2006年 01月 03日

0103:シャアがいっぱい

我が家におせちの習慣はない。
食った覚えもない。
というか、偏食なため、食いたいとも思わないし、見たいとも思わない。
作っても食わないので、作らない。
俺は伊達巻だけが好きなので、正月は伊達巻とカマボコだけ出てくるが、カマボコなんて味もそっけもないので食う気にもならない。

農家4日目。
b0003143_23394151.jpg
もう、節々が痛い。
つーか、頭痛いんだけど。
風邪の前兆か。
やばいやばい。
気が重い中、今日もカブを投げ込む。
今日は昨日よりも水揚げの人数を減らしたのだが、今日の水揚げの人間が早い。
鬼のように早い。
午前中の終わりには、カブのストックがなくなり、全員で畑へ。
カンボジアでもないのに、トラックの荷台にへばりついて、高台の畑へ。
東京湾が一望できる。
風は冷たいが、空は青く、陽は暖かかったが、午後には雪が降り出し、洗い場で思わず笑った。
午後も相変わらず水揚げ早すぎ。
シャア専用が5人もいる。
コンテナいっぱいのカブをふたすくいで洗い機に放り込んでも、あっという間に水揚げされてしまう。
やってらんねー。
畑の作業がどうやったら早くなるかという話になり、
「女の子一人連れて行ったら意識して作業早くなるんじゃない?」と言ったら、
「すんません、そのアイディア採用させてください」なんて会話に。
もちろん実行してないけど。

駅前のスーパーで福袋売っていた。
b0003143_23395238.jpg

同じ横須賀でも、久里浜から南下するとまた違った光景だ。
津久井浜の駅前は、景色も寒々しかった。
[PR]

by ong-bak | 2006-01-03 21:37 | 写真日記


<< 0104:農家終了      0102:仕事の内容 >>