エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 06日

0706:夏のにほい

鏡で昨日の目にできたデキモノを見たら、アロンアルファを垂らしたみたいなポッチになってた。
大津駅の工事ももうすぐ始まるはず。
b0003143_21134760.jpg
見慣れたこの景色も、春には若干変わるのだろう。
ハナサンの住宅跡がさっぱりと更地になってしまったが、マンションでも建つのだろうか?
b0003143_211341.jpg
教習所に通いはじめてから、週1の8時に家を出ていたのだが、週3に増えた。
明日も教習だから10時まで家でダラダラしてられるのは今週では今日だけ。
今週の頭から何度も撮影していた写真は結局デジカメで撮影した。
そのゲラができて、デスクに「いいじゃないですか」と言われる。
デザイナーさんの力である。
今までたぶんいちばん大きく使ってもらったのは、記憶にある限りだとトムクルーズかジャミロクワイだと思うし、アサヒカメラで巻頭に載せてもらった時も、1ページに2枚掲載だったのでさほど大きくはなかった。
しかし、今回はどーんと丸まる1ページの大きさ。
写真内容はそんなにスゴイ物ではないが、この大きさだとちょっと嬉しかった。

帰宅すると今年も出したフジフォトの落選通知。
相変わらず公募展はスベリまくっております。
ここしばらく姿を見せなかった月が雲の間に見えたので、三脚担いで10分程歩いた山の上の新興住宅地へ。
夏のニオイが1日1日つよくなっている。
数カ月来ないだけで新築の家が増えている。
展望台に三脚を据え、町を見下ろす。
夏だから、木が覆い茂っていた。
背後からは、カエルの泣き声がゲコゲコと響いていた。
バイクのエンジン音がたまに響くのと、山の中腹の民家から漏れる人の声を除けば、静かだった。
時折踏み切りの音が鳴り、京急が視界を横切ってゆく。
海沿いに10年程前に建てられたマンションが居座り、その奥に猿島、東京湾が広がっていた。
右方向には、海上に浮かぶ工事船が浮かんでいた。

今日の通勤動画、「リンダ リンダ リンダ」。
女子高生が学校の文化祭でブルーハーツをやることに。
ボーカルがいなくて、目の前を偶然通りかかった韓国人留学生を誘い込むという映画。
歌モノはいいねぇ。
個人的に注目なのは、ブルーハーツの歌が挿入歌として出てくるだけあって、先生役に起用されているのが、ブルーハーツの甲本ヒロトの実弟であり、俳優の甲本雅裕
みなさんご存知でしょ?
え?知らない?
「踊る」に毎回出てる凸凹警官コンビの片方ですよ。
顔みりゃ解かるでしょ、この人
あ〜!と思った人、どれくらいいるんだろ。
b0003143_21195472.jpg


池田町1丁目 PM10:49
[PR]

by ong-bak | 2006-07-06 23:54 | 写真日記


<< 0707:星に願いを      0705:将軍様がミサイル打っ... >>