エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 28日

0928:前兆

散歩にいつもの公園へ行くと、金色に輝いていた。
b0003143_151238.jpg
昨日の背中切った場所の消毒に今日も病院。
友香さんも一緒に来てくれた。
今日は今まで以上に早く呼ばれた。
診察室ではなく処置室へ行くと先生がいた。
消毒してもらってから、それとなく大学病院への紹介状を頼んでみた。
すると、やっぱりこれは皮膚科の病気ではないらしい。
話の口調からすると、どうも血液内科っぽい。
はっきりとは言わなかったけど、あまりいい状況ではなさそうだ。
こないだ「白血病ではない」ようなことを言われたことに関しては、言葉を濁された。
「もしかしたら、明日そのまま入院」
そう言われる。

今日の会計は安かったけど、昨日の分と合わせると安くもない。
病院前の八百屋さんにいた猫。
b0003143_156572.jpg
薬を忘れたので、持って来たおかんがいる教会へ。
おかんはクリスチャンで、怪しい教会ではない。
薬をもらって、牧師先生に挨拶。
一応、どうも白血病っぽいことを伝える。
牧師先生は、わざわざお祈りをしてくださった。
涙が出た。

今日はじいちゃんの命日なので、程近い良長院のじいちゃんの墓参りへ。
15年前の今日、俺が今行ってる病院でじいちゃんは死んだ。
土曜日だった。
家に帰ると弟がぽつんと俺の帰りを待っていた。
おかんとばぁちゃんは先に行っていたので、二人でタクシーで来いってことだった。
タクシーの運ちゃんはいい人で、慰めてくれた。

今日は友香さんは会社は休みだったので俺の会社の駅まで送ってくれた。
途中の景色を無性に写真に収めて京急に乗っていた俺。
b0003143_242678.jpg
b0003143_24317.jpg
b0003143_243746.jpg
b0003143_244230.jpg
空の色はすがすがしかった。

かばんにしまったと思って行方不明だったサプリ、品川のラーメン屋に忘れてたらしい。
ごめんなさい。
会社が終わって、友香さんがデジカメ欲しいと言っていたので現物を見にアキバのヨドバシヘ。
明日から入院だと、今日しかないと思ったから。
友香さんもやって来て、結論としてはファインピックスのF30がいいんじゃないかってことに。
いざ帰ろうかとなると、明日の朝、言ってもいいか?と聞かれた。
都内から朝一で横須賀まで来てもらうわけにもいかないので、今日も泊まってもらった。
[PR]

by ong-bak | 2006-09-28 07:54 | 写真日記


<< 0929:敵の名は白血病      0927:骨髄検査 >>