エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 11日

0611:喜多村姉弟と飲んだ

「明日の仕事、昼までに連絡します」と待って連絡がない。
メールを見たら「ごめんなさい、ナシです」とメールが。
撒いた種、もう芽が出た。
早い。
ちゃんとした培養土使えば早いじゃん。
b0003143_165328.jpg
さぁー、バイトのシフトが空いてれば入れてもらうか、それとも前売り券買っちまった電車男でも見に行くかなんて考えながら、ギャオというサイトのドキュメンタリーでカンボジア発見。
CMACによるコーケーの地雷除去のドキュメンタリー映像の無料配信。
アキ・ラー(日本人のアキラ先生じゃないよ)が出てきたり、アンコール・ワット前の顔見知りのがきんちょがわらわら出てきたり、なかなか楽しめた。
このサイトの無料動画配信は途中で企業のCMが入るけど、無料で見れます。
trf(古っ)のライブとかも配信してます。
そんなことしてるうちに「まだ予定空いてれば撮影お願いします」と仕事依頼が入ったので撮影に行って来ます。

初めて行く溜池山王。
新橋からバス。
会場で待ってるとみかさんから電話。
「今日、たっちゃん家に行くんだけど、夜どっかで飲まない?」と誘われる。
仕事終わったら連絡することに。
他のカメラマンが、明後日の記者会見が朝8時集合で開始13時という話をしていた。
「土、日、月空いてますかぁ?」
編集さんの声が頭をよぎる。
まだその話は来ていない。
しかし、8時に集めておいて、会見昼まで待たすなんてなんてクソファックなんだろう。
撮影を終え、バスで新橋へ戻る。
みかさんにメールすると、金沢文庫にいるというので、文庫へ。
指定されて店へ行くと、みかさんと、弟のたっちゃん、たっちゃんの大学の留学生、オーストリア人のエドが既に飲んでいた。
たっちゃんとは数度会っている。
みかさんとたっちゃんは、本当に仲のいい姉弟だ。
エドがデジタル一眼レフに興味を示すので、渡すとバシバシ写真を撮っていた。
さらに後から後輩のノリオも合流。
5人で飲んでいたが閉店と言われたので、道路を挟んだ店へ。
そこは俺の親友が店長をしている店で、文庫周辺の洒落た飲み屋だ。
b0003143_110111.jpg
b0003143_1103151.jpg

友人が陸路でインド行って帰ってきたら、近所に「似たような店が増えてた」と言っている。
久々に店を訪れた。
1年ちょいぶり。
カウンターに座ると、ちょうど厨房から出てきた。
邪魔にならない程度に数言挨拶程度の会話を交わし、酒を頼む。
しばらくして、厨房からハムの詰め合わせを持って来てくれた。
b0003143_1112053.jpg
「サービス」
そう言い、皿を置いていった。
この店、つまり彼の親父さんは、金沢文庫近辺で有名なハム屋を経営している。
なんでもドイツまで行って修行してきたとか。
その店がこのバーをオープンし、今は彼が店長を任されているという訳だ。
1時間ちょい飲んで、終電だから先に帰る事にする。
たっちゃんに明日皆で「戦国自衛隊」でも行こうと誘われたが、明日は撮影2本あるので、帰る事にした。
家に帰って、そのままソファで爆睡。
b0003143_1115695.jpg
本日のみかさん。
[PR]

by ong-bak | 2005-06-11 13:38 | 写真日記


<< 0612:足攣った      青春時代のドラマ >>