよくないね。
b0003143_1101888.jpg
誤認逮捕で10ヶ月も拘留て、ひでー話だ。
この場合、色々と補償してくれんのかね?
ケンちゃんおせーてーーー。
キム・ヨンナム氏記者会見。
相変わらず北マンセー。
蓮池さんも帰国当初はあんなだったもんなぁ。
観月ありさって、子供の頃は1つしか年違わないのに「大人のオンナ」に見えた。
ボクドラの頃とか。
日テレの新番組「CAとお呼び」のスポットCMを見て愕然。
ババくさ過ぎる…ってか松本明子?っていうくらい別人だった。
かつては「伝説の少女」だったのに。
佐世保バーガーもらったので食った。
b0003143_1141376.jpg
冷たいまま食ったけど、うまい。
暖かかったらチーズがいい具合にとろけてるんだろうなァ。

MACも今後どうするかという話になった。
今のままOS9で使い続けることはできないから、どっちみちOS10にしなければならない。
さらに、インテルマックの相性の悪さの問題。
G系列ってどうなるんだって話も。
MACって今後はCPU全部インテルに切り替えなのか?
WINにすることも踏まえてこれからは俺が担当になるので考えていくように、とのこと。
全部とは言わないけど、今あるPCの半分はWINにしたい。
1TぐらいのハードディスクをLANで共有できるようにして。

三浦の蛍ポイントへ行く。
道がわからなくて引き橋から南下浦へ出てしまう。
そこから山の上に戻るルートへ。
橋の上に目的である神社の方向を示す看板があった。
b0003143_1205268.jpg
でもまっすぐ行くとどんどん細い農道になって行き止まり。
ナビを観ると確かに行き過ぎ。
仕方なく戻って山を登ると、今度は墓地。
しかもまた行き止まり。
泣きたくなりながらUターン。
結局神社は発見できズ。
三浦まで行って結局馬堀海岸の直線に車止めて夜景を撮影。

PSPのダウングレーダーが上のバージョンまで対応したそうなのだが、条件が厳しい。
うちのPSPは基板が対応してなくてダメだった。
これで「ぼくのなつやすみ」PSP版やれると思ったのに…残念。
b0003143_1465318.jpg
馬堀海岸1丁目 PM11:20

b0003143_149541.jpg
馬堀海岸1丁目 PM11:37

b0003143_1501564.jpg
馬堀海岸1丁目 PM11:55
[PR]

by ong-bak | 2006-06-29 21:49 | 写真日記
2006年 06月 28日

0628:今日もファッキントッシュに振り回される

昨日は早く寝てしまい、起きてメールを見たらアンからメールが来てた。
おばぁさんが98歳で亡くなったらしい。
日本でさえ、98まで生きるのが大変なのに、タイで98歳とは驚いた。
以前カンボジアの平均年齢を見てえらくショックを受けた。
内戦もあったので、その辺のデータが加わってるのかもしれないが、平均寿命で50前後だった。
タイはカンボジアよりも医療技術とかいいんだろうけど、それでも貧しい人はやはり日本のようにちゃんとした治療は期待できなにではないかと、思う。
98まで生きる、ほぼ丸1世紀を見て生きたことって凄いと思った。

晴れてるけど天気いいんだか悪いんだかよくわからない日が続く。
b0003143_9401512.jpg
今日はやたら忙しかった。

テエビ番組をキャプチャーしなきゃいけなくなったんだけど、どのMACでもできる気配がない。
1台だけあるデータベース用WINも、ドライブはCD-RWで使えない。
先日も同じことやったからできるはずだ、と言われたが、どうもそれは試用ソフトでやったんで、もう一度やるにはライセンスを買わなきゃいけないらしい。
そんなめんどくさいことするよりも、WINに外付けドライブ付けた方が色々できるし、付属でDVD再生+キャプチャーソフトついてくんのにさー。
ここじゃ、WINの地位低いから。
糞MACはソフトソフト買わなきゃなんもできないし。
毎日毎日MACの本体見て、本当にストレス溜まる。
ライセンス買って使えるようにするようにとのことで、ソフトを検索するが出てこない。
どうも日本の会社じゃなくて海外の会社らしい。
なんとか出てきたけど、何を書いてあるかわからん。
つーか、英語は訳す気にもならないので、読もうとしてないだけなんだけど。
一応翻訳サイトかけてみたけど、重要な購入部分はテキストじゃないみたいで翻訳されズ。
偶然通りかかった英語完璧な人にちょっと覗いてもらい、簡単な手順を聞いてなんとかカードで購入。
これ、カードの請求書どう書いたらいいのかいね。
円建てで実際いくら払ったかっていつ解かるんだ?
なんとか購入できた「みたい」で、ライセンスコードが送られてくる。
印刷しようとしたら、今度はプリンターがエラー。
コード抜き差ししても、電源入れ替えてもダメ。
画面の「印刷用画面を表示」というところをクリックしたら全然違うページにジャンプした。
悪い予感がする。
ブラウザの「戻る」を押したらライセンスコードのページが消えてるっ。
マイ、ガット!ファッキントッシュ!←何故か英語
俺の69$がぁぁ。
プリンターを色々いじって動き出したプリンターからは、残ってたそのページのデータが印刷されなんとか助かった。

いざインストールしようとしたら、パスワードを求められる。
ライセンスコードを入れるがダメ。
名前を買った時の名前にするがダメ。
すぐに回数が切れて画面が切り替わる。
再び画面を戻して、ライセンスコードのハイフンを除いて入力するがダメ。
手に負えないので電話して聞いてみると、どうも糞MAC自体にかかったパスワードですぐ解決。
インストールすると日本語版がインストールされる。
さぁ、使うぞと言う時に、使い方がわからん。
適当にやる。
ムービーを切り抜くんだから、ムービーを選んでDVDプレイヤーを立ち上げて、枠を調整し、切り抜きボタンを探すが、ない…
んじゃエンターキーだろー、と糞マックの意味もなく小洒落たキーボードを叩くと、「アクション!」(←ネイティブ発音)がスピーカーから響き、ファイルが作成された。
でも、これクイックタイム形式なんですけど。
開くと、今やっていた一連の動作がムービーになったデータが作成されていた。
こんなんいらないって。
違う機能でなんとか画面を切り抜くのを見つけたけど、コレ、WINならフリーソフトであんじゃん。
なんでこんな機能のために69$。
さすがファッキントッシュ。
そんな作業を10時近くまでやって帰宅。

朝飯、ミートソース。
昼飯、ローソンで見つけた新メニュー、あさりとえりんぎの和風パスタ。
b0003143_1002350.jpg
晩飯、しおラーメン。
b0003143_100408.jpg
今日は3食麺だった…
[PR]

by ong-bak | 2006-06-28 23:55 | 写真日記
2006年 06月 27日

0627:柿

駅のホームの突端に柿の木がある。
秋になると実がオレンジに熟れる。
まだ緑色のゴルフボール大の実が生っていた。
b0003143_945860.jpg
もうこんな時季から成長しているのか。
眺めていると、枝の途中に不規則に実が生っていた。

出社してスタジオへ。
何度も行っているのだが、何階かド忘れして地下をうろうろ歩き回る。
携帯の電波入らないから電話もできない。
ドコモは地下4階でも入るんだけど。
やっとスタジオに着いて色々と教えてもらう。
基本構造は大学のスタジオと同じで天井にファティフがぶら下がっているのだが、とにかく天井が高い。
そして広い。
車の撮影もできるらしい。
背景の白ホリゾントを眺めていると、床と壁の境目が見えズ、気持ち悪くなっていく。
これからちょっとした撮影でもここを使いこなせるのか不安。
ブツ撮り、嫌なんだよね…

今日は定時にあがったので帰って撮影へ。
ネットで調べると岩戸と野比にも蛍がいるらしい。
岩戸はシーズン終わったのか飛んでいなかった。
野比は久里浜病院の裏との情報で探すが、裏は高台で住宅地になっていた。
久里浜病院の裏は、有名な廃墟&心霊スポットな上、以前明らかに尾行する車に追われたことがあるので(恐らくアル中病棟に酒をこっそり持って来ないための巡回かと思われる)、本当に「病院の裏」には行きたくないんだよね。
高台から夜景を撮って、久里浜港で撮影して帰る。
b0003143_9133164.jpg

野比4丁目 PM10:58

b0003143_9151761.jpg

久里浜8丁目 PM11:32
[PR]

by ong-bak | 2006-06-27 21:58 | 写真日記
2006年 06月 27日

田舎の小学校

b0003143_854384.jpg


クララン(タイからシェムリに向かう途中の2度目の休憩地点)から北にちょいと行って、脇道を東に入った学校へ突入した時、最初子供たちは逃げ回ったけど、最後には集合写真を撮れた。
バイクに乗って帰ろうとすると、数人の子供が塀にまたがり、手を振って見送ってくれた。
[PR]

by ong-bak | 2006-06-27 08:58 | カンボジア写真
2006年 06月 26日

0626:送別会

今日は送別会。
仕事終わってからみんなで飲みに。
サントリー系の店で、ビールはモルツ。
でも初めて見た瓶。
b0003143_2322848.jpg
なんか味はほのかに花の香りが。
今日は結構飲んだ。
終電で帰宅。
堀ノ内で待ってる間、おっさんが傘でゴルフやったり野球やったりしてた。
b0003143_2333682.jpg
ぶんぶん振り回しているうちに、傘がすっぽ抜けて線路へ飛んでいった。
b0003143_234552.jpg

[PR]

by ong-bak | 2006-06-26 23:30 | 写真日記
2006年 06月 25日

0625:教習所へ

アジサイ、まだまだいけます。
b0003143_2173761.jpg
もうそろそろ限界だけど。
随分前に買った「棒ラーメン」の賞味期限が切れてたので、食う。
b0003143_218202.jpg
福岡で作られてるみたいだけど、これって九州じゃメジャーなのかな。
作ったはいいけど、味薄すぎ…
b0003143_219855.jpg
やっぱりスープは2袋入れるべきだったのか…?

前から行こう行こうと思い、なかなか行けなかった教習所へ。
二輪免許をついに取ろうかと。
ネットで色々調べたけど、近所は14万。
新宿の公安非公認だと7万5千。
非公認はやっぱり免許保持者に聞くとあんまりよくないそうなので、10万ちょいとの川崎の九州所を選んだ。
一応出社前に寄れるってことで。
11年ぶりの教習所。
いざ、実際に行って見ると、正直ちょっと小さくて不安。
横須賀の教習所がでかかったからかもしれない。
都内はいっぱいあるだろうからこんなものなのか?
受付のおねーさんはけっこういい感じ。
現金を持って行ったけど、カードでも支払いできるとのなので陸マイラーとしては、UAのマイルが貯まるのでカードで支払い。
適性検査まで窓から教習風景を見るが、結構鬼教官っぽいんだけど大丈夫か??
免許取れてもビックスクーターにしか乗る気ないんだけど、一応マニュアルで取る。
でも、マニュアル車運転する自信がない。
一番最初に乗ったマニュアル車が、うまくギア繋げなかったんだよね。
だから、カンボジじゃカブタイプを運転してるんだけど…
適正検査の教官は、ものすごーく感じのいいおじさんで、ちょっと安心。
って、車の免許はあるので学科を受けるわけではないんだけど…

帰りに川崎のヨドバシへ。
b0003143_2281028.jpg
昔の京急駅前にあった頃はよく行ったけど、移転してからは初めて。
最近酔っ払い飛行のエースコンバット4に飽きたので、ベスト版のエースコンバット5を購入。
ミサイルばんばんぶっ放して、エースコンバット4のように補給できるかと思ったら、できねぇ…
ジェット機でバルカンで戦えって?
そりゃぁしんどいぜ。
[PR]

by ong-bak | 2006-06-25 21:51 | 写真日記
2006年 06月 24日

0624:マキナもう一台欲しい

アジサイもそろそろ終わり。
b0003143_23315145.jpg
後は枯れていくだけ。
アジサイは結構長い間花が残るから朽ちるまでがあまり綺麗じゃなくてなんだか悲しくなる。

バイトに行く時に電車で見かけた広告。
b0003143_2333044.jpg
野島の山の下の戦時中の格納庫なら、昔入った事あるけど、そことは違うらしい。
ライフガードの1リットルボトル、異様に横にデカイ。
b0003143_23343639.jpg
ボトルのデザインといい、本当に軍用っぽく見える。

しんくんから電話。
マキナが欲しいらしい。
買っちゃいなよ!
某所で67Wがいい値段で売っていたとの情報。
「67Wはもう一台欲しい!67Wだけは絶対に誰にも貸さないし触らせたくもない!」
というくらいアツイ67W好きな恩師、畑先生に一応電話。
留守電だった。
なんたって「金型どっかにあるはずだから、再生産したいなぁ」なんて話していた。
修理のマキナサービスでは買取修理して販売も始めたらしい。
一時期に比べ、値段は落ち着いたが、今時定価と動価格で販売されてる実用カメラなんてGRかマキナくらいじゃないか?調べてないけど。
30年近くも前にカメラがまだこんなに使えるなんて素晴らしい。
後で先生から電話があった。
「いやぁ、本当は、気持ちは遠藤君に買ってあげたいんだけどねぇ」
買ってください!パパ!
いや、正直本当にお願い買って。
マジで買いに行こうかと思ったよ、ローンでも。
でもこないだカードの明細みたら、正直やばかったので物欲を押さえる。

「この垂れ具合がいいのよ~」とおもちゃにされるさくら。
b0003143_23353558.jpg
昼間の貝山地下壕について調べたら、追浜の(住所は長浦)山の下にある海軍の地下壕跡で、総延長数キあるらしい。
久々に廃墟魂がメラメラと。
そういえば数日前、松尾鉱山を観光地化する記事が載っていた。
松尾鉱山とは東北の巨大鉱山物件で、当時の鉱山アパートが今も林立し、「東北の軍艦島」と呼ばれるほどの場所である。
5年前に、第一次廃墟(90年代末~2000年初めくらい)ブームと第二次廃墟ブーム(2002年ごろ?)直前に、「廃墟界のプリンス」ことK氏の指揮で、「東北3大鉱山OFF」を敢行したっけ。
東京発早朝に田老鉱山へ。
超巨大物件に圧倒される。
ハシゴなんて腐ってて、リアル「トゥームレイダー」。
早朝に潜入し、鉱山の砂利山を登山中すべり落ちた。
ドルシックナーの上は感動した。
ここは廃坑使ったテーマパークがあって面白かった。
ラピュタの飛行石の坑道みたいな演出や、エレベーターがカッチョイイ。
んで最後だか初日の午後か忘れたが、前述の松尾鉱山。
行ってから、テレビの心霊検証番組(たしかTOKIOの国分がやってた番組)で、「風呂場まで瓦礫を書き分け数時間掛かった」みたいな放送してたらしいけど、5分かからなかったんですけど。
ヤラセはよくないなぁ、ヤラセは。
地雷解体危機一髪を演出した某在京キー局と一緒じゃないですかwww

盛岡まで行ってそばも食わず素通り…(笑)
宿泊先は廃墟好きにちなんで、いつ廃墟になってもおかしくない旅館で、ある種完璧な「廃墟OFF」だった。
黒魔兄さん元気でしょうか?

夜景を撮りに森崎へ。
カップルらしき車が数台停車中。
後からやって来たエスティマから女の怒鳴り声が聞こえる。
ああ、嫌だ嫌だ。
観音崎へ行こうとしたら雨が降り始めたので引き返す。
馬堀の西友でホタテを見たら猛烈に「1人宴会」したくなって、エビシューマイと酒を買って帰って1人宴会。
b0003143_7502295.jpg
ケーブルテレビのチャンネルを回してたら、ターンエーやってるじゃないですか。
劇場版なのに絵が汚ネー。
いや、でもゴッド富野ガンダムの最高傑作だと俺は思うよ、ターンエー。
シド・ミードのヒゲデザインはサイテーだけど。
あのラスト5分で全てを許せちゃいます。
b0003143_755399.jpg

森崎3丁目 AM02:07
[PR]

by ong-bak | 2006-06-24 23:08 | 写真日記
2006年 06月 23日

0623:人身事故

多摩川周辺の景色が好きだ。
b0003143_0422848.jpg
b0003143_0423512.jpg
ホームレスがだら~っとしてたり、家族連れがいたり。

カメラマンさんに誘われて、ちょっと外で食事。
見かけはただのタバコ屋なんだけど、横に回ると和風の隠れ家的なレストランになっていた。
金曜日なので割りと暇。

帰り、人身事故で平和島で緊急停車。
しばらくして動くが、蒲田で運転打ち切り。
鎌田-横浜間は救出作業のため運行停止だって。
JRに振り替え輸送とのアナウンス。
これじゃ帰宅難民だわ。
b0003143_0442367.jpg
改札に向かう途中で運転再開のアナウンス。
ぞろぞろと歩いてホームに戻る。
b0003143_044408.jpg
後続の有料特急が通過。
金を払えば優先かよ。
次の快速は8両というふざけたアナウンスが流れ、並んでいたのに後部へまた移動。
西改札は振り替え輸送券をもらうために大混雑。
b0003143_0453040.jpg
売店でカルピス買って快速を待つ。
来た快速は想像よりも空いていたものの空き席は当然ない。
品川で始発待った意味ないよ、まったく。
それでも人身起こしてるのに後続車両10分遅れなだけって京急すごいな。

随分前、新宿で人と会った帰り、ひとつ向こうのホームに入ってきた電車が緊急停車。
人身だったらしい。
バケツと、小学校の時ドブを掃除する時に使ったでっかいピンセットのような掃除道具を持った駅員がホーム中央に走って行く。
瞬間を目撃してしまったらしき女性が、涙を流しながら駅員に抱えられて連れて行かれていた。いやー、轢死は嫌だわ、本当に。
[PR]

by ong-bak | 2006-06-23 23:51 | 写真日記
2006年 06月 22日

寄り添うふたり

b0003143_2339395.jpg


バイクでシェムリアップ川沿いに南下していた時、川に飛び込んで遊ぶ子供たちを発見。
こちらを見るとカッコいい所を見せようと、フル○ンの子供たちが高いところからざっぱんざっぱん川に飛び込んで行く。
そんな連中にお構いなしに、橋の上で将来を語り合う(←想像)ふたり。
チッ、見せ付けやがって、このやろー!
[PR]

by ong-bak | 2006-06-22 23:42 | カンボジア写真