エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 07日

0107:きもいきもい

病院食ダメ。
味噌汁一口で下げる。
天気は快晴。
波は少々あるようで、東京湾が白く見える。
日曜だからか?船数が少ない。
木更津の工場は見えるけどアクアラインは見えない。
午前の抗がん剤投与中の昼飯、臭いだけで吐き気。
おかんが水と新聞持って来てくれた。
ピザ食いてぇと看護婦さんに漏らしていたが、新聞にピザの広告が。
ああ、脂っこいもの食べてぇ。
おかんを駐車場まで送りがてら、旧館の売店へ。
風が強いのか、外の人影はまばら。
b0003143_21471282.jpg
さっきまで「俺の塩」食べたかったのに、「ごんぶと」見たら「俺の塩」は気持ち悪くなってきた。(結局両方買ったけど)
カップ麺類を抱えて顎で押さえ、飲み物のコーナーまで行くと、後ろからドタドタと足音が。
さっと避けようとすると売店のおばちゃんで、抱えていたラーメンを持って行ってくれた。
飲み物を選んで、もう一度うろうろしてると、また飲み物を預かりに来てくれた。
年賀状の返信用に切手を買う。
部屋に戻ってごんぶと。
b0003143_2149997.jpg
食い終わるとカンボジアつながりのヨシさんから電話。
タケオの常連さんだ。
以前、ばったりカンボジアの国境で会って一緒にシェムリまで行った。
タケオのおばぁちゃんが亡くなった事にえらくショックを受けていた。
俺の病名にも驚いたようだった。

アイスを食ってると大学の同級生だった中島君から電話。
3分後に来るとのこと。
大新垣さんと二人で来訪。
b0003143_21503039.jpg
友香さん来てくれたけど眠くて寝てしまった。
電話で目が覚める。
表記されたのは明らかに国際電話番号。
予想通りベトナムから、ナーちゃんだった。
フエで有名なビンジュオンホテルの従業員、トアンさんの妹で暖簾分けでサイゴンに開いた伝説の安宿「一期一会」の看板娘だった。
「一期一会」はガイドブックに載る前に口コミで広まり、皮肉なことにガイドブックに掲載された頃には営業をやめてしまった。
先日、サイゴンのナーちゃんの働いているととやに行った方が俺の現状を伝えてくれたらしく、年末くらいからメールが来てた。
電話番号を教えてね、と言われていたのだが、ベトナムから国際電話の料金を考えると申し訳なくて教えなかったのだが、催促されたのでメールしたら、わざわざ電話をくれた。

夕飯から食事停めて貰う。
白いご飯も気持ち悪い。

ウルルンでタイの犬の施設に寄付金1500万円集まったらしい。
タイでは超大金だ。
年末に報道された広島のドックパークの一件での使途不明金問題は、まるでカンボジアの縮図に感じた。
正当な利用を願う。
[PR]

by ong-bak | 2007-01-07 09:04 | 写真日記


<< カンボジアのおばぁちゃんの訃報      0106:気持ち悪くなる >>