エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 16日

0316:わんこが家にやって来た

少年漫画で「シャブ打ち」と呼ばれるパターンがある。
ある敵を倒すと、次には更なる強敵が現れて、その強敵を倒すと、さらにもっと強い強敵が現れる・・・

エンドー帝国も、本来の「カンボジア撮影日記」からだんだん離れ(まぁ金がなくて行けない俺も悪いのだが)、4月からめでたく(?)フリーターに復帰するわけでありまして、このままだと、

「朝起きた。
今日もバイト。
今日のユキちゃん(犬)。」

で毎日が過ぎる状況に危機感を感じていた。

そんな時、暇な時にネットで「犬あげます」に載っていた、わんこに一目ぼれ。
チワワ×ミニチュアダックスのあいの子発見。
チワワックスって、子犬の写真はブリーダーのHPにやたらあんだけど、成犬の写真はほとんどない。
見つけても、えっ・・・?ていうのが多くて。
成長したらどっちに似るかわからない、黒ひげ危機一髪ばりな犬の中、密かに連絡を取って、会わせて貰う段取りをつけたのが今月頭くらい。
そんな訳で、引越し以来、まったく掃除していなかった部屋を片付けた訳であります。

朝、いつもの8時8分の浦賀行きに乗って、浦賀で折り返しそのまま品川へ。
上野で乗り換える。
上野駅の下の階のホームは「終着駅」の雰囲気が漂っていた。
埼玉に向かって列車は走る。
見慣れない景色。
40分ほどで桶川に到着。
改札近くに飼い主さんが待っていてくれ、近くの公園でご対面。
そのわんこは2003年6月9日生まれの女の子。
ものすごくおとなしい。
もう一匹飼っている犬の足腰が悪くなり、二匹一緒に飼うのが無理になったので里親を探していたとのこと。
キャリーバックまでつけて頂き、申し訳なく思う。
お礼に横須賀名物の海軍カレーをお土産にお渡しした。

電車には乗ったことがないそうで、車もすぐに酔ってしまうとか。
b0003143_2273485.jpg
初めての電車に乗って、大学へ。
PS2など荷物の回収←なんで大学にPS2を置いていたのかも疑問(笑)
うちの大学は、非常にのんびりしているだめ、先生方が犬を見ても「どうしたの、かわいいねぇ」で終わる。
b0003143_229403.jpg
生協の野辺さんに会わすと、大喜び。
でも、緊張してるのか、震えてばかりなので早めに連れて帰ることにする。

家に帰ると、車がない。
これからケージなどの飼育道具一式買わなきゃならんのに。
とりあえず家に入って、ワンコは玄関でキャリーケースのまま待機させ、2階へ行ってばあちゃんに聞くと、おかんが乗って出かけたらしい。
そろそろ帰ってくるそうだが、何時になるかわからない。
部屋にわんこを移し、おかんを待つこと15分。
帰ってきたおかんの顔色を伺う。
だって、犬を飼う事なんて言ってないもん。
先に言うとダメって言われそうなので、連れてきて既成事実を作ってしまおうというもくろみ。
「あのさー、こないだテレビでやってたアザラシの介護ロボット欲しいって言ってたじゃん・・・」
と、恐る恐る切り出し、対面させると「かぁわぁいぃー」と声を上げた。
「おばぁちゃん、どうする?」
顔あわせる。
おかんは「しばらく隠しておいた方がいいんじゃない」と言うが、隠したことによって分が悪くなるのは避けたいので2階に連れて行って紹介した。
最初はあまりいい顔をしなかったものの、なんとか了解を得る。

そのままおかんと車でホームセンターをハシゴ。
ケージ、トイレ、ペットシート、おもちゃ、シャンプーなどなどをまとめて購入。
わんこは車酔いすると聞いていたので、まだ何も飲み食いさせていない。
かわいそうなのでケージを急いで建てて、中に入れてやる。
飯は前の飼い主さんに頂いたえさをあげるがあまり食いつきがよくない。
疲れているみたいなので寝かしてあげた。
心配して、おかんとばあちゃんが部屋に入れ代わり立ち代りでやって来た。
b0003143_22102692.jpg
落ち着きなさいよ、もう。

うちでは昔ドベールマンの「ニッピ」という犬を飼っていたらしい。
俺が生まれる前。
当時、アパートの住人が家賃を払いに来て、番犬の役割を果たして襲ってしまったらしい。
それで危険を感じ、里親を探したところ、自衛隊の弾薬庫の警備犬として白羽の矢が立ったそうな。
別れる時は、皆大泣きしたそうな。
その後ニッピは、警備犬とし、任務を全うし、かなり高齢まで生きたそうな。
だから、ばあちゃんは今まであまり気が乗らなかったようだ。
でも、あまりに小さくておとなしいわんこを見て、腰が悪いのに何度も階段を降りて俺の部屋に来ていた。
こりゃ、絶対俺の留守中、部屋に入り浸るな・・・と思う。
[PR]

by ong-bak | 2005-03-16 22:10 | 写真日記


<< 0317:さくら旋風      0315:数年ぶりの掃除機 >>