2004年 10月 10日

1010:タイからの手紙

b0003143_0383756.jpg新宿へ行こうと家を出る。
うちは駅から近いのが自慢だ。
徒歩2分である。
電車が来る5分前に家を出れば余裕で間に合う。

駅に着くと、でっかく「上大岡-横浜間不通」と書かれている。
マジかよ。昨日の台風そんなすごかったの!?
ホームの脇の民家のテレビアンテナがひんまがっていた。
仕方なく汐入まで普通で行き、横須賀駅まで歩く。
横須賀駅は心なしか混んでいた。
横須賀の人間の多くは京浜急行沿線でJRは使用しない。
三浦半島からだと、京急の方が早くて楽だ。
快速車両は座り心地いいし。
横須賀発新宿行きの湘南新宿ラインに乗る。
直で新宿まで行けるのは助かる。
二階建て車両だが、居住性はひどく、足を伸ばせない。
飛行機のエコノミー以下だ。
普段使わない鉄道会社って、違和感覚えませんか?
普段は京急メインなので、京急の車両や景色が自分の中の標準となっている。

夕飯は、新宿のタイラーメン屋でバーミナーム(黄色麺)を食べた。
麺も、叉焼も味は日本。まずくはない。
タイで60円のラーメンが日本では525円だ。
タイの物価は1/3くらいなので、180円が適正価格?

家に帰る頃には京急復旧していた。
新宿駅の改札のおねーさんが教えてくれたので、いつも通り品川から京急で帰る。
品川から始発の快速に乗れたので快適。

家に帰ると、タイから書き留めが届いていた。
アンからだった。
中にはCDと「誕生日おめでとう」というメッセージと、缶バッヂが入っていた。
純粋に嬉しかった。
CDは、7月のアユタヤに行った時のデータが収められている。
先日のクラッシュで消えたデータの一部だ。
アユタヤから戻って、カオサンのネット屋で1枚焼いて渡しておいて助かった。
アユタヤで過ごしたみんなの思い出が蘇る。
子供の頃、おかんが勉強しろとよく言った。
「人間は翌日には覚えたことの大半を忘れる。その翌日にはさらに忘れる。だから繰り返し勉強しろ」と。
収められたデータを見るまで、忘れてしまっていたこと、たくさんあった。

デジカメは小型化して普及した。
たった数年で旅行者も持ち運ぶくらい、爆発的に増えた。
東南アジアでも、ネット屋でCD焼き込みサービスをやっているところが多い。
思い出は胸にしまっておけるけど、色あせてしまう。
でも、デジカメで撮った写真は、鮮明に記憶を蘇らせた。
人間の記憶って、曖昧で、自分に都合のいいように改ざんしてしまうのだなぁ。
[PR]

by ong-bak | 2004-10-10 12:17 | 写真日記


<< 1011:バイト復帰      1009:誕生日 >>