2006年 12月 20日

1220:カンボジアから第三の刺客登場

夢は見なかったけど肌寒くて目が覚める。

頭頂部の毛根が腫れているようで、突起している。

爪を切る。
旅行中は爪を切るということが、一番現実的に時間の流れを感じるが、入院中も同じ。
切れ味悪い病院の爪切りな上、足の爪が巻き爪気味なので深く切れないので、通常2週間くらいで切るのだが、10日くらいで切ることになる。

昼飯、また「自分で作れハンバーガー」セット。
b0003143_21395319.jpg
オラーキュウリバーガーじゃーっ!
b0003143_21433027.jpg
オラートマトバーガーじゃーっ!
b0003143_21452654.jpg


カンボジアから第三の刺客登場。
帰国中のひろぽんがたっくんと和歌山から来てくれた。
たっくん、病室に着くなり
「ねーねー、DSある?」
って、アキラ先生と一緒かよ!(笑)
お土産にアンコールビールいただきますた。
b0003143_21552794.jpg
うえっへっへっへ。
退院したら冷やして頂きます。
グーグルーアースで盛り上がる。
ひろぽんも時間なくて、ちょっとしか喋れなかったけど、こうしてシェムリの皆が着てくれて感謝です。
本当に元気でるわ。
いつも通りエクトプラズム吐き出してもらいますた。
必ずカンボジアに戻って見せます。
b0003143_18582567.jpg
ひろぽん帰ってネット繋いだら青島幸男死去。
びっくりしたわ。

風呂の日。
風呂出てから風呂の回覧を返しにナースステーションへ持って行ったら、一人だけいた手の空いた看護婦さんが外泊から戻って来た患者さんの対応になってしまって、突っ立ってたら主治医の先生が回覧を取りに来てくれた。
それを見ていた戻って来た看護婦さんが「なんてことを~」と慌てていた。

TBSの亀田戦に対する宣伝が滑稽に感じていたが、やっぱり会場の座席は空席だらけ。
でも、前回より全然いいんじゃないっすか。
リングサイドにデーブがバッチシ映ってた。

今日は訃報が多い。
多すぎる。
青島幸男、岸田今日子、そして夜、カンニングの中島の死去を知る。
俺は骨髄性でリンパ性じゃないけど、同じ白血病で闘病してた。
カンニング竹山の切れ芸が好きだった。
なかなか復帰しないけど、来春復帰とネットで書かれていたので、待ち遠しかった。
芸人としてではなく、同じ白血病の患者して。
白血病ウイルス性肺炎で亡くなったらしい。
滅菌前後、俺も気をつけねばと思った。
先日、近くの部屋の白血病の患者が退院した。
面識はないが、同じような治療を続けていたようなので、ここ数日、まずはその人と同じように、退院して、通院で…と考えていたのに。
白血病を克服した人を挙げて「がんばれ」と言われるし、俺自身、渡辺謙のようなパターンでの社会復帰目指していたけれど、夏目雅子、本田美奈子など、一人の復帰者よりも一人の死者の方がショックを受けるよ。
次の滅菌、本当に気をつけよう。
[PR]

by ong-bak | 2006-12-20 12:01 | 写真日記


<< 1221:メインイベント      1219:とんこつラーメン >>