2007年 02月 15日

0215:88%

今日は10時半からマルク(骨髄検査)。
落ち着かないでウロウロ。
b0003143_9373069.jpg
本と水持ってエアロバイクを漕ぎに行くが、最近若い人が増えて使用中。
10時半まで部屋の外を覗くのに顔を出したりして落ち着かない。

10時半、3回目の抗がん剤治療のメインイベント開始。
覚悟を決めて布団をどけて枕の位置まで調整して待っていた。
もう慣れて痛さはあんまりないと思うんだけど、テンションは下がる。
ドラゴンボールで言えば、結果生き返るんだけどストーリー上死んじゃうキャラクター。
火の鳥で言えば、後で結局生き返るんだけど死ぬ人。
そんな感じ。
横になって胸を消毒。
もう気分悪い。
またまた滅菌の布を被せられる。
これが浮き輪みたいな臭いで気持ち悪い。
いっつも、「オエッ」となる。
麻酔開始。
今回もさほど痛くない。
我慢できる。
ゆっくりと数本打って、効くまで待つ。
「それじゃぁ開始します」
胸にぐりぐりと力が加わるけど、麻酔してるから感じない。
「引きますよー」
そう言われてぐぐぐぐっと体内から引っ張られる感覚。
今回も終了。
麻酔を注入している間や、抜いている時の呼吸をどうすればいいのか毎回気になってしまう。
看護婦さんにテーピングしてもらって終了。
b0003143_9391383.jpg
「30分安静にしててくださいね」
え、忘れてた。
前回、自分にご褒美と、すぐにコーラ買いに行っちゃった気がする・・・

大人しくテレビ見て30分過ごす。
出血もないので安静解除。
でもなんか今回は痛くはないんだけどズキズキと波がある。
運動しないで大人しくゴルゴ読んでた。

昼飯かーと気が重かったが、木曜日で麺類の日だった。
今日はスパゲティ。
b0003143_9411875.jpg
午後、先生が結果を言いに部屋へ。
「骨髄の中の白血病細胞が、9割でした」
9割?
「9%でなくて90%の9割ですか?」
と驚いて聞いてしまう。
正確には88%だったらしいが、もうほとんどが悪性ってことだ。
さすがに驚くよ。
とにかく、もう移植しかないってことと、土曜日から抗がん剤の種類を変えて治療を開始してしまうとのことだった。
入院前が50-60%だったんだから入院前より悪くなってる。
しかも血液にまで白血病細胞行ってしまってるので尚更悪くなってるはずだ。
最初は「良くもなく、悪くもなく」の中リスクという部類だったそうだが、この状態だと悪い、高リスクになってしまったそうだ。

友香さんに電話して報告。
あんまり気分が優れないので布団をかぶって横になる。
体調はいいのに、そんなに中身はボロボロなのか?
正直あとどのくらい生きられるか?
このまま入院続けていつか苦しむのなら目の前の窓から飛び降りてしまえばすぐ終わるんじないか。
そんなことを考えてたらモヤモヤして全然眠れない。

電話が鳴った。
おかんからだった。
すぐに弟と来るという。
しばらくしてから来てくれと言って電話を切った。
気を取り戻してゴルゴを読んで落ち着かせる。
読み終わったゴルゴを戻しに行って新しいゴルゴを。
看護婦さんが女性週刊誌を貸してくれた。
b0003143_9501710.jpg
しばらくしておかんと弟が来た。
先生の時間をもらい、別室で再度ちゃんとした話を。
友香さんも来たので加わってもらう。
一通り話を済ませ、おかんと弟は先に帰った。
しばらく友香さんが病室にいてくれた。

さーてこれからどうしよう。
今まで通り毎日ダラダラと過ごすしかないか。
がんばってくれよ、体。
ドナー候補の241人さん、骨髄分けてください。
とにかくカラ元気で行きましょう。

夜のテレビが全然面白くない。
棚の置くからPS2を引っ張り出し、VAIOにS端子で映像接続。
前回のようにテレビチューナーを噛ましてないので、とりあえず反応速度は高い。
VAIOの入力ジャックに刺した三食ケーブルと、PSの音声ケーブルを接触させてみると、白のケーブル同士はどうも音が来るようだ。
紙テープで巻いてみるがどうも接触が悪い。
割り箸を折ってガイドにし、そこにテープを巻きつけると音が出た。
b0003143_9571868.jpg
これで今日から新兵器、PS2がやっと稼動します。
とりあえずメタルギアソリッド3。
b0003143_9593350.jpg
前回途中だった場所から進めないのでやり直す。
10時までやって、きらきら研修医を見ながら撃沈。
[PR]

by ong-bak | 2007-02-15 19:28 | 写真日記


<< 0216:PS2で気晴らし      バンテアイ・サムレ >>