エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 10日

1010:発熱

朝日が綺麗だった。
b0003143_2226118.jpg
鼻くそほじってたら鼻血出た。
こんなんで血が止まらなくなって死ぬのはかっこわるいから慌てて鼻にティッシュを詰め込む。
久々に朝のニュース見て北朝鮮の核関連情報見ようと思ったらsakusakuの時間だったのでsakusakuを見た。
8時からとくダネ見ようとしたら、馬鹿キャスターが北朝鮮の核実験に触れることなく、週末に休みを取って野球を見に行ったというくだらない話をのらりくらり始めたのでスッキリに変更。
こちらではきちんと北朝鮮関連報道をしていた。
休み明けの看護学生が来た。
そろそろ断髪もしなきゃあかんから学生に頼んでおく。

抗がん剤の投与終了。
b0003143_22295081.jpg
これから抵抗が下がるので恐らく木曜の採血で滅菌になるだろう。
電気式のポンプも外れ、電源の要らない生活。

一昨日分の写真をUPしてると熱っぽいのでで熱を計ると37.5度。
すぐ呼ぶように言われていた体温なのでパソコン落として横になり再度検温。
37.6になってるので慌て大人しくして待つ。
流石にナースコールで看護婦さん呼んで熱が出たと伝えた。
先生がやって来て「統計上94%の人が熱出ますからね~」と言われた。
94%でほぼ全員じゃないっすか!
「そうですね。今まで発熱しなかった人、見たことないですね」
と言っていた。
すぐに今日の担当看護婦さんがやって来て採血の準備。
「お互い嫌なことは一回で終わらせましょうね~」
と言われたので
「すみませーん、チェンジお願いしまーす」
とお願いしたら突っ込まれた。
嫌々採血。
学生がシーツなおしてくれると言うのでマスクで外で待つ。
交換してもらって綺麗になったベッドは気持ちいい。
看護婦さんが解熱の抗生物質の点滴を持って来た。
薬の説明。
全てに効く薬はないのでまずはこれを入れてみるらしい。
もし合わなければ副作用が出るそうだ。
「副作用というと・・・?」
「熱がビュンンビュン上がります(ニヤリ)」
「すみませーん、やっぱりチェンジお願いしまーす」
「ダメです」
抗生物質投与して横になる。

一時は37.9まで熱が出て焦る。
なんとか37度台前半を維持。
午後までうつらうつらおとなしく寝て過ごす。
掃除の初めて会うおばさんが、並んでるパソコンと周辺機器を見て「研究者さん?こんなの初めて見た」と言っていた。
友香さん来てくれた。
何があったとか話したり、食べたいものを買ってきてもらって、だらだらと過ごす。
上野夫妻がお見舞いに来てくれた。
ご主人、一昨年の2月にカンボジアに行ったらしい。
俺いたじゃん!

夕方もうつらうつらして過ごす。
友香さんの引越し業者を検索。
赤帽って変な名前が多くて笑える。
なかなかいいのが見つからなくて、釣り好きそうな赤帽のサイトを見つけ、友香さんが電話をする。
都内から横須賀と告げると、第一声が「釣、行こうかな」だったらしい。
運転中だから改めてかけると言われたらしいのだが、すぐに電話があり、どうも近場の釣スポットを聞かれたらしい。
こりゃ脈ありだぞ。
面白そうな業者だ。

部屋できしめんをすする。
b0003143_2234252.jpg
今後はトイレでも菌が移る可能性があるそうで、ウォシュレットの使用令が出た。
タイやカンボジアで手動のは使ったことあるけど、初めての体験。
「角度と強さに気をつけて」
と言われたので、うまく設定していざスイッチON!
尻の辺りを水がちょろちょろ当たる。
やっぱり手動の方がいいようなぁ、そう思う。
乾燥ボタンを押したら、熱い風が尻を直撃。
うぉ!と、声を上げてしまった。
[PR]

by ong-bak | 2006-10-10 11:04 | 写真日記


<< 1011:親知らず痛い      1009:誕生日は病室で >>