エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 26日

0726:新しいケータイ

新宿で買い物しまくり。
ちょっと財布に諭吉が大勢いると、金遣いが荒くなる。
デルタ100を20本、プロ400(ブローニー)5本、レキサーのミニSD128M、海外対応携帯充電ケーブル(各社OK)、USB2.0メモリーカードリーダー、DVD-Rディスク10枚・・・。


先日新しいケータイを買った。auのA5406CA。カシオ製の320万画素CCDを搭載したデジカメケータイだ。新宿の帰り、能見台へ受領しに行く。
今まで(今も)SONY教の信者だった俺は、3年前からauのメモリースティックを内臓し音楽再生ができる型を使っていた。
発売されたのがADやってたころだから、軽く4年以上前の機種だ。
しかも、何をトチ狂ったのか、同じ端末を3台持っていた。
1台は普通に買って使用し、もう1台はMGのメモリースティック込みで新規6800円だったから購入し即解約(白のMG対応MSは当時1万くらいした)。もう1台は同級生の中古を2千円で購入。
去年、1台目が壊れたので、同級生から売ってもらったのを機種変。しかし、すぐにこれもぶっ壊れ、年末から今日に至るまで、SONY独特のジョグ「ぐるぐる」が上にしか行かなかったのである。
電池3個あっても、1個の電池で連続通話が5分くらいしかできない。液晶が半分消える。勝手に電源落ちる。メールが消せない。10件くらいしかデータが残らない。壊れた個所はもっとあるはず。
機種変更したくても、13ヶ月にならないと端末料金高くて手が出せなかったので、壊れたのをだましだまし使っていた。
SONYがなかなかWIN対応機種だ出さないし(8月にやっと出る)、どうもドコモの方に力を入れすぎで、最近のauのSONY端末はダサくてしょうがない。
ちょうど5月ごろ、カシオから320万画素ケータイのアナウンスがあったので、この日を待っていたのである。

早速撮影してみたところ、銀塩プリントは「所詮ケータイカメラ」というレベルだが、PCのモニターで見るには十分耐えられる画質。もうちょっと期待してたんだが、それは贅沢か・・・。

最近のケータイは液晶が綺麗だ。文字も小さくても良く見える。ゲームもできる。音も綺麗だ。
ドコモなんて財布がわりだって。でも、ISとかIVとかICとか細かすぎ。ようわからんぞ。

ああ、今日、ソフマップで「スキャナー付きキーボード」なんて代物を見た。
ファンクションキーのさらに上に、紙を読み込む部分が付いていた。
ゲテモノ過ぎ。気になる方は、新宿のソフマップへ行ってみてくださいな。
b0003143_209950.jpg
b0003143_2091849.jpg

[PR]

by ong-bak | 2004-07-26 20:27 | 写真日記


<< 楽しみにしているアナタの顔が見えます      0725:映画をハシゴする >>