エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 18日

1218:後輩の結婚式

高校時代の後輩の結婚式撮影。
去年の11月から予約されていた。
そのくらい前からだと助かるよ、本当。

新横浜で式なので新横浜まで早めに行く。
メイクが終わるまで親族控え室で待つ。
ホテルの写真室が混んでいるらしくて、やって来た時は少し時間を押していた。
小柄な娘だったので、手のひらに乗りそうな花嫁だった。

親族紹介を撮影するが、業者のカメラマン二人も入ってるじゃん。
挙式は完全業者任せだったので、入退場だけ撮影する。
業者のおねーちゃんカメラマンは、EOSとMZへ併用してたので、MZのレンズが「ヂっーヂっー」と耳につく。
機材のメーカーそろえましょうよ。時代は超音波モーターですよ。
あと、デジタル化もね。フィルムである理由ないと思う。結婚式写真は。
チャペルで高校の後輩が俺を見て驚いていた。
まさか撮影頼まれていると思っていなかったようだ。

ホテルの協会の牧師(このホテルの牧師はプロテスタント系っぽかった)って、なんかうそ臭いと思う。
牧師は若い牧師で、鼻下に蓄えたヒゲは似合っていなかった。
賛美歌を歌うねーちゃんの声量はすさまじく響きまくっていた。
式も今まで見た中では、けっこうマニュアル通りでやっつけな感じ。
新郎の指に指輪が入らず、新婦は無理矢理押し込めようとして、新婦に「ゆっくり、ゆっくり」と言っていた。

披露宴もオーソドックスで、古めかしいワンピースを着た給仕が次々に飲み物を運ぶ。
式の内容が悪くなかったのに、そういうところが時代の古さを感じた。
いや、でも本当に披露宴はよかったですよ、ハイ。

2次会まで時間があったので横浜西口の漫画喫茶へ。
既に3G以上の撮影をしているので持参したHDにコピーしようとするが、HDは認識するけどカードリーダーを認識しない。
諦めてかわぐちかいじの「ジパング」を読んだ。

時間になったので二次会へ。
ハワイアンダイニングバー。
総勢90名の大所帯。
高校の後輩と同じテーブルに座って撮影をする。
奥のほうの席では、プチ合コンを超えてプチキャバクラ化していた。
なぜか「ヨン様!」と言われ撮影を頼まれる。
最近やたら「ヨン様」言われるけど、どこが似てるか疑問。
新郎はTOKIOのリーダーをちょっとスマートにした感じ。
やんちゃそうだったけど、写真を撮る度に「ありがとうございます」と繰り返す。
好感触です。
[PR]

by ong-bak | 2004-12-18 09:17 | 写真日記


<< 1219:代々木で打ち合わせ      1217:アンジェラ >>