2005年 11月 06日

1106:大アンコールワット展

横浜そごうで開催している大アンコールワット展へ。
14時からの石澤先生のギャラリートーク。
時間が過ぎるごとに人が増え、ゲルマン民族大移動状態。
今回の展示品の多くは、プノンペンの国立博物館の、地下倉庫に保存してある、通常非公開のモノらしい。
国内での展示は、戦後と5年ほど前の上野でやったのと、今回が三回目だそうだ。
トークが終わって改めて鑑賞。
展示品の多くは小・中規模な仏像、神像。
リンテル少々。
明らかにサンボール・プレイ・クック様式と、プレイ・クメイン様式。(←これだけは区別がつく俺)
これでコーケーの猿の彫刻とか、チュマールの千手観音なんてあったらスッゲェーんだけど、そうはいかない。
展示品の中に、コーケーから出土したシヴァ神の左手があった。
b0003143_1224258.jpg
プラサット・トム出土になっている。
これって、こないだコーケーのプラサット・クラハムで、警官が教えてくれたシヴァ神の壊れた彫刻の手じゃないの?
図録を見ると、コーケーのプラサット・クラハムからの出土と明記されているが、それでも「プラサット・トム出土」になっている。
意味不明。
つーか、現地にまだ腰とか腕の一部放置してんじゃん!
b0003143_1225525.jpg
b0003143_123166.jpg
早く回収してーーーー!
盗掘されるぅぅ。
メコンのサンボールの出土や、トロペアン・ポーン出土など、行った事のあるマニアックな地名が連なる。
最後の方に並んでいた、ブロンズの銅像にはなぜか興味がない。
やっぱ石ですよ、石。
また資料として、図録と季刊文化遺産を購入。
季刊文化遺産には、ベン・メリアに関する資料が掲載されていたので買った。
b0003143_1273036.jpg
その足で宝町で降りて、京橋のギャラリーへ。
みかさんと角田くんが出品している合同展へ行く。
行ったら角田くんがいたけどみかさんはいない。
今、長崎にいて、飛行機が飛ばないらしい。
でも7時には来るそうだ。
簡単なパーティ。
亀がいた。
b0003143_1255457.jpg
亀が亀のぬいぐるみを背負って歩いていた。
ジローも来た。
ワインを頂く。
みかさんから電話。
飛行機がないから長崎から新幹線で博多まで出たらしい。
それで福岡空港から飛んで来るそうだ。
同じ国内で、遠距離で電話で話すのには違和感がないのだが、これからやって来るということにはちょっと違和感がある。
しかも2ヶ月前に行った福岡だからなおさらだ。
何時の間にかしんくんも来ていた。
b0003143_1263539.jpg
会場の方に頂いた、赤のスパークリングワインがウマい。
泰ちゃん、山根も来た。
卒業したばかりだからか、まだ会う機会が多い。
これからどんどん減ってしまうんだろうななんて思う。
7時過ぎて、ジローと先に帰る。
みかさんも羽田に到着。
品川で待ち合わせ。
ジローと品川の「エキナカ」でラーメンを食って、改札でみかさんと会う。
荷物は鞄一個。
とても飛行機で福岡から来たようには見えない。
疲れきった顔をしていた。
頼まれてた10Dを貸す。
「20Dと違う?」みたいなことを聞かれたので、「作業効率3割くらいあがってるよ」と答えた。
通常の3割増し…3割と言えば…
「10Dがただのザクなら20Dはシャアザク」
ああ、言っちまった。
「DM渡した?」と、今月末の個展のDMをジローに渡すみかさん。
それを受け取ったジロー、
「…焦げてる」
b0003143_1271448.jpg
ジローは先に帰り、みかさんとエキナカ。
あまりにも鞄重そうに持っているので(←コンタックスのGとマミヤ6が入ってた)、持つ。
「重いよ…」と言われたが、そんな前と後ろにバックパック背負って旅してる俺から見ればたいしたことない。
「俺なんか、前と後ろで30キロ担いで移動してんだよ!そう…バリュードのようにさぁ!」
「あはははは」(←知ってるのか?)
バリュードと言えば、MK-Ⅱのフライングアーマーにバリュードを切り裂かれ、「アメリア!」と言って大気圏でマラサイごと燃え尽きたカクリコンしか思い浮かばない俺。
お茶して帰る。
帰りの電車で眠くて、本読んでたけど寝て、起きてまた本を読んだ。
家に帰って、みかさんが席を立った時、勝手にみかさんのデジカメですっげぇ変な顔で勝手に写真を撮ったのを消し忘れたことに気付いた。
ま、いっか。
気付いたら消すか。
[PR]

by ong-bak | 2005-11-06 23:34 | 写真日記


<< 1107:サイバーショット欲しぃ      1105:三丁目の夕日 >>