エンドー帝国  カンボジア撮影日記

enen.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 16日

1116:卒制進行せズ

朝、9時過ぎに起きる、というかおかんに起こされる。
一応みかさんが9時に起きると言っていたので、和室へ起こしに行くと、目は覚めてた。

天気がいいので居間に敷いた布団の上で二度寝。
直射日光が当たって汗かきまくりながらも、大口開いて寝ていたようだ。
おかんが朝飯を用意してくれたので、食う。
ご飯に納豆、味噌汁と目玉焼き。
久々のまともな朝飯だった。
飯食って三度寝。
うつらうつらしながら風呂に入る。

b0003143_015047.jpg昼も過ぎ、みかさんバイクで杉並へ。
黒いコートにヘルメット姿で、まるでドイツ兵のようだった。
俺もネットをチェックし、数日分の着替えを用意して大学へ。
駅へ向かう途中、小中高の同級生の村松にばったり会った。
途中、道がわからないらしくみかさんから数度電話。
電車の俺が横浜付近で追い抜いていた。
ヨドバシ寄って印画紙を買ってから大学へ。
研究室へ行くと、卒制の追い込みでかなり人が多い。
暗室も既に3人入っていた。

だらだらと焼き始めたら絶妙なタイミングでふるやんから電話。
「飯、いかねぇ?」
ふるやんの飯の誘いのタイミングは、本当に狙っているかのように悪すぎる。
こっちが食った時は食った後に、食う前は既に食べ終わっていることが多い。
今日は、これから本焼きするって時に飯の誘い。
ふるやんは学食がお好きのようで、ほとんど学食。
俺は、逆に学食にはあまり行かない。
去年まで、田中さんという腰の曲がったおじさんが学食を切り盛りしていた。
なんだか学校の近くで定食屋をやっていて、学校が「ヘッドハンティング」したらしい。
去年までは、100円あれば納豆でご飯が食べれるくらい安かった。
あまりにも人がよすぎて、朝、ご飯だけ食べに行くと、味噌汁をサービスしてくれたりして、赤字がかさんでしまったらしく、金を出していた大学によって今年から業者に代わってしまった。
田中さんのカツ丼は皆が本当に大好きだったくらいだ。
そして、今年度になって新しくなった学食には、4年、院生、研究生が申し合わせていないのにいつの間にかボイコット状態。
ほとんどの人間が学食に近づきもしなくなってしまった。
俺も学食よりカップラーメンを食べ、あえて学食に近づかないようにしていた。
理由はまずい、高い、田中さんがいない、カツ丼が食えないだった。料金が1.5倍にも上がって、愛想もなくて味も悪ければ、みんな行かない。
しまいには、学食側が「意見を聞きたい」とまで状態が悪化し、意見交換会のようなことまで行われたが、一般学生の参加はほとんど皆無だったようだ。
それでも後期になって、カツ丼(田中カツ丼とは全く別物)が復活したり、短期間で変わるメニューを導入し、ちっとはマシになったようだ。

今日はその変わるメニューの塩ラーメンを食べた。
味は悪くないけど400円は高い。
b0003143_23501574.jpg

また暗室作業。
よさそうな写真を伸ばそうとすると、水滴が着いていたりして思う様に進行しない。
プルーフ作った意味があまりない。
並べて選ばず、結局いつもどおりよさげな写真を選ぶ。
70本の中から200枚近くセレクトしたが、その中でまともに使えそうなコマは数コマしかなさそう。
坊主の写真がやたら多い。
坊主の写真で作品でも組もうかと思った。
b0003143_001327.jpg

[PR]

by ong-bak | 2004-11-16 18:17 | 写真日記


<< 補完完了のお知らせ      1115:みかさん来訪 >>