エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 29日

1129:酒井君、重症

二郎に自転車を借りて新宿へ。
西新宿の坂の下は、新宿の高速ビルの根元に取り残された異空間のようだった。
b0003143_23542694.jpg
昼時で、道は食事を求めるOLやサラリーマンでごった返している。
先にリンガーハットへ。
新宿へ行ったら食べる癖になりつつある。
最近分かったのだが、この新宿のリンガーハットは「エクスプレス」という種類で、ファミレスタイプではなく牛丼屋タイプのため、横須賀のリンガーハットとメニューが違うようだ。
ソフマップでDVD-RAMを20枚買って、ヨドバシでインクジェット紙を購入。

研究室戻ってRAMコピー。
やはり1枚50分前後かかってしまう。
酒井君の暴走が、日に日に増す。
椅子の背もたれを跨いで、俺の背後に座ってきたり、近づいて体を触ったり、今日は耳の中に指を突っ込まれた。
その度に「やーめーてー」と言うと、「嬉しいくせに」と言う酒井君。
悲鳴を聞いてヤンさんが「サワラレタ?」とやって来るが、酒井君はとぼけてやりすごす。
卒制の追い込みで酒井君もストレス溜まってるんだろう。
俺のゲームボーイで楽しそうに遊んでた。
b0003143_23553651.jpg
彼は絶対、レースやシューティングゲームやりながら、体も一緒に避ける人だと思う。

夕刻、ビールを持った金沢君が「飲む?あるよ」と声を掛けてくれた。
禁酒してたけどダメだった。
飲んだらもうダメ。
中庭の凍える空気の中、アルコールが体に染み渡る。
A3で出力した写真をファイルに入れ組んでみる。
深夜まで卒業制作の組み写真に添えるキャプションを作成した。
[PR]

by ong-bak | 2004-11-29 22:51 | 写真日記


<< 1130:我慢の限界      1128:カップ天ぷらそばのふ... >>