エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 28日

0328:香港返還の友

新宿パークハイアットで小泉総理に似た某西洋人の撮影。

あいにくの雨。
地図で見ると新宿駅からパークハイアットまで結構ある。
歩いてパークハイアットへ。
地下を歩いてずいぶん行けたが、方向感覚がつかめないので地上を歩く。
高級ホテルに私服のカメラマンというのはあまりいい光景ではないと思う。
明日の予定があいていることを確認され、急遽明日も撮影。
しかも同じ場所。
荷物預かってくれないかしら?

撮影後歩いて大学へ。
夕方まで、撮影した画像をいじったりして時間を潰す。
昨夜車で来たんだなぁなんて思ってしまう。
近場ならあまり意識しないけど、さすがに東京まで車で来て、寝てまたこの場所にいるのはちょっと不不思議な感じだった。

夜、香港返還の時に知り合った近藤さんと飲む。
b0003143_214070.jpg

俺の始めての海外&飛行機は香港返還だった。
1997年当時、新聞やメディアは、毎日のように香港返還について報道していた。
返還前の香港が見てみたい。
その思いは、いつしか返還後も見てみたいと思い、だったら返還をまたいで行ってしまえ!という結論に達した。
専門学校を10日ほど休んで香港へ飛んだ。
6月26日が安さの限度で、翌日からは10万近くに跳ね上がった。
返還直前の香港は、世界中から集まった観光客でごった返していた。
その香港の有名な安宿ビル、重慶マンションで、近藤さんと知り合った。
近藤さんは、大学の同級生だった香港人のニッキーと香港返還に来ていた。
この時、知り合った人の一部は、今でも連絡を取り合っている。
ちなみに、アフガン戦争の時、拘束されたと「誤報」されたあのカメラマンも、香港で一緒に過ごした。(だから、あの時は仲間うちで心配したけど、デジタル使わなそうだよねーと言っていたら本当に別人だった)
途中からニッキーもやって来て、3人で飲んだ。
安い酒なのに、結構酔っ払った。
どこで別れて、どう移動したのか・・・覚えていない。
気付いたら山手線のホームで山手線に乗っていて、目が覚めたらほび一周して池袋だった。
[PR]

by ong-bak | 2005-03-28 23:15 | 写真日記


<< 0329:自転車でパークハイアット      0327:悪の枢軸 >>