カテゴリ:カンボジア写真( 97 )


2007年 05月 07日

0507

精神科の先生と相談してちょっっと配合を変えてもらった。
ボケーっとしてたら夕方だった。
弟と友香さんと三人で「ワンピース」の泣き所を探してた。
ネット全然繋がらないと思ったらWSimが抜けていた。
[PR]

by ong-bak | 2007-05-07 20:40 | カンボジア写真
2007年 05月 03日

0503

牛久大仏の頭のぶつぶつ掃除してた。
ビルマ人に大人気なんだよね。

午後やばいっす。
もう暑くてきもくて最悪っす。
武器屋はどこですか?
[PR]

by ong-bak | 2007-05-03 08:28 | カンボジア写真
2007年 04月 04日

0404:いきなり発熱

どうも隣の部屋の人が変わったようだ。
さすがに声まで聞こえないけど、物音とかでなんとなくわかった。
週末にヤフオクで落とした懐かしの「ダイナマイト刑事」が届いた。
b0003143_033023.jpg
随分昔、セガサターン版のPS2版。
どう見てもダイハードのブルースウィリスに似たオヤジが主人公で、ストーリーもダイハードみたいにテロリストに乗っ取られたビルに乗り込んでいくのだが、救出しなければいけない大統領の娘が言葉に表せないくらい醜いのだ。(当時のポリゴン技術のため)
もうゲームやめたくなるくらい醜い。
「お前なんかのために命張れるか!!!」と言うくらい醜い。
それが伝説になっているくらい醜い。
微妙にグラフィックUPしたけど、今時のゲームのクセにセーブが出来ない。
今やれば、こんな短かったのかと驚くほど短い。
20分程度で終了。
もっと馬鹿ゲーだったと思ったんだけど。
しかも久々に新作が出るらしいのだが、アキバでのロケテストはひどかったようだ。
元々の持ち主が相当ヘビースモーカーだったのか、説明書がものすごくヤニ臭かった。

夏のような雲が窓の外に見えていた。
b0003143_054599.jpg
3時。
看護婦さんが検温に回ってる声がしたので熱を測っておく。
発熱、37.6度。
b0003143_065823.jpg
看護婦さんが「熱計ってくださーい」
とやって来た。
「・・・計りました」
「何度でした?」
「・・・」
にやーと笑みを浮かべてごまかす。
「7度6分・・・」
「・・・じゃ、採血だと思うけど一応先生に確認します」
「いや、すぐ下がると思うんですけどねぇ」
「確認しまーす」
もう発熱かよ、早いよ。
しばらくして注射器持って看護婦さん戻って来た。
「採血して抗生剤でーす」
保持剤、抗がん剤、抗生剤と所狭しと掛けられた。
b0003143_082784.jpg
おとなしく寝てる。
寝てる間にどうもよっちゃんが来たらしく、随分前に貸していたFFXの入った袋を預けて行ったらしい。
他にも酒とつまみなる雑誌と手作りシーサーなるチョコレートのような人形。
b0003143_0112015.jpg
あと2年ほど前にコマ劇で撮影待ちしてる時にばったり会った写真が入ってた。

夜、38度まで熱上がってる。
b0003143_094856.jpg
番組改変期でロクな番組やってない。
友香さんとはねるのトびらのスペシャルを見たが、これがまた全く面白くない。
救いようのない笑えなさ。
ゲストの志村けんにかろうじて助けられてる程度で出演者の誰一人として面白くない。
9時には寝た。
[PR]

by ong-bak | 2007-04-04 20:06 | カンボジア写真
2007年 03月 31日

故障

b0003143_14115595.jpg


アンコール遺跡群のチケットゲートでバイクを停めて喋っていたら、夕暮れの道をバイクを押して来る集団が。
どこかで故障してしまったのか、レンズを向けると恥ずかしそうに笑う。
のんびりとした時が流れるカンボジア。
クメール人も皆マイペース。
そこが好きなんだけど。

タイからのバスだと初めての旅行者やバランはそのノロノロした行動に騒ぐけど、ここはカンボジア。
クメール人とうまくやるには、川の流れに身を任せるように、自分も適当に身を任せなければいけないのです。
[PR]

by ong-bak | 2007-03-31 14:23 | カンボジア写真
2007年 03月 23日

タンホン

b0003143_1961448.jpg


昔タケオに行った人には懐かしい、モムさんの姪っ子タンホン。(カッカディーとカッカドゥーの姉)
俺が初めて行ったころは上半身裸で走り回ってたのがでかくなりました。
今は母親のチャリアに似てもっとデカイ。
モムさん長女のラチャナーと同じくらい身長あります。

数年前はチャーリー(日本名シャーリー)という小型バイクの運転もまともにできなくて、チャリアに禁止されてたのかバライの帰りにこっそりハンドル握らせるとキャーキャー行って蛇行運転してたのが、今じゃドリームを乗り回してます。

ちなみにテンパでけっこう気にしてて、この写真はストパーかけた直後。
以前は前歯が虫歯でボロボロだった。(だからこの写真は不自然な笑顔)

その後、「アシタ、アル!」と言うので翌日見ても歯はなく、「アシタ!アシタ!」と言っていた。
翌日、作り物の真っ白の歯が入ったタンホン。
誇らしげに白い歯を見せるのだが、「それブラックライト当てたら歯だけ光るんだろ?」と言われて怒ってた。

昔の写真
b0003143_1935429.jpg
左から
ボレア:モムさん一番上の兄、ビセットの長女。バイタクのサムナンの妹
ラチャナー:モムさん長女
タンホン:モムさん妹、チャリアの長女
[PR]

by ong-bak | 2007-03-23 19:16 | カンボジア写真
2007年 03月 22日

爆睡

b0003143_14454996.jpg


カッカドゥーを寝付かせようとして自分が寝ちゃった父親。
逆にカッカドゥー目、冴えてます。

建て替える前の昔のタケオにはあちこちにハンモックがあって、常に誰かしら揺られて寝てた。
[PR]

by ong-bak | 2007-03-22 15:01 | カンボジア写真
2007年 03月 13日

昼寝

b0003143_23151283.jpg


「昼寝」はクメール人にとっては大事な「仕事」のひとつである。
昼下がり、タケオのロビーで爆睡するソッピー(とマンチ)。
この場所は人気スポット?で、俺もよく昼寝にここで過ごします。
今は佐々木大先生のポジションでもあります。

驚かせようと連絡しないで行って満室だと、「寝床作るから」とこうゆう椅子をベッド代わりに用意してくれるモムさん。
(一度チャリアの家で寝ろと言われ、既に寝てるカッカダーの脇で寝たら、翌朝目覚めたカッカダーが驚いてた)
[PR]

by ong-bak | 2007-03-13 23:25 | カンボジア写真
2007年 03月 11日

ぶた、ブタ、子豚

b0003143_8402242.jpg


カンボジアではよく見られる光景、ブタの運送。
こんなにかわいいのになー。

バイク載せられると割と観念してるのかおとなしいのが大半だが、たまに「ブヒ、ブヒ」と動くブタも。
この子豚たちは熟睡中。

以前村でデカいブタの出荷現場に出くわした。
ブタは必死の抵抗で「ピギー!ピギー!!」という声が響いていた。
[PR]

by ong-bak | 2007-03-11 10:09 | カンボジア写真
2007年 03月 01日

雨上がり

b0003143_11134546.jpg


突然の雨。
近所の民家の前にあった小屋の下を借りる。
カンボジアでは雨が降ると、誰でも気軽に軒先を借りる。
民家の人に軽く会釈すると、笑顔で返してくれる。
足元の土にみるみる雨水が溜まり、池となる。

数人の子供達が雨の中、はしゃぎながら帰ってきた。
池となった軒先を走り抜ける。
サンダルが水を救い上げ、弧を描いた。
[PR]

by ong-bak | 2007-03-01 22:27 | カンボジア写真
2007年 02月 25日

祈る少年

b0003143_11341814.jpg

アンコール・ワットの近くで、市内へ通勤する人々の撮影をしていると、堀の前を歩く二人の少年がいた。
彼らは歩きながら、朝日に包まれるアンコール・ワットの中央祠堂に向けて手を合わせ、一礼をした。
クメール人の信仰の強さを体感した。
[PR]

by ong-bak | 2007-02-25 11:26 | カンボジア写真