エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 23日

0123:ボード二日目

朝、気付いたら7時半を過ぎていた。
何故か、頭と足の位置が逆になっていた。

朝食はバイキング。
ささっと済ませ、身の回りをすべて準備して行かねばならない。
18時に東京行きのバスに乗るのだが、これはゲレンデ近くから出発なので、帰り支度をしてゲレンデへ行く。
昨日と変わっていい天気。
ゲレンデ行く途中、JICAの訓練所があった。

昨日と違って今日はすぐに滑れる。
今日は天気が良いのでゴンドラが運行している。
昨日、あんなに混んでいたのは、上の方のリフトやゴンドラが止まっていたからのようだった。
午前中、緩めの初級者コースを滑る。
途中、ビールを飲んでからゲレンデへ戻ると、やはり板のコントロールが上手くいかない。
足の疲れもあるが、少々流される感じ。
懲りずにポケットに入れて持ってきたビールを、ゲレンデで堪能。
b0003143_2491018.jpg
昨日は昼飯がピーク時になったので、昼も引き続き滑る。
リフトを乗り継いで行くと、結構急斜面。
でも、景色はものすごくよい。
b0003143_250655.jpg
地元の子供が、スキーでびゅんびゅん滑って行く。
中級者コースまでは割と余裕で滑れるが、さすがに上級者コースは若干しんどい。ゲレンデの幅が狭く、角度があるので、思うように止まれない。
それでも2時過ぎまで滑って下山。
飯を食って、少々のんびりしてからレンタル用品を返品し、富士急ホテルの風呂を借りに行く。

3階の大広間に荷物を置くように言われたが、大広間に近付くにしたがい、人、人、人。
大広間は東南アジアでも見れないくらい、ものすごいドミトリー状態。
長距離フェリーの一番安い雑魚寝部屋が定員オーバーしている感じ。
タオルを持って風呂へ行くが、ドアを開けた瞬間帰ろうかと思うくらい混んでいる。
ためらいつつも裸になっ風呂場へ。
流しの数が少ししかなく、めっちゃ混んでる。
湯船も混んでる。
好いていた露天風呂へ。
手足をよく伸ばしながらうつらうつらすする。
中の湯船に浸かろう風呂場へ行くが、流し待ちの列。
野郎共が、股間を手ぬぐいで隠して一列にずらっと並んでいた。
中には手ぬぐいを忘れたのか、風呂場の洗面器で隠している人と、真似して並んじゃてる感じの西洋人も並んでいた。
ちょっと写真に収めたい光景だった。
混みすぎなので早く出て、バスを待つ。

ロビーに自分の名前が張り出されているバスの号車を確認し、搭乗。
行きよりは少々少ない人数。
雪が多い景色が闇の中に続く。
うつらうつらして目が覚めるとサービスエリア。
宇都宮餃子を食べるが、どこにでもある餃子と変わらなかった。
コーヒーの自販機で、ドリップの様子を、内部に仕掛けたカメラで生中継し、モニターで表示する機体があった。
b0003143_2525120.jpg
物珍しさに人だかりができるが、コレ、編集した映像を液晶モニターにタイミングよく映してるだけじゃないの!?
あだたらを出発して約4時間で新宿着。
明日からの作品制作に備え、大学へ。
[PR]

by ong-bak | 2005-01-23 23:53 | 写真日記


<< コニカショップ      0122:5年ぶりのスノーボード >>