2004年 10月 06日

1006:何もしない1日

10時くらいに目が覚める。
昨日のデータコピーをする。
データをコピーする外付けHDの片方が別売りのACアダプターを装着しないとUSB2.0にならないのでえらく時間が掛かる。
息抜きに近所のセブンイレブンへ。
タイのセブンイレブンと違い、広く明るい。3倍は広さがある。
頼まれたパン買って外へ出ると、綺麗な秋晴れだった。
b0003143_18252947.jpg

本当はバイト先へ行って写真を出力するつもりが、全てがめんどくさくなりやめる。

夜、帰宅した時に玄関に山積みになっていた文庫本を売りに車でブックオフへ。
古い大型書籍はまったく買い取ってもらえず、50冊ほどあった文庫本でしめて2000円ちょっとになった。
待っている間にゴルゴ13を2冊買った。読み終わったら今度カンボジアへ持って行こう。
なぜかアジアの日本人が集まる場所にはゴルゴが多い。
以前は読んだことがなかったが、今はすっかり読み漁るようになってしまった。

その足で深夜営業している大型スーパーへ。
運良く本屋がまだ開いていたので旅行中に発売されていた本を購入。
1冊は浦沢直樹の「プルートゥ」。「鉄腕アトム」のリメイクだ。
「20世紀少年」の新刊はまだ出ていなかった。
ビールをおかんと買い込む。
タイでは80円のシンハーが315円もした。
b0003143_2127027.jpg
冬麒麟が出ていたので冬麒麟にする。
おかんは最近のはキリンにしたようだ。以前はアサヒだったのだが。
新しく出た発泡酒は、うまくないと言い切っていた。
モルツは以前から水を変えて、赤城や丹沢などの自然水でビールを作っていた。
コンビニなどでも売っているのだが、ケースで卸す時、ひとケース全てが「赤城」だったり「丹沢」で、店によっては一種類しかなく、飲み比べなど全くできない。
そもそも流通方法が間違っている。
4種類あるのだから、1ケースに別々の4本パックで販売すればいいのに。サントリーってとてつもない馬鹿な会社だと思う。
さて、このモルツなのだが、家に帰っておかんと飲み比べをした時、うまいまずいは別として、はっきりと味が違う別物であった。
片方は切れがよく、片方はまったりとした風味だった。
[PR]

by ong-bak | 2004-10-06 10:49 | 写真日記


<< 1007:久々の大学(2ヶ月半ぶり)      1005:日本へ >>