エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 18日

0618:ダースベイダーがいっぱい

b0003143_1426360.jpg
成長早くない?

スターウォーズの試写会取材。
夕方からでいいと言われたが、午前にコスプレ取材があった。
ダースベイダーや、ストームトルパーがわらわらやってくるのではと思い、午前中から取材へ。
11時半受付なのに、11時前に着いたら、もうコスプレ集団がいっぱいる。
ストームトルーパーが10人異常いる。
銀色のC3POが動いてる。
どうやってあれ、中に入っているんだ?
初期のガンプラのように稼動部分が少ない上、目が光っているので恐らく前は見えないのだろう。
したくてしているのではなく、稼動部分が少なすぎるから映画と同じような動きしかできない。
「ジャバに捕まってしまってとっても恥ずかしい衣装を着せられているレイア姫」のコスプレをしているねーちゃんがいた。
肌の露出度8割。
でも、それだけギリギリさらけ出しているのに、何でストッキングを履いているの?
とりあえず受付を済ませ、撮影を開始する。
同時にコスプレ軍団が引き上げ始める。
えー、何で?
ダースベイダーにカメラを向けたらガッツポーズしてくれた。
コスプレ軍団は一般客ではなく、ファンクラブの人間らしい。
1回目の上映終了後にまた出てくると言うので、2回目のチケット交換する人の様子を撮影し、待つ。
いいなー俺も見てーなー。
b0003143_14262688.jpg
ホールで充電中のR2D2発見。
1回目の上映が終わってしばらくすると、ダースベイダーを先頭にストームトルパーが行進してやって来た。
整列するが…ストームトルーパーの身長差がかなりある。
クローンじゃないの?ストームトルーパーって。
ぞろぞろとベイダーもやって来た。
体型と頭の大きさが全員違うんですけど・・・
胸の辺りのアナログな機械はちゃんと点滅を繰り返し、「コシュー」というベイダー卿の息遣いが聞こえる。
さらに、ルークやらレイア姫やら、親衛隊やら、クイーンアミダラ、親がファンでコスプレやらされちゃってるんじゃないの!?ちびっこ集団登場。
もう、何がなんだかわからない。
ジャンゴフェット親子は二組くらいいるし。
ベイダーやストームトルーパの、仮面系はそっくりなのだが、顔出し系のコスプレはどうも似ていない。
整列の時に、「いい者、顔出し系はこっち、トルーパー系はこっち」と指示が出ていた。
そんな中、階段の下にストームトルーパーが1体移動した。
仮面を外して出てくるのはトルシエの通訳。
取材していいらしいのでテレビ取材の脇から撮影。
1年半前からファンクラブに入っているとか。
「コレを着ると、心がダークサイドに染まります」
レポーターに「何か野望はありますか?」と聞かれ「野望?ダークすぎて言えない」と言っていた。

渋谷での取材があるので渋谷に移動。
地下鉄乗り継いで渋谷へ。
撮影を済ませて有楽町へ戻る。
朝と違って、夜のレッドカーペット撮影にいつもの人たちが来ていた。
今日はくじ。
あんまいいばんごうではなかった。
1時間ほど待たされると、またコスプレ軍団登場。
集合写真を撮影する。
ストームトルーパー系は階段にずらっと並び、ベイダーも横に並ぶ。
顔、体型の違うベイダーが総勢5人。
こりゃ最強だわ。
b0003143_14301543.jpg
R2D2整備中。
レッドカーペットは、ストームトルーパーの精鋭とベイダー1人、C3POとラジコンで動くR2D2がお出迎え。
動くR2D2を見て大喜びの報道陣。
みんな携帯カメラで撮影する。
「かわいいーーーー」
試写会を見終わった通りすがりの女性たちが、次々に携帯カメラをR2D2に向ける。
ストームトルーパーはVIPが来ない時はマスクを外したり、スプレーの涼感剤を間接に吹き付けた酸素を吸ったりして、大変そうだった。
やはり見たかったけど見せてくれない。
でも、テレビの人間は、数人で来るから、うまく入り込んだのもいるらしい。
いいなぁ、チクショウ。
撮影予定の半分もレッドカーペット来なかったが、上映後の取材OKな人間も欲しい人がいないので、見たいのに見れないの悔しいし、必要な人間で来た分は抑えたので帰る。
[PR]

by ong-bak | 2005-06-18 23:44 | 写真日記


<< 0619:蛍      0617:ゆっくりトイレ行かして >>