2004年 10月 28日

1028:通学路掃除

朝8時半に集合。
学祭実行委員で、近所の掃除。
地域密着をアピールするらしい。
メチャクチャ寒い。
ベンチコートを借りて着込む。
裏門からぐるっと回って駅の方へ。
意外にゴミは少ないが、タバコのフィルターが目立つ。
タバコを吸わない俺が、吸って道に投げ捨てるヤツの尻ぬぐいをしてやってるわけだ。
吸うならば最低限のマナーは守れ。
b0003143_112178.jpg

夏休みのレポートを書く。
俺は7月末からカンボジアへ行っていた訳で、本来はフォトジャーナリズムのナンダカの写真展を見てレポートだが、DAYS JAPANという本のレポートに変更。
後期の最初に出すよう言われたが、教授がぎっくり腰だの写真展なので、忘れていることをいいことにまだ書いていなかった。
しかし、書く内容がなくてすぐに挫折。

どうゆう訳か本日のゼミ参加二人。と研究生。
みんな何してんだ?

ゼミ終わって3研へ。
年長者ばかりがいる。
電気工事屋のアカイダさんも加わって、人質事件のニュースを見る。
「もう、首切られたか?」
「いや、まだっす」
進展はなし。
しんくん登校。
「ここは夜学みたいだな。日が暮れるとみんなやって来る」
アカイダさんがそう言った。
b0003143_1151642.jpg
確かに3研、夜行性が多い。
フルヤンなんて、日が暮れたら登校して、終電で帰って行く気がする。
[PR]

by ong-bak | 2004-10-28 21:34 | 写真日記


<< 日本語学校      スバエク・トム >>