2005年 07月 12日

0712:お盆

今年、初めてセミの泣き声を聞いた。
夏だ。
いつもは夏いないから、夏、夏、夏とがっつくが、今年は出かけないからか、あまり夏の実感がない。
でも、夏は8月の20日まで。
1年のいちばん好きな季節はあと1ヶ月ちょっとしかない。
そう考えると、1日1日がもっと大事にしなければいけないと思う。

いつも行く公園。
数日前から町内会によって占拠されている。
b0003143_144491.jpg
理由は祭の準備。
祭りの準備って、盆踊りのやぐら組むだけじゃないかと思っていたら、もうやぐらもできて、テントももう建てて、準備OK。
b0003143_1444682.jpg
その祭りがいつかというと、24日!
まだ12日もあるんだけど!
しかも雨だったら翌週に順延だから最悪18日もある。
ちょっと長すぎじゃないの?
公共の公園を独占しようするの。
これは、市もおかしいと思う。
申請された通りにハンコ押して許可出して。

お盆なので寺に卒塔婆を立てに行ってくれと言われ、休みにしておいたら、ばぁちゃんが「私は遅いから先に行く」と言い出す。
え、ばぁちゃん行くの??
俺が1人で行って掃除して卒塔婆換えるつもりだった。
先に行かすのも心配なので、1時に一緒に行こうということにして、写真を焼く。
先日焼いた写真、一部乾燥したらダメだった。
別にペーパーで写真は見ねぇだろ、内容で勝負だべ、と思ったのだが、審査員の名前を見て、ちゃんと焼くことにする。
ダメだったプリントも、データがあったのですぐに一発で焼直せた。

1時過ぎ、バスで中央へ。
大滝町まで行けばお寺まですぐなのだが、50円安いという理由で中央駅前で降りる。
ばぁちゃんが歩くと言っているのでいいのだが、大丈夫なのか?
ゆっくり商店街を歩いてお寺へ。
お寺の入口には臨時の花屋までいて、境内は人で溢れていた。
b0003143_1452769.jpg
卒塔婆がまだ並んでいないのでお線香を買って、お墓へ。
途中、ばぁちゃんのお姉さんのお墓の前を通って、お線香を備える。
しばらく誰かが来た痕跡はなかった。
うちの墓は、最上段なので、年寄りにはキツイ。
b0003143_146979.jpg
じーちゃん、こんな上に建てて、自分はもう入っちゃったから。
バケツに水を汲んで持って行く。
墓石のてっぺんから水を流し、たわしで擦る。
墓石にこびりついていた虫の死骸やゴミ、糞、コケなどを綺麗に落とす。
バケツ2杯でも足りないくらい磨いた。
初めてお隣さんと会う。
卒塔婆を取りに一度降り、再び戻る。
卒塔婆を入れ替え、綺麗にした墓石の上から水を掛けた。
ばぁちゃんが、今年が最後になってしまうのを悟っているような雰囲気だった。
b0003143_1473660.jpg

そうならないでもらいたい。
まだまだじーちゃんは呼んでないよ。

また暗室作業。
使っている液量が2リットルだからか、すぐに酸化する。
現像液を新しくし、もうひと踏ん張り焼いた。
[PR]

by ong-bak | 2005-07-12 21:02 | 写真日記


<< 0713:調布飛行場      0711:いろんなプレミア >>