2005年 08月 20日

0820:5年振りの祭

天気は晴天。
b0003143_2223943.jpg
いい祭日和。
久々に弟が帰ってくる。
家で会うのは数年ぶり。
祭だから神輿を担ぎに帰ってきたらしい。
初めて会うさくらは、ぎゃんぎゃん吠えていた。
とりあえずひざに抱かれてはおとなしくしてたけど、出て行く時は玄関まで追っかけて吠えまくっていた。
b0003143_22235167.jpg
大学時代、この時期は全て東南アジアだったので、実に5年ぶり。
午後になって、晩飯の食材を頼まれて買いに行こうとしたところ、おはやしが聞こえてきたので裏通りへ行くと、ちょうど流し踊りがやって来た。
しかし、踊っているのは大人5人のみ。
b0003143_2228651.jpg
つくづく縮小傾向なのを実感する。
俺も、昔は山車で太鼓叩いたり、神輿を担いだりしてたけど、どうも祭に積極的に参加する人間は、その閉鎖的な空間で自己主張しているようにしか思えない。
しまいには、町の人間が減って、節操もなくよその町に繰り出して神輿担いで馬鹿騒ぎするだけの連中に飲ます酒代を、「祭の寄付」と称して家に集めにやってくる。
駅前に停車していた山車の隣で、既に酔っ払って顔を真っ赤にしている弟発見。
ホドホドにするように注意をしておく。

撮影のため、渋谷へ。
うっかり家を出る時間を間違えていて、慌てて経路検索。
湘南新宿ライン利用で1時間1分で行ける。
車内では、PSPでローレライ鑑賞。
ちょっとの光で液晶みずらくなるのが欠点か。
現場に着くと、思った通り、撮影は30分過ぎだった。
万が一早くなるかもと思ったが、大丈夫だった。
無事撮影して帰宅。
渋谷滞在45分。
帰りはJRの横浜駅だけが停電していた。
b0003143_22345520.jpg
横須賀に戻ると、駅前で弟が太鼓を叩いていた。
家に帰って晩飯の食材を買いに行くついでにおかんを誘って駅前へ見に行く。
おかんが弟見ている間に生協で買い物して、ついでに酒も買って、酒飲みながら弟を見て帰った。

日が暮れてから神社へ。
b0003143_22461852.jpg
祭りだし、誰かに会うかな、と期待していたが、会ったのは2人だけ。
神社もやはり以前よりも寂しく見えた。
[PR]

by ong-bak | 2005-08-20 22:22 | 写真日記


<< 0821:祭のあと      0819:ローレライ、再浮上! >>