2005年 03月 03日

0303:無駄金

明日は3研大掃除だそうです。集合時間「いいとも選手権」の終わった12時58分くらい。早めにやらないと海外逃亡する人もいそうだかららしい。
b0003143_11162639.jpg
エンドーは明日12時からバイトです。
ごめんさい。

オペラシティのの「森山新宿荒木展」へ。
入場料700円。
そもそも俺は、ドキュメンタリー系なので芸術系の写真を見ても何も感じないことの方が多い。
まぁ、人それぞれ感想はあると思うが、正直な感想「内容がない」。
ほとんどのプリントはコンピューター出力(インクジェットのことか?)で白黒写真は青白く色が偏っていたりしている。
最悪な展示。
4メートル近くの高さにまで展示しているので見にくい上、照明が反射して見えない。
映像上映もされ、新宿を撮影するアラーキーとダイドーのドキュメントが流れる。
パンフレットを見ると、映像の次の展示場所に撮影:野村佐紀子と表示されているので、恐らく彼女だと思うのだが、ドキュメント映像の画角に自分が撮影するために入ってくるわ、入ってくわ。
見切れてるんですけど。
ちょろちょろとフレームに入ってきては出て行く。
見ててだんだんイライラするくらいウザイ。
映像もただっ広い部屋で垂れ流ししているだけで椅子もない。
多くの人は壁の端っこに座り込んで見ていた。
まぁ、そんな訳で700円を溝に捨てたような写真展でした。
自転車で行ったからいいけど、これ、新宿から初台まで電車に乗ってたら本当に馬鹿らしいわ。
アラーキーが撮影した新宿の新宿の裸の女性の写真を見て、恐らくアラーキーを知らない普通のおばさんが「うげぇ・・・」と声を上げていた。
そのおばさんの声が、この写真展の全てを物語っているように思えた。
あ、でも俺はアラーキー、好きです。
特に広告写真撮らせたら本当に好きです。
昔の「青春18きっぷ」やANAの九州キャンペーン写真は本当にヤバイ。
それだけで旅に出たくなってしまう。
「旅少女」という写真集とCD-ROM写真集はお気に入りのひとつ。
新宿の映像で、アラーキーはマキナを早打ちガンマンのように自在に操り、ダイドーはGRで景色を切り抜いていた。EOSを使っているのは意外だった。
金を払って見に行くなら、売店で売ってる図録を買った方がいいでしょう。3600円位したけど。
そうすればいつまでも見れるから。
行く前に「つまんないよ」とある人に言われたが、その通りだった。

夜、垂れ流しのテレビに日産のCMが。
犬を散歩している男が停まっている車を覗き込む。
犬は早く行きたいらしく、飼い主である男を引っ張るのだが・・・この男、庵野秀明じゃん!
ちょっと驚き。

明日は大雪だって。
98年の成人の日ばりに積もる予想です。
あの日は、大雪の中に着物で成人式に行ったなぁ。
[PR]

by ong-bak | 2005-03-03 11:16 | 写真日記


<< 0304:また雪      0302:花粉襲来 >>