エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 31日

0131:撮影テスト

もはやゲーム機の粋を越えますた。
b0003143_0575689.jpg
DS版指差し会話帳タイ語版。
3月発売。
しょっぱなからタイ語を出す辺りが素晴らしい。
普通はフランス語とかイタリア語とかだろうけど、そんなどーでもいい国は却下。

昨日買ったWPiの「動作チェックをセヨ」との指令が大本営から届いたので、本日はWPiの撮影画像と使用感想をお送りします。
サイズは手になじむ感じで薄さも結構薄い。
ただ、小型化のため、液晶が小さい(2インチ)。
レンズは水中での使用を意識してか、このクラスでは広角。
天気が悪いからか、発色は地味な感じが。
b0003143_11872.jpg

全体的に空が画面に入るとシアンに寄る傾向で、地面だとマゼンダに寄る。
AFの精度が悪くてピントが来ない。
外での撮影で散々に気持ちになったものの、家の冷蔵庫でストロボを使用して撮影すると、赤は綺麗に写った。
b0003143_16525.jpg
設定で彩度とコントラストを上げてみた。
b0003143_1101071.jpg
b0003143_1101756.jpg
ノーマルがおとなしすぎるので、彩度あげた方がいい感じ。
歩きながら色々撮影してみる。
b0003143_1123664.jpg
b0003143_1124439.jpg
b0003143_1125123.jpg
我が家の玄関に置いてあるヨニとリンガ。
一応、北を向かせてあります。
b0003143_1134298.jpg
おかんがカンボジアに来た時に、ヨニとリンガが何かを説明したんだけど、覚えてないようで、コレが小包で届いた時、「すり鉢とすり棒」だと思っていたようだったけど、説明すんのめんどくさいから適当にごまかした。
マクロは結構寄れる様だった。
b0003143_116976.jpg
b0003143_1161634.jpg
b0003143_1183528.jpg
実際に銀塩で出力してみると、画質はW5より綺麗だが、やはり輪郭部のシャギーが気になる。
まぁ、コンパクトカメラでは、どれもこの程度か。
やっぱりきちんと撮るなら一眼じゃなきゃダメだな。
雨が降っていたけど、なんか雨の中で使うの、水中で使えるカメラとはいえ怖いので試さズ。
前玉部分にレンズバリアがないでの、使用に気を使ってしまう。

夜はばぁちゃんの病院へ、犬の写真をアクリルのフレームに入れて持って行った。
毎日「さくらはどうしてる」と聞くので、写真をあげると、えらく喜んで、「今夜は一緒に寝ようね」なんて言っていた。
昔はあんなに犬を飼うことに反対していたのに、今はメロメロ。
雨の中、バスを待っているとやって来たのは笹野君。
「どこ行くの?」と尋ねると、「新潟に行こうと」。
へ?今から??
「夜行列車あるんですよ」
「ああ、ムーンライトね、村上まで行くやつ」
泊るところは決めてないらしいけど、漫画喫茶に行くつもりらしい。
昔はカプセルホテルが最安宿泊施設だったけど、今はちょっとした都市になら漫画喫茶あるからなぁ。
以前に比べたら旅しやすくなったと思う。
でも、雪国へ行くのに、ちょっと隣町まで的装備で大丈夫なのかと、少し心配しながら見送った。
[PR]

by ong-bak | 2006-01-31 22:15 | 写真日記
2006年 01月 30日

0130:アキバってやっぱり凄い

数年前にタケオで会った、斉さんの妹が、実はうちの大学の写真学科という繋がりがあって、姉妹共々今でも連絡を取っているのですが、今日は妹のえりなちゃんがパソコン欲しいと言うのでアキバへ。
ちなみに彼女は初アキバだそうで、駅前でチラシを配っていたメイドに驚いてました。
そう言えば、弟もこないだ初アキバだったらしいが、やっぱり驚いていた。
昔、知っている人は知っている、俺が大学へ入るずーーっと前、某ビジュアルアーツという専門学校に通っていた頃、俺は週に数度アキバに寄って帰っていた。
その頃は、まだ「趣都」化していなくて、珍しいCD探しに中古屋へ行ったり、書泉に寄ったりしていた。
確か、この頃、名機VX-1000が出たり、駅前広場でVAIO生誕イベントとかやってたんだよね。
しかし、今のアキバ=メイドなわけで、駅前や店頭でメイド姿でチラシ配ってたりするのに「カメラ・写メールでの撮影禁止」って張り紙出すなら、最初から外に出すなっつーの。
ドンキで休憩中のメイドは、目が合ったらすんげぇ睨まれたし。
トドメは、白い長ラン・ボンタンで、金髪リーゼント、しかも重くて先端が垂れている…といか、まんま氣志團のおにーさん。
アキバをやや前傾姿勢で肩で風を切って歩いているのだが、何故猫耳を着けている??
これは罰ゲームなのか?と思ってしまった。
やっぱりアキバはすごいと思います。
アンの兄ちゃん、リュウ(もちろんタイ人)が「アキバ」と言っているくらいだから、きっと世界的に有名な「趣都」なんだろう。
サパーレックのトレーディングカード屋のあんちゃんには、「買って来たら買い取る」と言われた。

まぁ、それでそんな街中でパソコンを探すんですわ。
最初から本体には目星をつけていたので、問題はモニター。
モニターに関してはさっぱりわからん。
店員さんに聞くと、きっぱりと「EIZOがいちばん」と言われる。
その中でもコントラスト比1:1000がいいらしい。
確かにEIZOのモニターは、同じ画像を流しているモニターの中でも綺麗だ。
値段を控えて、ぐるっとアキバを回る。
他の店舗でも聞いてみると、「EIZO以外だったら、まぁどこも大差はない」みたいなことを言われる。
そしてぐるぐる回ってると、19インチの液晶モニターが32800円って安くねぇ?
性能を確認すると、応答速度も速いし、コントラスト比も1:700だった。
俺も欲しい…
まぁ、初めてのパソコンらしいし、そんな高性能なモニターや本体をいきなりってのも…
この19インチにすれば、本体へかけるお金が増えるのでいいんじゃないかとおいことに。
結局PCもこの店で見繕って、えりなちゃんはどうするかを家で決めることに。
そしてこの店で見つけた目玉商品は…
b0003143_036548.jpg
確かに今、買うべき商品かも。
光線状況で、歯が「キラーン」と光ってしまった。
松屋で飯食って、別れる。

お買い物天国レッツラゴー。
まずは頼まれていたデジカメ。
ペンタクッスのオプティオWPiを買いにPCボンバーなる店へ。
価格ドットコムで検索したらここが一番安くて店頭販売もしていた。
なんか倉庫のような店で、並んでいるのにレジは1台で、販売モノは全部保証書たおかるような商品なのでえらく待たされる。
さすがアキバ、意味不明な自転車が…
b0003143_0373740.jpg
マリオよりどりみどりって…
話題のおでんの自販機はバカ売れ。
月の売り上げ1千万とか。
b0003143_0383239.jpg
それ、マジですか?
お土産用も売っていた。
裏道のレコード屋で、sakusaku発見。
b0003143_0394020.jpg
Z56にはモザイク処理がされていた。
やっぱアキバ系のみなさんはtvk見てるのね。
コレ、一応神奈川ローカルなんですけど、たぶん神奈川県内のどんな店よりも派手に宣伝してると思う。
んで、その脇に貼ってあったセガールを称える(?)看板。
b0003143_0411917.jpg
いやぁ、セガールには弾当たらんから。
強すぎ。
ヨドバシでサンヨーの新型ニッケル水素電池(2700m)と、D2X用の液晶保護シートを購入。
ぶらぶらっとカメラを見て歩く。
最近はやっぱりフィルムで撮りたいなぁ。
でも一眼は重いからレンジファインダーがいいなぁ。
レンジファインダーに28ミリくらいをくっつけて、気軽に撮りたいなぁ。
…って、28ミリだったらレンジファインダー買わなくてもGR買えばいいじゃん!
ああ、俺のGRはどこへ消えたんだろう。
もう1台買うべきか?
やっぱりGRは名機だよ。
同じレンズ積んでるんだから、GR10でもいい。
GR欲しい。

アキバからどうやって帰ろうか考え、浅草橋まで歩いてみる。
もしかしたら浅草橋からなら、銀座方面を通る前だから空いているのでは?と考えた。
新宿線と三田線経由して三田からだと、恐らく混んでいそう…
総武線の高架下をてくてくあるいているとすげぇカルピスの自販機。
b0003143_0535351.jpg
「バンダイ山」って??
バンダイって、あのバンダイだよね?
浅草橋で電車を待つと、予想通りスカスカで余裕で座れた。
b0003143_0545447.jpg

[PR]

by ong-bak | 2006-01-30 23:38 | 写真日記
2006年 01月 29日

0129:俺は便座を下げますヨ

女優中谷美紀(30)が結婚相手に求める条件は「使用後に便座をきちんと下げる」だった。中谷は28日、都内の書店で行った初エッセー集「ないものねだり」(マガジンハウス)の発売記念トークショーに出席。同著で「裏側の汚れた便座を女性が触らずに済むように戻してくれるとうれしい」とつづっている。結婚しない理由の大きな位置を男性の“便座問題”が占めているという。この日も「便座を下げていただければ、どなたでもいい」と笑わせた。同書は04年6月から1年半、女性誌ananに連載したエッセーをまとめた。(日刊スポーツ)

中谷さん、結婚してください←便座を下げるヒト

ばぁちゃんのお見舞い。
バスから見えた中古屋さん。
b0003143_2158121.jpg
イプサムもセレナも型落ちだと安い。
子供の頃、セレナのようなワゴンの中で暮らしたいと思った頃があった。
フリーで国内を飛び回るようなカメラマンだったら、セレナ暮らししてみたい。
衣笠の商店街から「駐車場」と書かれた階段を登っていくと、線路の真横に出た。
b0003143_2159557.jpg
病院へ行ってから、帰りのバス停を探す。
古い床屋があったり、人懐っこい犬がいたり。
b0003143_2231989.jpg
b0003143_2232761.jpg
バス停を見つけ、バスを待っているとバスがやって来たけど横須賀駅行き。
あれれ?
バス停を見ると、行き先は横須賀駅としか書いてない。
慌てて目の前のお店で、「すみません、堀内行きはどこですか?」と尋ねたら、十字路の向こうらしい。
同じバス停ないのに、十字路挟んで200メートルくらい離れてる…

夜、アキラ先生とメールのやりとり。
最近、メールの語尾に(土下座)という一言がよく目に付くので、
「証拠写真、くださいよ~」とメールをすると、しばらく間が空く。
ああ、これは絶対にセルフタイマーで撮影してるな…
思考回路が同じなのか、考えていることが手に取れるような時がある。
そして、届いたメールに添付されていた写真は、期待を裏切らない、想像通りの写真が…きゃーーーー!!!!

タイで会って一緒にカンボジアまで行った佐藤君からメールが。
すぐに電話で離すと、タイから乗ってきたNWに預けた荷物が、成田で待てども出てこなかったらしい。
NWの対応もなぁなぁで、保障したくないような態度らしい。
できる限りのアドバイスをして、「切れろ!」と我ながら素晴らしいアドバイス。
いや、本当にこれ以上対応悪けりゃわしががっつんがっつん言いまくってやる。
と、言うわけで、
ノースウエストという航空会社は、荷物が行方不明になっても「知らぬ存ぜぬ」なので、気をつけましょう。
ファック、ノースウエスト。
[PR]

by ong-bak | 2006-01-29 13:14 | 写真日記
2006年 01月 28日

0128:大気圏で燃え尽きた幼女

夢を見た。
トンレサップの水中遺跡を見つける夢。
「そんなのないよぉー」と否定してたアキラ先生が、「遠藤君!あった、あったよ!水中遺跡!見つけた!」と興奮している夢だった。
寝る前に見たマニアックなカンボジアの実測図が脳内に残っていたんだろう。
リアルでリアルじゃない夢。

近くの住宅街のアメ公の車。
b0003143_2359386.jpg
恐怖の「Yナンバー」。
基地周辺に住んでいると、Yナンバーの車の近くは走りたくない。
軍属で働いてる関係者の車。
車検ないし。
Yナンバーと事故ると、日本の警察だけでなく、海軍の警察までやってくる。
あの、青いライトがついてる洋画に出てくるようなパトカー。
Yナンバーでスポーツカーって、最悪やね。
こないだは50すぎのおばちゃん、アメ公に殺されたし。
アメ公は基地から出てくんな。
仏壇みたら、今日はじーちゃんの月の命日だった。
b0003143_035385.jpg
ばぁちゃんが早く退院できるようにお願いしておく。
まだ迎えに来るなよ、じーちゃん。
あったモノで適当に腹を膨らます。
昨夜の牛丼の残り…というかほとんどシラタキ。
b0003143_052852.jpg
昼間はたまっていたPCでの作業を済ます。
夕方、犬の散歩に行くと、いつもおやつをくれるおじさんにうちの犬は大反応。
誰がモノをくれるのかを理解しているようだ。
おじさんは自分の犬がきゃんきゃん鳴くのをうるさがって、ボールをぽ~んと投げると、おじさんの犬はそれに反応して、ダッシュでボールを拾いに行く。
b0003143_061577.jpg
そしておじさんの足元まで戻ってきて、ボールを口から離すのだが、おじさんはまた、ボールを遠くへ投げる。
b0003143_064652.jpg
それの繰り返し。

5時になっておかんが仕事を終え、家の前を通る時にそのまま拾ってもらい、病院へ。
エレベーターに乗ると、病院独特の臭いが鼻を着く。
朝、電話があって2階から4階に病室が移ったらしい。
4階で病室を探す。
ちょうど飯の時間だった。
忙しいのは判るが、看護婦の感じが悪かった。
あからさまにおかんがボソボソと文句を言う。
それが聞こえたのか、どうかは定かではないが、もう一度来たときの態度は変っていた。
ばぁちゃんは起きれないから、ご飯をスプーンで掬って口元へ持っていく。
食欲はあるので心配はしていないが、まさかばぁちゃんにご飯を食べさす日が来るとは思ってもいなかった。
「こんなに世話になるなんてねぇ」
情けなさそうにばぁちゃんが言った。
いいんだよ、具合が悪いときくらい甘えれば。
飯を食べさせ、帰る。
車を停めたまま、近くで飯屋を探した。
そういえば、池上方面へ行ったところに、うまいという噂を聞いたことのある店があったので行ってみた。
店の名前は「泰同門」。
b0003143_073963.jpg
中華と、タイ料理を両方扱っている店だ。
シンハもある。
従業員のおねーちゃんは、笑顔を絶やさない愛想のいい人。
シンハを頼んだら、シンハはあまり出ないのか「シンハですよね?」と聞き返されてしまった。
b0003143_08017.jpg
俺はラーメン、おかんは野菜の中にカリカリのご飯が入ったのを頼んだ。
あと餃子。
ラーメンは中国風の細麺で、これまたうまい。
b0003143_081630.jpg
でっかいチャーシューがたまらん。
お冷を貰った時、おかんが調子ぶっこいて中国人の料理人に「ハオチー、ハオチー」と言い出すと、料理人は「シェイシェ、シェイシェ」と言っていた。
おねーちゃんの愛想がよかったのと、うまかったのとで、おかん大満足。

その足で汐入まで送ってもらい、俺はダイエーの映画館で、レイトショーの有頂天ホテル
のチケットを買った。
ゲームセンターの前の床で、幼女(推定3歳くらい)が、ガンダムMk-Ⅱとフライングアーマーを握り締め、泣いていた。
どうしたんですか、お嬢さん?
そんなに泣いて。
大気圏に突入でも失敗しましたか?
大丈夫、失敗したのはあなたではなく、カクリコンの野郎ですよ。

なんて声を掛けられる訳ないだろーーー。

今年初の映画、三谷幸喜の有頂天ホテル。
三谷幸喜といえば、俺の中では「王様のレストラン」が最高傑作で、それ以降何を書いてもダメ。
駄作ばかりでつまらない。
中には打ち切り同然のドラマもあったっけ。
朝日新聞の連載で、奥さんの「やめときな」という言葉を振り切って、自分の名前をネットで検索したら出てきたのが「三谷さん、才能枯れちゃったの?」とのコメントでへこんだらしいが、確かに俺もそう思った。
三谷さん、才能枯れちゃったんだよね?
古畑だって視聴率は取れていても、そこまで面白いドラマだとは思えない。
自分が出たがりで、テレビに出ちゃうし。
しかもテレビに出てる方が面白い。
いや、アンタ書かないでコメディアンにでもなれば?
さらに遅筆で有名ときたもんだ。
テレビ出てる暇るならとっとと本書けよ。
しかし、この映画は、予告編を劇場で見たときに、久々に面白そうだなと思った。
公開されて2週間が過ぎているのにも関わらず、しかもレイトショーだっていうのに地方映画館としてはかなりの客入りだった。
純粋に面白い。
しかし2/3がぶっ飛ばしすぎなのか、最後の1/3が笑いのテンションが下がる。
そして、三谷作品でお馴染みの役者が顔を揃えるのもどうかと。
馬鹿の一つ覚えのように、毎回毎回同じ役者。
あ、今回は西村雅彦いなかったけど。
それにしてもいい加減意、同じ役者ばかり使うの卒業したら?と思ってしまう。
で、台詞回しが高速なので、画面に見とれていると台詞が頭に入ってこなかったりする。
さらに出てくる人間が多いから、無理矢理あちこちに伏線が張られすぎて、だんだん忘れられてくるキャラクターが出てきたり…
個人的評価は65点とさせていただきます。
ラストの松たか子のアゴのしゃくれっぷりが嫌だったのと、川平慈英がウザかった。
[PR]

by ong-bak | 2006-01-28 14:08 | 写真日記
2006年 01月 27日

0127:ボーダフォンのローミングってスゲー

昨日香港へ行った友人はボーダフォンなのだが、国際ローミングを勝手にやってくれるらしいので、フツーにメールが届く。
こりゃぁすっげ。
俺も一時期ボーダフォン(つーかJポン時代)使ったことあった。
まだ出始めの写メール使ってみたくてドコモから乗り換えた。
11万画素(プ)のクソみたいな性能で、撮った写真も家のパソコンにメールしなきゃ保存もできなかったのですぐ飽きた。
しかも、横須賀に住んでいると、追浜から横須賀中央までが地下鉄のようにトンネルが続くんですわ。
なんたって我が横須賀市は、日本一のトンネルのある町じゃけんのう。
Jポン電波悪すぎで、ほとんど圏外…
それに対してドコモは、多少のトンネルなら電波も届き、長いトンネル以外はストレスなくメールの送受信ができたもんだ。
特に最悪だったのは、駅の両端がトンネルの横須賀中央。
ドコモじゃ電波ばりばりだったのに、Jポンは、駅のホームに列車が到着しても電波が回復せズ、出発して次のトンネルに入ろうとした瞬間、復活・・・そして瞬殺で圏外。
おーまーいがー。
もちろん、ソッコーで解約しました。
そんないきさつがあるので、ボーダフォンの携帯はノーチェックだったんですわ。
でも、国際ローミングがそのままできるのはいいねぇ。
メールが普通に来るんだから。
香港に行ってるのが嘘かと思うくらい。
ばぁちゃんのお見舞いに病院へ。
衣笠行きのバスは堀ノ内の駅前から1時間に1本くらいしかない。
b0003143_23424058.jpg
衣笠までバスで行くのは初めてだった。
やって来たバスは普通のバスを短くした感じの中型バス。
b0003143_23432321.jpg
バスはトンネルを抜け、山と山の間の道路を走って、大通りへ。
b0003143_2344791.jpg
衣笠は横須賀の町でも内陸で、道が込むのでうちからは滅多に行かない。
原付で葉山方面へ抜けるのに使うくらいだ。
駅前の商店街は、生鮮食品屋くらいしか儲かってないのではないかと思うような、人はいるのだが寂しげな商店街だった。
b0003143_23461894.jpg
おもちゃ屋のバケツの中に、犬のぬいぐるみが押し込まれていた。
今時、「ソーダ水」なんてメニューを売り出している喫茶店があるなんて。
b0003143_2347184.jpg
ばぁちゃんの見舞いに行ってから、JRの衣笠駅へ。
普段は京急しか使わないし、JRも横須賀以南には滅多に行かない。
たまに使う駅っていうのは、なんとなく新鮮に感じた。
b0003143_23492076.jpg
日が当たらないのか、線路脇にはまだ雪が残っていた。
b0003143_23494672.jpg
松屋で初めて塩カルビ定食?を頼んでみた。
b0003143_23512181.jpg
コショウが効きすぎか、ちょっと辛かった。

滝川クリ●テルと鈴木タ●スケが似ていると気づいたら、ニュースジャパンが気になってしょうがない。
b0003143_2113730.jpg
たいちゃん、ネタにしてごめん…
[PR]

by ong-bak | 2006-01-27 23:05 | 写真日記
2006年 01月 27日

タケオゲストハウス公式HP移転のお知らせ

★緊急のお知らせ★

遺憾ながらタケオゲストハウスのHPアドレスが変更となりました。
これからは下記アドレスで運用されますので、よろしくお願いします。

http://angkor.main.jp/takeo/index.html
[PR]

by ong-bak | 2006-01-27 00:40 | SHUNより『お知らせ』
2006年 01月 26日

0126:パスポート申請

パスポートの更新へ。
以前作ったパスポートは2001年、ミャンマーの在ミャンマー日本大使館で作ってもらった。
海外でパスポートを申請する場合、「現地通貨で日本での金額と同等」の代金になる。
しかし、ミャンマーは、政府の正規レートと、実際に市場で使われるレートがあり、正規のレートで両替する人間は誰一人いないだろう。
しかし、ミャンマー政府が「正規のレート」を示しているわけなので、日本政府もその意向に従わなければいけない。
よって、正規レートで1万円が、市場レートでの1$程度の代金となるので、120円程度でパスポートが作れるわけだ。
もちろん、ミャンマーの日本大使館でパスポートを印刷する技術などなく、持参した写真を貼り付けて、パスポートに直接サインしたものがそのままラミネートされて手渡されるものだがら、写真の部分は触ると凹凸しているのがわかる。
表紙なんて印刷が全部はがれて、どっちが表紙だかわからないくらいだ。
b0003143_24242.jpg
こんな偽造パスポートで、今までよく出入国を繰り返せたものだ。
俺が係官だったら、絶対止める。
写真だって全然違うし(爆)
b0003143_261511.jpg
めくると出てくるのはカンボジアのビザ、ビザ、ビザ…
b0003143_2133247.gif
カンボジアのビザが多いから、どうのこうのってことは特にない。
一度、日帰りでアランに出国して、カンボジアに戻ったとき(普通逆)、タイの係官に「なんでこんなにカンボジアに行っているんだ?」と尋ねられ、「ア、ア、ア、アイラブ・カンボディア!」(←タイ語は全くわからんから)と言ったら、「そうか!」とハンコを押してくれたことはあった。

出入国数を数えてみると
タイ23
カンボジア15
ベトナム3
香港3
ラオス2
中国1
韓国1

カンボジアや周辺諸国の出入りがあるのはともかく、タイにここ5年で23回か。
そう考えると、カンボジアの15回は少ないのかもなぁ。
意外にベトナムが3回だった。
前のパスポートでは、それこそタイ並みの出入国を繰り返していた香港は3回だった。

本来は、この俺様が日本で作るなんてそんなネタにもならないことは避けたかった。
プノンペン製とk、せめてタイ製のパスポートが欲しかったのだが、パスポートの有効残存期限は切迫している。
同級生の吉田君が、残存期限切れて無事にタイ入国を果たしたことがあるが、最近は語学勉強のためのビザも簡単に降りないような厳しさである。
さらに追い討ちをかけたのが、日本大使館で働いている友人の一言。
「私の友人、強制送還になりました」
マジーーーーーーーー!?
そりゃぁ洒落にならんわ。
不本意ながらほぼ10年ぶりに「日本製」のパスポートを持つことにしますた。

駅から近い川崎のパスポートセンターか、横浜のクソ遠いところにするか迷ったが、横浜へ。
ところが、行ってみると、「整理券をもらう」のに長蛇の列。
なんじゃこりゃーーーー。
書類に記入して並び、整理券をもらう。
490番。
んで、今の呼出し番号は・・・340番!!!
b0003143_1451632.jpg
150人待ちですか!?
仕方ないので、来る途中で買った、たかのてるこの続編2冊を読む。
490番までの間に、買った文庫の3/4を読み終えてしまった。
約2時間待たされ、呼ばれた。
冴えない感じの30代後半の男。
ちょっと向こうの同じく30台半ばくらいの女性は、一人一人に「大変お待たせしました」と言っているのに、この男は何もない。
書類と古いパスポートを提出する。
住基ネットとかいうシステムで、古いパスポートだけで書類はいらない。
写真を見て、男が
「この写真だと、眼鏡のフレームが目にかかっていて、出入国の際に手間が掛かる恐れがありますが」
と、のらりくらりと言い出した。
目がかかってるって、別に目が見えないわけじゃないじゃん!!!
なんか無性に腹が立ってきた。
ここで「この写真はダメだ!」とNOならばそれに従うが、NOなのではない。
今から1500円も払って、写真撮り直して、さらにまた2時間並べってのか!?
「いいです!!」
規定に反してるわけでないんだったらコレで作れっての。
「出入国時に時間がかかる…」
「いいです!!」
シツコイ。
男はそれ以上言わず、機械のように作業を続ける。
今までのパスポートのように、香港で「お前、何があったんだ?」と言われたり、バンコクで写真にウケた係官が、隣の係官をつっついて「見てみろよ、コイツ」なんてことにはならんのだから、もういい。
パスポートには「無効」というシールと、「VOID」と穴が空けられて返却された。
b0003143_1415580.jpg
帰りに中華街を抜けて帰る。
b0003143_1432565.jpg
もうすぐ旧正月。
そのまま関内を抜ける。
b0003143_1473791.jpg
MックvsMスの仁義無き戦い。
京急で帰宅。
家に帰って数分で、おかんと弟が、病院から帰って来た。
そのまま車を借りて、病院へばぁちゃんの様子を見に行く。
入院したばぁちゃんは、しょぼーんとして見えた。
早くよくなって帰ってきて欲しい。

最近、どこでもかしこでも株の特集ばっか。
今、落ちに落ちたライブドア株が買い時なんじゃないの??
1万円分くらいだったら、紙切れになってもダメージは少ないかと思われる。
小学生が「今、ライブドア買いだよね!」なんて言ってそうだ。

深夜風呂に入ったら、思ってた通り湯船が冷え切っていた。
そんな冷え切った湯船の底から眼鏡発掘。
b0003143_1522372.jpg
ナンデ???
[PR]

by ong-bak | 2006-01-26 23:47 | 写真日記
2006年 01月 25日

0125:財布が出てこないの

ここ数日の寒さのせいか、近所の緑道には霜が。
b0003143_173075.jpg
そして、自分の家の前らしき場所に停めている自転車に警告が…
b0003143_181986.jpg
ひっでぇ!無差別すぎ。
おかんが仕事休んで大きな病院へばぁちゃんを連れて行った。
ちょうど空きがあったのでばぁちゃん入院。
しかし、整形外科ではあしらわれたようで、内科の先生が見てくれることに。
だから大病院の医者は嫌いだ。
昨日まで見てもらってた町の整形外科の先生とは大違い。
b0003143_194614.jpg
昨日も停まっていた自転車。
昨日の夕方にはどこかへ消えていたが、昨日はトイレットペーパー2セット積んでいた。
そんなに使用するのか、あなたの家は?
財布が見当たらない。
日本国内で使用している財布と、海外で使用する財布を分けて使っている。
俺は基本的に再両替しないから、バーツやらリエルやら、ドン、キップ、ドルがそのまま入っている。
国内の財布は、量販店のポイントカードやらが入っている。
出国前にクレジットカードやら免許を移して、国内財布をどこにやったのかわからない。
ってか出てこない。
仕方がないから、今の俺の財布はこんな。
b0003143_1505682.jpg
電車の中で逗子開成の子供たちが旧日本軍について熱く語っていた。
昭和13年がどーたらとか、16年がどーたらとか。
俺も、宇宙世紀だったら詳しいんだけどな。
1年戦争とか、第一次ネオジオン抗争とか。

ばぁちゃんを心配して弟が帰ってきたのだが、メチャクチャタバコくさい。
ただ、タバコくさいを通り越し、「密室した空間で、10人中9人がタバコを吸う環境下、朝までカラオケで歌う」くらいくさい。
うちは完全禁煙で、家族共々嫌煙の傾向があり、そのような状況だったのになぜコイツがタバコを吸う様になったのかは疑問だが、ある程度は耐えられる俺でも流石に耐えられないくらいのキツさだった。
下駄箱からファブリーズを取り出し、弟の着てきたジャンパーに吹きかける。
b0003143_1453342.jpg
「染みるって」と言っていたが、そのまま「はい回って~」とズボンにもファブリーズ。
香港へ行く友人とスターバックスで待ち合わせ。
b0003143_1463010.jpg
俺はコーヒーを飲むとトイレが非常に近くなるので、コーヒーは極力避けているのだが、他に店やってないし。
しかも、さすがアメェリカァンな店だけあって、店内は米軍関係者と思しきバランが1/3を占めていた。
いいなぁ、俺も香港行きてぇなぁ。
もうすぐ春節だなぁ。

先日買った、たかのてるこの「ガンジス川でバタフライ」。
b0003143_222832.jpg
コレ、面白い。
電車の中で読んでいると、思わず笑ってしまう。
関西人って、やっぱり「とにかく笑いを取らないと死んでしまう」人種なんだと実感した。
[PR]

by ong-bak | 2006-01-25 19:41 | 写真日記
2006年 01月 24日

0124:今日も病院へ

今日もばぁちゃんを病院へ。
昨日の体験から、おかんを職場に送って、その足で病院へ診察券を出しに行った。
その足で家に戻ってばぁちゃんを迎えに行く。
このようなことがあることを想定し、実は家の車の助手席がドアの方へ回転することを昨日聞いて知ったので、ばぁちゃんが座りやすいように椅子を回転させて腰掛けさせた。
天気もいいし、無理にビルの3階の病院へ連れて行くのもかわいそうなので、ばぁちゃんは車で待たせ、俺が待合室へ。
呼ばれて代わりに診察室へ行く。
やはり家族がいないということに関しては、先生は入院はいいと考えているが、長期になると環境の変化からボケなども生じるのでお勧めはできないと言う。
うちらも、ばぁちゃんを病院へ入れたまま出さないなんて気は毛頭ないし、早く帰ってきて欲しい。
でも、日中誰もいない状態で、トイレに行くのもままならないのであれば、やはり専門家のいる病院で、痛みがなくなって歩けるようになるまでは、きちんと見てもらった方がいいと思う。
とりあえず本人が、昨日先生に「痛かったらもう1本打つから」という言葉を信じているので、注射を打ってもらうために診察室まで連れて行く。
「もうダメかしら」なんて弱気になるばぁちゃんに、先生は「何言ってるの。大丈夫」とやさしく声を掛けてくださった。
家に戻ってから洗濯。
干して、洗って、それでもう11時。
家事は大変だと実感する。
b0003143_0481934.jpg
駅のホームで見かけたポスター。
この指の指し方、誰かに似ている…
b0003143_0485247.jpg
そう、アノ人ですよ、アノヒト。
雪、まだまだ残っています。
b0003143_0494977.jpg
八景のホームには雪だるまがちょこんと立っていた。
b0003143_0501824.jpg

[PR]

by ong-bak | 2006-01-24 19:38 | 写真日記
2006年 01月 23日

0123:病院へ付き添い、ゴールデン街の夜

ばぁちゃんの様子がやはり芳しくない。
いつもなら歩いていく病院へも、起きれないから行ける状態ではない。
おかんを会社へ送った後、ばぁちゃんを車で病院へ送る。
階段は自力で降りていたものの、車に乗ることもできない。
後部席をあきらめ、段差の低い助手席になんとか座らせ、病院へ。
幸い、病院は歩いても5分くらいの場所で、車だと1分。
駐車場もあるので、駐車場に停め、ばぁちゃんを降ろして病院へ。
しかし、この病院、エレベーターが着いているものの、そのエレベーターまでは数段階段を登らなければならない。
顔なじみの患者さんらしき人が次々に、「あら、どうしたの?」と驚いてばぁちゃんに聞いていた。
その度にばぁちゃんは「腰がねぇ」と言っていた。
ゴミを捨てに来た看護婦さんたちが、上の階から車椅子を持って来てくれた。
階段を登ったところで車椅子に座らせる。
慌てて飛び出して来たから、診察券も忘れたのだが、優先的に見てもらえた。
レントゲンを撮るのにも一苦労。
痛みが激しいようで、立っているのもキツイらしい。
どうやら「圧迫骨折」という症状で、年齢と共に背骨がどんどん潰れていくそうだ。
肩と足に注射を打ってもらって様子を見ることに。
帰宅して、様子を見ながら午後まで過ごす。
行く前よりか大分楽になったようだ。

午後から都内で打ち合わせがあったので、家を出る。
先日の香港へ行く友人に合わせた電車に乗って、上大岡までの間に、ガイドブックに印を点ける。
家の近くではもう見なくなった雪が、横浜市内に近付くにつれ、増えていく。
b0003143_23563870.jpg
打ち合わせが終わって外へ出ようとすると、入ってくる人間がどこかで見た覚えがある人だった。
引き出しを必死になって出したり閉まったり。
えーっと、誰だったけな、このR130の板尾に似たおっさん…
んあぁぁ!写真評論家の飯○耕●郎氏だった。
その足で新宿へ。
新宿もまだモリモリ雪残ってた。
b0003143_23573245.jpg
Lタワーのニコンへ寄る。
b0003143_23593519.jpg
アジアンキッチンで久々に食事。
ここのキャッシャーの制服がアオザイ。
b0003143_003557.jpg
タイガーVSシンハなんて飲んだ空き瓶で咄嗟にネタを思いつく。
「同性の後輩で一緒に寝れる男NO1」のユーダイの個展会場に今井君がいると聞きつけ、黄金街へ。
まさか帰国してたとは思っていなかった今井君が驚いていた。
b0003143_074163.jpg
「エロさが足りない!」と指摘を受けてしまいますた。
え「ちまちゃん、アオザイ着てよー、アオザイ」
ち「アオザイって、ココのデルタゾーンがたまらないんすよね??」
え「そうそうそう」
い「着物だよー着物」
え「着物!卒業式に着て着て着て着て!って、俺関係ないし」
ゆ「謝恩会くればいいじゃないっすか」
え「Yちゃんにバレちゃうよ」
ぎゃっははははは
今井君と、4年生の誰の着物姿が見たいかで盛り上がり、その後くだらないエロビデオ談義、そしてプラズマとi-podについて皆で熱く語り会った。
愛飲している生搾りに、「北海道物産展」フィギアが着いた。
b0003143_1355517.jpg
原型製作は天下の海洋堂。
AIR DOの機体とカニが出てきた。
b0003143_1404879.jpg
せっかくだから、カニに飛行機を襲わせてみた。
b0003143_141121.jpg

[PR]

by ong-bak | 2006-01-23 23:46 | 写真日記