2006年 11月 08日

1108:横須賀徘徊

友香さんの朝飯、バターご飯。
b0003143_131352.jpg
あったかいご飯にバターを乗せるだけらしい。
北海道ではポピュラーだとか。

本格的に部屋掃除開始。
埃が舞い上がるからか、くしゃみと鼻水が止まらない。
一時退院する時に、病室の前に設置してあるマスクを一掴みして来たので、マスクをして掃除。

歯を抜いて1週間経つので、病院へ外来で行く。
中央駅までドリーム発見。
b0003143_1361475.jpg
座席を変えた日本仕様。
オリジナルのほうが全然いいのに。
ウェーブみたいに半帽入るメットインを早く装備してほしい。

病院でコンピューターの受付機で診察カードを通して歯科の前でPSPやって時間をつぶす。
あまり人いないはずなのになかなか呼ばれない。
隣にすっと白衣の人が立ったので見上げると主治医の先生だった。
どうやら歯科の次に先生のところへ行くのだが、遅くて様子を見に来たらしい。
終わったらすぐに行く旨を伝え、それでも歯科で呼ばれるのを待つ。
ところが、歯科の先生は外へ出て院内のどこかへ行ってしまったので、受付で聞いてみると、歯科はさらにここの受け付けに診察券を出さないといけないらしい。
「何分くらい待ちました?」
「30分です」
「すみません、先生往診に行ってしまったのですぐに戻るのでしばらっくお待ちください」
と言われ、そのまま待つとすぐに先生戻って来たので見てもらう。
傷口は順調に回復しているようで、消毒して終わり。
引き続き内科へ。
診察室の方へ行くように言われ、診察室へ。
静脈に入れ込んでいる部分の消毒。
でも先生、久しぶりなのか余り慣れていない様子で「昔はよくやったんですよねぇ」と言いながら消毒してくれた。
病棟に顔を出してヘパロックしてもらう。

先日から届いていたメールに
「いよいよ入院です。これから注射打って●●を●●(自主規制)して赤ちゃん産みます」
っていう内容のメールが、誰だかさっぱりわからなくて、携帯電話からの送信を偽装した迷惑メールかと思っていたら、高校の先輩、神田先輩だった。
てっきり10月中に出産してると思い込んでいた。
お見舞いに行こうかと思ったけど、まだ1時だったし、産婦人科の入り口がやっぱりある種普通の病棟と違ってなんか行き辛くて遠慮した。

久々の中央の街中をぶらぶら歩く。
ラーメン食おうと思って上海亭に行こうかとも思ったけど、その近くに行った事のないラーメン屋があったので行ってみた。
塩ラーメンを頼むと、スープにほのかな香りが。
ダシには魚を使っているのか?
ブラブラとどぶ板通りを歩いてダイエーへ。
b0003143_13104918.jpg
それでも少し息が上がる。
ダイエーから再び中央へ歩いて、電車で帰った。

帰宅してプロバイダに連絡して部屋のパソコンのメール設定を治してやっと復活。
今日はおかんが残業、友香さんも帰宅10時過ぎなのでそれまで必死に部屋の片付け続行。
50リットルのごみ袋、4袋の排出。
[PR]

by ong-bak | 2006-11-08 16:10 | 写真日記


<< 安田君へ      1107:ハイヤーで帰宅 >>