エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 02日

1002:西バライへ

今朝も寺へ。
朝飯を求めてシボタ通りへ。
コニカ向かいのリリーが休みでさらに南下すると、1$~ショップの「NOBU」の脇にラーメン屋ができていた。
黄色麺もあったのでここで食べることに。
しかも、肉だけでなく海老まである。
こりゃたまらん。
もちろん海老ラーメン。
b0003143_1342887.jpg
2$とか取られるかと思っていたら3500Rだった。
タケオに棟梁が来てた。
b0003143_13561.jpg
ベトナム人のおっさんで、奥さんはクメール人らしい。
タケオを両方共、建て替えたのはこの棟梁だ。
こっちに気づくと、「おおおおーーーーー」と近寄って来た。
「シンチャオ!」とベトナム語で挨拶をする。
バイクも新しいドリームになっていて儲かっているようだった。
お盆でモロが休みなので、バッタンバンに行かないガチャピンとシーナと新谷さんとバライへ。
バライの堤防への入り口で、巨大な給水塔発見。
日本の支援での建築だった。
バライの堤防を登ってからバライを水平に走る。
相変わらず水溜りだらけ。
バライの西南隅へ。
まだ午前中で早い時間だから人が少ない。
静かだ。
b0003143_1353422.jpg
でもお盆だから人が押し寄せてくるだろうとのこと。
ここらへんの名物、鳥の丸焼きを頼む。
b0003143_136420.jpg
ビールも飲むが、変なところに入って気持ち悪くなり、少し横になった。
着替えて泳ぐ。
青空が広がっていたが、東側はみるみる雲に覆われる。
雨が降っているのが見える。
対岸のプノン・バケンも霞んできた。
雷が鳴っている。
男の子が合流し、彼も泳いでいた。
風が変わった。
雲がこっちに流れてくる。
荷物を整え、バライを出る。
国道を西に、シェムリへ向かう。
大粒の雨が体に当たる。
まぶたに当たると結構痛い。
市場の前でエンジンストップ。
やはりおかしい。
新谷さんが追いついたので、女性を先に戻し、あんちゃんだけ残ってもらう。
すぐ近くの修理屋へ。
しかし、留守番をしていた娘が言うには、プォック村に行ってるとのこと。
隣の市場に修理屋があると聞き、あんちゃんには申し訳ないが1キロほどバイクを押して市場へ。
修理屋で見てもらうと、プラグをガソリンで磨いて付け直すだけでエンジンのかかりがよくなった。
雨もやみ、あんちゃんを後ろに乗っけて送り届ける。
シャワーを浴び、だらだらすごす。
昨夜は2人だったドミが7人に増えていた。
バイクの調子もあるが、全然写真を撮れていない。
このままじゃダメだと思う。

お食事に誘われたので、手ぶらではと言うことになり、ソフィテルの半額ケーキを買いに行く。
b0003143_1364120.jpg
最高級ホテルなので、一応着替えて行った。
散らし寿司とおいなりさんをご馳走になりました。
b0003143_137611.jpg


本日のマンチ
b0003143_139582.jpg
気持ちよさそうにひなたぼっこ。
b0003143_1392633.jpg
新しい眉毛、描かれました。
[PR]

by ong-bak | 2005-10-02 19:01 | 写真日記


<< 1003:ワット・アトヴィア      1001:3年ぶりの再会 >>