2006年 05月 19日

0519:ギャバン

いつもより早く出て駅へ。
ネコが悠々と非常階段からホームへ登っていた。
b0003143_0242398.jpg
ギャバンの赤を買ってみた。
赤いから勝手にシャリバンを連想しちゃう俺。
b0003143_030484.jpg
ギャバンといえば、もうすぐPS2で「宇宙刑事魂」という、なんともピンポイントなゲームが出るらしい。
「宇宙刑事シリーズ」ってのは、東映の変身ヒーローで、○○戦隊○○レンジャーみたいなもんですわ。
子供の頃、就寝時間が7時半と、メチャクチャ厳しかった俺は週に1回だけ8時まで起きてていい日があり、それは金曜日にしていた。
ドラえもんを見た後、ギャバンを見る・・・それが週一の唯一の楽しみだった。
だから、「大長編ドラえもん」の日なんて、途中で強制的に終了ですよ。
全員集合も、タケちゃんマンも見たことがなかった。
正直ギャバンの内容なんてほとんど覚えてないんだけど、今でも鮮烈に最終回だけは覚えている。
最終回だから苦戦するのよ、ギャバンが。
それがもうダメだって時に、なんと!次週からの新番組のヒーローが助けにやって来たんだわ。
子供心ながらこれはスゲーと思ったわ。
いくらヤッターマンで「来週からはボクちゃんたちが主役よ~ん」なんてボヤヤンが言ったって、実行されることはないけれど、ギャバンは実行して翌週からシャリバンが始まるんだもん。
ウィキで調べていたら、「ポール・バーホーベン監督の『ロボコップ』に多大な影響を与え、ハリウッド側は宇宙刑事シリーズへの配慮と著作権問題摩擦防止の為、製作に当たって東映に断わりを申し出ている。」
ロボコップのモデルだったのかギャバン。
ウィキも調べると痒いところにまで手が届くことがたくさん載ってて飽きないわ。

金曜日で定時で帰れるかと思ったら、20枚もの出力が。
しかも1台のピクトロ(銀塩出力できる機械)に同時に3人で数十枚も出させるから、出るもんも出てこない。
しかもモニターの色とプリンターが全然合わないから色も汚い。
デスクがビールの差し入れをしてくれたので飲みながらやるが結局月曜に持ち越し。

本日の通勤映画、サマータイムマシーンブルース。
去年イチオシだった、「踊る」の本広監督の傑作映画。
ヒロインである上野樹里よりも、真木よう子の眼鏡に★★★★★!
[PR]

by ong-bak | 2006-05-19 23:55 | 写真日記


<< メディア価格破壊進行中      0518:リベンジ焼肉屋 >>