2004年 11月 04日

1104:日芸見学

日本大学の学祭へ。もちろん芸術学部。
新江古田駅でフルヤンと待ち合わせして江古田まで歩く。
江古田は、毎年年末の渋さライブで来ている。年末以外は初めて。
日芸の江古田キャンパスは、一部建て替えのため、移転らしい。

日芸は住宅街の中に近いのに、中庭が広く、大きなステージを組んで結構音を出していた。
b0003143_1161039.jpg

写真棟の写真展を見る。
とにかく多い。数が多い。かなりの人間が参加している。
でも、それだけ。
コレ!と思わせる作品などない。1階のでっかいスタジオに1つだけ。
うちの大学のデザイン学科にもこれくらいやって欲しいのが、もう一件。
一気に上の方まで上がる。
4×5で撮ったらしき、建築と風景写真、フルヤンの弟、コニカの奨学金に選ばれた写真くらいしかいいと思えない。
馬鹿みたいに、どいつもこいつも6×6カラーで、淡い色を出すことばかり考えている。
同じことをいかに多くの人がやっているか。
芸のなさが目立った。
逆に、フルヤンの弟の様に6×6のモノクロのほうが際立っていた。

酒しか売っていない屋台。ノンアルコールはラムネしか見なかった。
しかも自販機は閉鎖。

帰りにフルヤンの家に寄る。
スーパーで豆腐と納豆を買って、坂上の三井住友で金を下ろして豚飯食って大学へ戻る。

ゼミ。
残りは数回。
もう少し卒業制作に気合を入れねばならない。
このままでは間に合わない。

ゼミが終わると、中庭、廊下ともに空気が違った。
明後日から学祭だ。
皆、その準備に動き始めた。
明らかに昨日までとは違う。
実行委員の面々もあわただしく動く。
b0003143_1247558.jpg

活気に満ち溢れる夜。
メンバーにパーカーが配られた。
俺のはないそうで、ちょっとへこむ。
正式な実行委員ではないけど、一緒にやってきたつもりだったのになぁ。

渋さの準備のため、大豆鼓のメンバーが会場入り。
去年同様、使えそうな廃品を探す。

画用紙で、アラーキーが使うような眼鏡を作った。
b0003143_3273039.jpg
b0003143_3274662.jpg

学祭に向け、長く短い日が始まる・・・
[PR]

by ong-bak | 2004-11-04 18:21 | 写真日記


<< 1105:学祭前日      1103:へそ、ちょっと回復 >>