2005年 11月 10日

1110:鼻からコーヒー牛乳

夢を見た。
とりあえず場所はカンボジアらしい。
自分のバイクに乗って、ガソリン給油してた。
でもなぜか景色は日本。
相変わらず俺の夢はよくわからん。
子供の頃、熱を出すと必ず見る夢が、「鼻からコーヒー牛乳を噴き出して推力を得て、空を飛ぶ夢」。
空を飛ぶと言っても、地上数十センチを滑空するだけ。
夢なのに、鼻がコーヒー牛乳臭くて嫌だった。
しかし、ここまでカンボジアを見ると、こりゃぁもう病気だ。

パスタが食いたい。
ペペロンチーノでも作ろうと思ったら、物入れにきのこの缶詰があった。
b0003143_123128.jpg
麺の方は、多目のつもりで作ったが、超適当に茹でたので馬鹿盛り。
その上に暖めたきのこの缶詰ぶっかけて、さらにバジルを入れたが、バジルは一気に掛かってしまった。
あまりうまそうではない、ぶっ掛けパスタ。
b0003143_135160.jpg
昨日の「音」を探そうと、山の方へ。
犬の散歩も兼ねて。
神社の前に停まっていた自転車。
b0003143_145223.jpg
俺も子供の頃乗ったわ。
鉄人28号のこーゆー自転車。
ハンドルの真ん中に、鉄人の顔が載ってるの。
坂の途中で馬頭観音を見つけた。
b0003143_143479.jpg
今まで知らなかった。
ガードレールにくくりつけられた横断旗。
b0003143_15632.jpg
これってすぐに全部なくなるんだよな~なんて思い出だす。
さらにキツイ坂を登って山の上の新興住宅へ。
俺が小学生だった頃は、この辺りには段々畑が広がったりして、ザリガニを捕まえに来たっけ。
ちょうど住宅の辺りは山だった気がする。
幼稚園の脇から山を登って、昔の将軍の墓の脇を抜け、戦時中の監視塔のような建物があったりして、山を抜けたら今の住宅地の辺りに出た。
新興住宅地は、数年前よりもその範囲を広めていた。
小さい子供のいる親を見ると、よく家を建てたと関心する。
自分とさほど年齢の変わらない人間が日本で家を建てるなんて。←カンボジアならがんばれば俺だってなんとか家は建てられる。
同級生も、こないだ新築のマンション買ったしなぁ。
お気に入りの場所、展望台から町を見下ろす。
パナホームの現地事務所の隣だということが気に食わないが。
今日は天気がよく、木更津から東京湾の中ほどにまで延びる横断道路の地上部分が見えた。
このような形で見るのは初めてだった。
その姿は、巨大な蛇のようにも見えた。
ベイブリッジ、つばさ橋と巨大橋脚も見渡せる。
b0003143_1115376.jpg
山を降りると、ちょうど公園に犬が集まる時間だったので、さらに歩いて隣町へ。
3キロの小型犬の割には、散歩好きのようで、絶対に歩くのを止めない。
今日は公園に20匹近くの犬が集まった。
結局散歩2時間半。
夜はFF-X攻略に精を出す。
もう少しで終わりそうでまだ終わらない。
終わってもFF-X2が待っている。
[PR]

by ong-bak | 2005-11-10 22:12 | 写真日記


<< 1111:海老バーガー      1109:家を建てるならやっぱ... >>